浅草橋北側界隈−「丸山吉平」で「ロースかつ定食」でレアの美味しさを味わう

最近、日曜日のお昼ころ、雨が降っていることが多くて、困っている。
というのは、我が家の方、飲食店はほとんど、日曜日はお休みだし、自転車は使えないはで、お昼の外食に困ってしまう。
(ブログねたがなくなってしまう)

で、先週の日曜日、ここしかないかなと思って、丸山吉平さんに食べに行った。
このお店、土日祭日のお昼は営業しているものの、月−金の平日のランチに比べて、200円高い。
でも、まずいものは食べたくなかったので、妥協。(笑)

12時半頃行って、自販機を見たら、いつも食べるランチのかつのランプが消えていた。
そうか、いつも、平日に、(カレーを除いて)900円のランチサービスを食べたことしかないことに気づく。
だったら、と言っても、その次に高い1200円のロースかつ定食にしてみた。(これだって、平日食べれば1000円だから、注文しようと思えばできるのに、何で、食べたことなかったのだろう?たぶん、私はケチ。<笑>)

そして、ちょうどカウンターの席が一つ空いていて、すぐ吸われた。
周囲を見るとはなしに、他の皆様は、結構高いかつを食べているのがわかる。
せっかくのんびりできる、味のわかる日曜日のお昼だものね、高いかつをゆっくり味わうというのも良いかも。

私の頼んだロースかつの画像。
d0063149_23382079.jpg


向かって左側の幅の広い法は、完全に加熱されていた。(と思ったが、完全加熱より若干レアっぽい揚げ上がりかも)
d0063149_23383703.jpg


向かって右側の幅が狭くなっている方が、左側の幅広の部分に比べて厚みがあるのだろうか?
こちらは、本当にレアだったけれど、とっても美味しかった!
もちろん、こちらは、無菌豚を使っているから、自信をもってレアを出すのだろう、でも、豚肉のレアはとても美味しかった。
d0063149_23384714.jpg


私は、幼い時から、「豚肉は生では食べてはいけません」とあまり言われないで育ったので、無菌豚でなくても、少しくらい火が通っていなくても、食べてしまうタイプ。
(ただ、丸山吉平さんでは、「レアがだめな方は申し出てください」みたいな貼り紙があるので、申し出れば、完全に火を入れたとんかつを供してくれる)

甥たちが幼いころ、豚肉が赤いと絶対食べなかったけれど、これは、甥家で、口うるさく「火が通っていない豚肉は食べてはいけない」と言い聞かされていたみたいだった。
(どういうときにそう思ったかというと、一緒に豚しゃぶを食べたとき)

私は「大丈夫よ~」と思いながら、「絶対に大丈夫」とは言い切れないし、食べ物はやはり原則「自己責任」だから、無理強いはしなかった。(そのうち、大きくなって、いろいろな経験が積み重なって、その美味しさがわかって、応用がきくようになったら、自ら、レア肉を食べるようになると思う。)

話は丸山吉平さんに戻るけれど、平日に食べる900円のランチのカツでも、相当な厚みがあるけれど、それでも薄いのかも知れない。
その上のかつを注文しないと、レアの美味しさは味わえないのかな?

それにしても、藤芳のとんかつも、丸山吉平のとんかつも、異なる味わいで美味しい。
何だか、太りたくないのに、しょっちゅう、とんかつを食べることになってしまうかも、気をつけねば。(笑)
[PR]

by mw17mw | 2014-06-30 11:32 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)