計量スプーンを100キンで探す

最近、具だくさん豚汁もどき味噌汁を飲むように心がけていたら、美味しいし、たぶん、体に合っているのか、続いているだけでなく、一日3食のうち、2回か3回飲んでいる。
だいたい、雑穀米に野菜いっぱいのお味噌汁の組み合わせで食事をすると、中々おなかが減らずに間食が減るのが良い。

そういう風に、常日頃、日常的に飲むようになると、毎回同じ手間だし、もっと一段と、具だくさん味噌汁造りを工夫して、簡単に作れるようにしたいと考えるのが、私の癖。(笑)

今回は、いつも一人前のお味噌汁を作るとき、冷蔵庫から野菜を出汁で煮た野菜と出汁を小鍋に分け、大さじの計量スプーンを出して、お味噌の容器から、出しているわけだから、頻繁に使うし、専用の計量スプーンを買ってきて、味噌の容器の中に入れておけば良いのではと思って、100キンで探してみた。

私の持っている計量スプーンは、両端とも計量スプーンがついているタイプで、長さが長すぎて、お味噌汁の容器には収まり切らないので、味噌容器に入る長さの味噌専用の大さじが欲しくなったのだ。

で、色々100キン屋さんを探したのだが、100キンのお店によって、置いてある計量スプーンって様々だし、結構な種類があった。(但し、108円の値段もあり、小さいものばかり)
またまた、100キンのお店が密集している地域は早々ないので、色々比較した上で買うことができなく、「ま、この程度なら役に立ちそう」という感覚で買わざるを得なかったのが、残念。

で、買った物は2種類。
下記画像の一番左側の両端がスプーンになっている金属製の長い計量スプーンは、以前から持っているもの。
d0063149_12353725.jpg

その右横の上段で、「プラスチック製で、大さじ(15㏄)、大さじの1/2、小さじ(5㏄)、小さじ1/2、1/3、1/4の6本セット」で、もう一つは、プラスチック製の白い計量スプーンの下段に写っている「金属製で、大さじ、小さじ、小さじ少々の3本セット」。

この2つは、万が一当初の目的には合わなくても、小さじ1/3とか小さじ1/4、小さじ少々という今まで持っていない種類が揃うので、ま、いいかと買ってしまった。
両方ともリングにセットされていたが、リングにセットされていると、洗う時全部洗わねばならず、外してしまった。
(しかし、どのように手元に置けば、使いやすいかは、研究中)

でも、結論としては、この2つとも、お味噌のための道具としては、役に立たなかった。
というのは、お味噌の容器から取り出して、お味噌を計量するまでは良いのだけれど、そのまま、火の上に乗っているお鍋の上に持って行って、作業をすると、持つところが短いから、熱くて、使いにくいのだ。
ということで、このためにわざわざ買ってきた短めの100キン計量スプーンは使わなくなってしまった。

その他、小さめの味噌漉しがあったので、買ってみたが、結局、一人前の150㏄程度の汁の中で、大さじ1のお味噌を溶かすのに、この小さめの味噌漉しでも大き過ぎるし、計量スプーンにくっついてしまったお味噌上手に取ることができなかったので、これは買わなければ良かったと思っている。(洗いものを増やすだけの道具であった。)

次に、画像上右にある変形の泡立て器も100キンで買ってきてみたが、これも、計量スプーンと一緒に使って、お味噌がうまく取れるかというと、そうでもなく、お味噌には使わなくなったが、他の用途に、役に立っているので、この道具は買って良かったと思っている。

だから、結局、以前から持っている両端両方とも計量スプーンの長い金属製で、大さじ1弱のお味噌を計り、おたまやスプーン・菜ばしでお味噌を汁に落とした後、両方とも汁の中でお味噌を溶かしながら、洗って終わり。(笑)

ま、昨日のおろし金や計量スプーンを色々な100キンで探したので、実際購入したものがどこの100キンのものだったか、全然わからなくなってしまった。(笑)
探したのは、NBK、シルク、キャンドゥ、ダイソーくらいかな?
[PR]

by mw17mw | 2014-08-11 09:13 | 道具 | Comments(2)

Commented by nyarcil at 2014-08-15 01:32 x
サイト主様のこういうこだわりって好きです。
それにしても、おろし器もそうですが、保管場所に困りませんか。
うちは食洗機を使うようになってバターナイフの数が増えて、どこか単独の置き場を作ろうか、でも場所がないや、の状態です。

Commented by marin-ba at 2014-08-16 07:57 x
> nyarcilさん
昨晩、思いもかけずに寝てしまい、お返事が遅くなりました。
確かに、道具を買うと、保管場所の問題が大きいですよね。
大根おろし、増えてしまいましたが、使いそうな3つを残して、あとは処分します。
本当は、「これ!」というものを一つだけ買えれば一番良いのですけれどね。それができなくて残念です。