神保町界隈−久々の「新世界菜館」で豚の角煮そば

皆さまは、この前の連休、いかが、お過ごしでしたでしょうか?
私は、初日の土曜日は、商売仲間の先輩からランチのお誘いがあり、ファミレスで和やかに食事をし、夜は、雨が止んだり降ったりの天気だったけれど、家にいても仕方がないからと、卓球をしに行った。
で、いつも、相手してくださるメンバーは全員雨でお休み、そうしたら、指導者の方が、「だいたい、実力が似たり寄ったりだから」と初めて見る中国人の20代と思われる男の子と、二人で打ち合いをするようにセットしてくれたのだ。
彼は、その卓球教室に来たのがまだ二回目で、日本の卓球環境に慣れていないから、実力が発揮できないだけで、結構うまいと思った。(全面的にうまいというより、ところどころ、上手という感じの実力?)

その若い男の子と、1時間半くらい卓球をしたら、その時はへばってギブアップしなかったけれど、、結構体力的に大変だったみたいで、その晩も良く眠れたし、次の日、気付いたら、お昼寝を4時間くらいしてしまい、殆ど昼寝で一日が終わってしまった。(笑)
そりゃ、そうだよね、初老のおばあさんと、20代の男性が長時間戦うのは無理が大きいと今はわかる。
今後は、若い人にお相手してもらうのは三〇分以内にしようっと。(笑)

日曜日は、別に予定もなく、暇だったので、神保町まで、自転車で行ったら、どのくらい、かかるだろうかと時間を図るために出かけた。
というのは、祭日なら参加できると思ったので、三連休の最終日の祭日、神保町のファミタクの「初級者教室」に申し込んであったのだ。
蔵前橋通りをまっすぐ行って、昌平橋の方に曲がって、淡路町から靖国通りを走るコースをたらたら走ったら25分で着いたし、全然疲れなかった。
そんなに近いのなら、天気が悪くなければ、自転車で行くことに決めた。

そのついでに、神保町で食べたいものを色々考えたら、そのファミタクの教室に、月に1回、数か月通っても良いなと思えた。(笑)

(でも、私が思うには、学生街って、美味しいお店は多くないのだ。どちらかというと、「安くて量が美味しいお店」が受ける土壌なわけ。だから、神保町にも美味しいお店はあるにはあるが、量的にも質的にも、日本橋みたいなオフィス街とは全然違う)

で、日曜日は、その手始めで、懐かしの新世界菜館に行ってみた。(食べログ情報は、こちら)
d0063149_12262317.jpg


私は、今を去ること40年くらい前に、神保町でアルバイトしていて、週に二三度通っていて、お昼は外食だったので、古くからのお店はすごく懐かしい。(というわけで、このお店とは、ランチだけのお付き合いで、夜は行ったことがない)
新世界菜館なんて、40年前でも、「老舗」と謂われていた。

神保町って、明治から戦前くらいの、東京の中華街だったところらしいが、新世界菜館は、戦後にできたお店で、それでも、新しいお店のよう。(この記事を読むと、冷やし中華を日本で初めて作ったことで有名な揚子江菜館は戦前からのお店のよう)

新世界菜館のお店の前で、メニューを見たら、今や、中華風カレーというものと、そのバリエーションで、角煮カレー・排骨カレーとかを名物にしているみたい。
d0063149_12262484.jpg


それらにもちょっと惹かれたが、私にとって、新世界菜館と言ったら、「豚の角煮そば:」でしょうと、豚の角煮そばを取ってみた。
(それにしても、お医者さんに「冷たいものを飲んではダメ」と言われてから、結構それを守ることができるし、夏でも熱いものを平気で食べるようになった。たぶん、今までは、気分で暑い中熱い食べ物を食べたくないと思っていたのだが、実際に食べたら、体の調子に合うのではないだろうか?体が拒否しない感じで、熱いものを食べ続けている)
d0063149_12262411.jpg


ここの豚の角煮は、ちゃんと皮付きの豚肉を煮込んだもので、コラーゲンがたっぷりなのだ。
今では、ラフテーとか、皮付きの豚肉の角煮、食べさせてくれるお店が多くなったかも知れないけれど、私の古くからの行動範囲では、この新世界菜館だけなのだ。

久しぶりに食べる皮付き豚肉の角煮は、コラーゲンや脂身のところはトロリとして、赤身も比較的柔らかく煮えていた。
1100円なのだが、大振りの角煮が4枚も入っていて、豪勢。
ただし、それ以外は、香菜の葉が2、3枚と、細かく切ったネギだけ。
せめて、青みのほうれん草が欲しかった。
汁は甘めの醤油味、中華そばは、細めの固め。
d0063149_12262574.jpg


食べ終わってから、化調を感じないことはなかったけれど、美味しかった、満足。

新世界菜館は、えらい、年中無休で、土日祭日も営業していて、土日祭日も、消費税を内税にするランチサービスを提供してくれるから。

また、何かを食べに行くことにしたい。
[PR]

by mw17mw | 2014-07-24 09:05 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented by 大外郎 at 2014-07-24 11:41 x
カレー食べることのできるお店が多いことで知られる神保町ですが
http://kanda-curry.com/?page_id=34
ここもこんなにメニュー増やしていたんですね。
今度試したいと思います。

神保町はラーメン屋さんも多いので、最近はそっちばかりでした。
またカレーも食べ歩かないとなあ。

Commented by marin-ba at 2014-07-24 12:09 x
> 大外郎さん

大外郎さんのメールで、「そうだ、神保町は、町おこしで、カレーグランプリを行っていたのだ」ということを思い出しました。
昨年確かその時に神保町をうろちょろして、ブログの記事に書いたのに、すっかり忘れておりました。
あ、そうなのですね、だから、新世界菜館もカレーメニューを開発したのですね、納得!