元浅草界隈−「天三」で夏の天丼

先週の日曜日、従兄の息子さんの結婚お披露目会。
(この話はとても素敵で早く発表したいのだが、画像をまとめたりする手間があるので、明日以降)

その前の土曜日に、合羽橋で記念になるものを探したいと雨の中、自転車で出かけたのだ。
その帰り、多慶屋の方に回って、ベジキッチンに行こうと計画を立てたのに、買い物を終わって自転車で走っていたら、エネルギー切れを起こしたみたいで、その手前、偶然目に入った、「天三」に入ってしまった。(笑)
d0063149_09100604.jpg


このお店は、なんでも、60年以上前、先代がこの地に開いたお店とのことだが、本当に裏路地の目立たないところにあり、私がその存在を知ったのは、ここ十年くらい。
桃猫さんのブログでも紹介されていて、一度は入ってみたいと思っていたのだ。

何だか、天ぷら定食は少なくて、天丼・天重メインで、その他にうなぎもやっているという品揃えのよう。

色々迷って頼んだのは、夏の天丼。
夏野菜の他、海老2尾にキス・穴子で1100円とのこと。
d0063149_09103879.jpg


食べてみて、揚げ方とか味付けとか、いかにも色が濃いのにそんなにくどくない江戸前の天丼と思えた。
その技術は高いのだが、値段が値段だからか、魚がそんなに良くないのだ。
海老は海老らしい味がしたけれど、キスとか穴子は、そんな特徴を余り感じなかった。
夏野菜は、インゲンとかぼちゃであったが、インゲンの精進揚げがとてもとても美味しかった。

それにごはんもお味噌汁もごく普通。
桃猫さんは天丼の記事が多く、最近読んだ「中坂上の天庄」の天丼の話を読んでも、今、お魚も新鮮で美味しくという天丼を食べたかったら、千円そこそこでは無理で、二千円出さないと無理かも。

このお店も、天ぷらの技術なぞは良いと思うので、魚の味・新鮮さを追求ではなく、リーズナブルに江戸前ぽい天丼を食べに行きたいときに良いと思う。(お魚は、とても大きかった記憶がある、きっと、飛びっきりの新鮮さより大きさを優先しているのだと思う。)
[PR]

by mw17mw | 2014-07-11 09:21 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented by 桃猫 at 2014-07-12 10:20 x
こんにちは。天ぷらは、店と場所によって、ずいぶんと値段が違ってたり、味すら、まちまちという疑問に応えるべく、いろいろ食べてます。ようは、食べる本人と揚げてくれる職人さんの好みが一致するといいのでしょうけど。専門店は、ごくわずかなので、あとは、雰囲気とか、季節のものをそのつど愉しむのでイイと思います。浅草界隈は、天ぷら屋が多く、密集してますからね、好きな分野をみつければ、これ幸いですね。

Commented by marin-ba at 2014-07-13 08:59 x
> 桃猫さん
本当に全てが完璧な天ぷら・天丼を要求したら、いくらになるか、わかったものではないですね。
昨日、春日通りの方の天庄の前を通ったら、「天丼1950円、上天丼3000円」と書いてありました、こういう盛り場にある天ぷら屋さんは、上中下と分けることができますよね。

私としては、どの飲食店もきっと一生懸命やっていることだし、最高ではなくてもよいところを見つけて、紹介できたらと思います。

そうそう、桃猫さんのコメントを拝読してから、天三について考えてみれば、ネタは新鮮ではなかったけれど、大きさは立派だったことを思い出しました、ブログ、直しておきます。