白山上界隈−「兆徳」の玉子チャーハンと餃子

私は、100円寿司のはま寿司がある関係で、本当に良く白山上に行く。
めぐりんでいく場合は、千駄木で降りて、団子坂を上り、自転車で行く場合は、東大の中を抜けて本郷通りから行くことが多い。
そうなると、本郷通りと団子坂からの道の交差点にある「兆徳」という街場の中華料理屋が目に入るようになった。
d0063149_22062217.jpg


時々、行列はできているし、近寄って、お店の前に貼られている雑誌の記事を見ると「古今亭志ん朝さんが愛したお店」と書いてあった。
なんとなくなのだけれど、古今亭志ん朝が通っていたお店というのは、何だか信じられる気がする。

それで、ある土曜日の午後2時頃行ってみたのだ。
行列こそできていなかったけれど、お店の中は満杯で、10分くらい表で待たされた。
中に入ると、細長いL字がのお店で、カウンター8席、4人用のテーブル3つのこじんまりしたお店。
カウンターの中には、調理担当の男性が3人、フロアにサービスの女性一人であった。
d0063149_22065870.jpg


食べログ情報、それから、お店の前に貼られた昔の雑誌の記事を見ると、チャーハンと餃子のセットが食べたくなって、良く探したら、メニュー表右ページにセットメニューを発見。
d0063149_22064287.jpg


私は気が短いので、チャーハン・餃子のセットメニュー一番上の「玉子チャーハンと餃子」と生ビールの中ジョッキを頼んでみた。
(しっかし、後から良く見ると、その他に、ただの「チャーハン」というものもあったのだ。
ま、いい、また、来て、今度はチャーハンを食べればよいのだから。メニューを良く見たら、「玉子チャーハンは塩味で、炒飯はしょうゆ味」と書いてあった。)

で最初に出てきたのが、当然、生ビール。
その次に、そのビールについてくるのか、おつまみのザーサイを細く切って、ごま油で和えた小皿。
このおつまみが出てきて良かった。
本当なら、こういう注文をしたら、餃子から出てくると「気が利いているお店」なのだが、残念ながら、まずは、玉子チャーハンから出てきて、最後、餃子であった。
ま、混んでいるお店だから、多くは望まない方が良さそう。

<玉子チャーハン>
で、玉子チャーハンを食べたのだが、とてもとても美味しい。
食べログに「炒飯のお手本」と書いてあったけれど、本当にそんな感じ。
d0063149_22072773.jpg


具は、食べログによると、玉子とネギとのことだけれど、私は玉子しか感じなかった。
それなのに、全く飽きない味。
たぶん、使っている油がピーナッツ油か何かで、油と玉子のおいいしさで食べさせる炒飯。
塩加減もちょうど良かった。

食べログ情報だと、醤油味の炒飯の方には、叉焼が入っているらしい。

<餃子>
焼きたての熱々の餃子が到着。
d0063149_22074940.jpg


見た感じ、焼き方も上手だし、皮はもちろん自家製ではなく、どこかの製麺所の皮なのだろうけれど、とても良い感じ。
同じ機械製の皮とは言えど、一般家庭向けに作られている物と全然違うのだ、しっかりしている。
このお店の皮は、ずばり私の好みで、思わず、お店を出た後、どこかに、製粉所の名前のわかる容器が置いていないかなと探してしまった。(笑)
d0063149_22080985.jpg


具材は、良くわからないけれど、野菜多めでこの点も私の好みなのだけれど、たぶん、餡の味付けがしょっぱいのだろう、普通に、醤油&お酢&ラー油を入れたお皿にちょっとつけて食べたら、すごくしょっぱくなってしまった。
ここの餃子は、お醤油不要みたい。
でも、その3種類を混ぜた小皿いっぱいの餃子用のたれができてしまったので、少しつけて食べ続けた。
私は、餃子にお醤油という組み合わせが好きだから、このお店には、餃子の餡の塩を控え気味にしてくれればと思うのだけれど、きっと無理だろう。
餡の材料も、皮も気に入ったので、だからと言ってもう取らないということはなく、今後も、取り続けて、工夫して食べると思う。

ということで、玉子炒飯は、とてもおすすめ。
餃子は、食べ方を工夫すれば、とてもおすすめ。

また、食べに行って、今度は、普通のチャーハンを食べてみたい。

そうそう、食べ終わってお店を出て、自転車を少し走らせていた時に、舌に化学調味料を若干感じた。
しかし、そんなに多いとか不愉快と感じる量ではなかったし、食べている最中、あれだけ美味しい味を出してくれたのだから、我慢。(笑)

何だか、白山上という場所に「食べ物的に愛着」を感じるようになってきた。
100円寿司のはま寿司・たこ焼きの「たこ竜」の他、こんな街場の炒飯の名店があるのだから。

と言っても、私ほど食いしん坊で暇でない人が多いだろうから、わざわざ、他に何も見るべきものもない白山上に行くことはないかも知れない。
その場合、私から見ると、団子坂下の不忍池通り界隈の千駄木は、観光地であり、白山上や本郷通りは完全にその地域の住民のための街なのだ。

だから、観光地で観光客向けのお店で食事するのも良いけれど、千駄木あたりにから入って谷根千を観光しようとする場合、通常のルートに飽きたのなら、まずは、白山上に集合して、兆徳で炒飯を食べた後、テクテク、千駄木の方に降りて千駄木より谷中界隈を観光するのがおすすめコース。(その道沿い、森鴎外記念館もあるし)
[PR]

by mw17mw | 2014-06-15 09:09 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)