池袋界隈−「AUXAMIS 59 (オザミ・サンカントヌフ)」でランチ

皆様、お盆休みはいかがお過ごしでしょうか?

私はこれと言って計画もないので、のんびりと、いつもできないことをやっています。

だから、お休み第一日目は、私の部屋中のカーテンをすべて洗濯機で洗い、レンジフードのフィルターを取ってみて、家中きれいにするぞ!と思ったのですが、もうお休みも後1日になった今、その二つだけで掃除は終わりそうです。(笑)

二日目は、池袋のハンズに替えフィルターを買いに行くことにし、ちょうど、東池袋は、メル友のIさんの勤務地なので、連絡を取って、ランチをご一緒していただきました。
(フィルターをハンズにずっと買いに行かねばと思いながら、最近は暑くて出かける気がしなかったのですが、そこはお盆休み、時間がたっぷりあったので、出かける気になりました。)

−−−ここから普通の調子で−−−
で、Iさんの推薦してくれたお店のうち、立地とわかりやすさで、「「AUXAMIS 59 (オザミ・サンカントヌフ)」という、池袋のサンシャインの59階にあるオザミグループのレストランにしてもらった。
ランチが1500円で満足度が高いとのこと。

最初に結論を書くと、とても良いお店であった、東池袋でお友達とランチをしながら、ゆっくりおしゃべりしたいみたいな時には、とても良いと思う。
「え、池袋にもこういうお店があるの?」みたいなイメージのお店で、サービスの方々も、制服姿も凛々しく、とても感じが良くしかもきびきびしていた。(きっと、夜はサービス料10%のお店が、ランチ時には取らないのだろうという感じ。お店のHPを見たら、あたっていた。)

予約もしないで飛び込みで行ったのだが、窓際の景色の良い席に案内され、窓からの景色は良いし、とても落ち着ける店内であったし、もちろん、料理はすべて美味しかったし、大満足のお店であった。
(ただ、サンシャインシティの一番混むというお盆休みの間だったので、お店が混んで、若干、料理が出るのに手間取った感じはした。)

景色等の画像は明日にして、今日はお料理だけをご紹介。

平日ランチは、3種類あって、千円のラピッドランチだと、1時間以内に食べ終わって席を開けるのがルールとのこと。
1500円以上は時間の制限なし、1500円の他、2800円があったかな?(こちらのページを参照のこと)

で、1500円のランチは、オードブルorスープ、メイン、デザート、飲み物に、パン。
私がチョイスしたのは、オードブルの盛り合わせ。
美味しいドレッシングをかけた新鮮なサラダ菜たっぷりに、スモークサーモン、ハムとフルーツなどのマリネ、小さなシューの中に人参を使ったクリーム、フランスパンにレバーペーストを塗ったものなど、結構ボリュームがあった。
d0063149_12354919.jpg


メインは、魚か、お肉。
お肉は二種類あって、「牛肩ロース肉のロースト、バルサミコとシェリービネガーのビネグレットソース」か、「豚ばら肉の煮込み」
私のチョイスは、牡蠣の画像である「牛肩ロース肉のロースト」であったが、Iさんがとった「豚ばら肉の煮込み」と半分弱交換して食べたけれど、両方とも美味しかった。
豚バラの方も、甘酸っぱく煮込んであり、夏にぴったり。
d0063149_12355077.jpg

その他、メイン料理への付け合わせを「フレンチフライ・じゃがいものピューレ・バターライス・野菜の煮込み」から選ぶ。(二人ともじゃがいものピューレにした。パンもでてくるのだが、小さいし、そんなにしょっちゅうお代わりできないので、じゃがいもかバターライスがちょうど良いかも)

下の画像がデザート、美味しかった。
d0063149_12355011.jpg


Iさんによると、このお店は、最近3か月くらい、メニューが変わらないらしいけれど、たまに食べるとしたら、何ら問題なく、とても美味しい。

1500円くらいのランチのお店に行くと、たいてい、お肉は鶏肉のローストで、魚は何かのポワレで、決まり切っているのだ。
その点、オザミさんは、それ以上の努力をしているというか、ほかのお店よりありきたりでない料理を出すように頑張っているように感じた。

あ、そうそう、1500円のランチと言っても、消費税別の料金。(土日祭日は若干内容が変わって、1800円になるようだ)
[PR]

by mw17mw | 2014-08-16 22:23 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)