小田原界隈−「菜こんたん」の玉麩のお吸い物

菜こんたんの食べログのレビューの「小田原丼も美味しかったけど、玉麩がプルンプルンで美味!」で、「玉麩」に興味を持ったのだ。
そして、実際に食べてみたら、レビューに書いてあった通り、玉麩というものが普通の乾燥麩より相当美味しく感じられた。
(なぜか、お吸い物に玉麩が入っているのは、鰺のサクサク丼だけであり、他の2種類の小田原どんには入らないみたい。それだけで、鰺が苦手でない限り、鰺のサクサク丼を注文して、玉麩を味わってほしい)

運ばれてきた玉麩は、お椀からはみ出さんばかりに、風船のようにぷくっと膨らんでいた。
d0063149_21475916.jpg


お店の人が、「少しすると萎みますから、萎んだら、お召し上がりください」という。
小田原どんを食べながら、横目でお吸い物を観察していたら、確かにどんどん小さくなっていった。
それをお箸でちぎりながら、お吸い物と一緒に食べると、美味しい。
お麩の割にはもっちりしていて、乾燥のお麩と生麩の中間くらいの食感なのかな?

私は食感も味も気に入ったのだが、どうせ、萬藤さんで売っているだろうと思って、お店の人からの情報は取らなかったのだ。
そうしたら、残念、萬藤さんでお麩が並んでいるコーナーを探したけれど、「玉麩」という商品はあったけれど、まるで別物であった。
萬藤さんのお姉さんに聞いたら、「玉麩という名前は、お麩の製造者が、丸い玉状のお麩につけることが多い商品名であり、お麩の種類の名前ではない」とのこと。
「小田原で食べた玉麩が美味しかった」というと、「その玉麩は、それを作っているメーカーが丸いから玉麩って名付けただけでしょう」とのこと、残念。

そうなると、小田原にも聞きに行けず、情報が何もなくなってしまうので、一生懸命、食べログの全コメントを読んで、情報を探してみたら、そのお麩が「愛知県」とか「岡崎」のものとわかった。
その他、自分で撮った写真を改めて見たら、メニュー表の中に、お吸い物に浮かべる前のお麩が、小田原どんの左側に写っている写真を発見。
これを見ても、きっと乾燥麩だと思うのだけれど...。
d0063149_21473664.jpg


そして、この画像を見る限り、萬藤さんにあったお麩の中では形状的には、新発田麩が一番似ているかも。
新発田麩を買って、試してみようか、迷うところ。
(萬藤のお姉さんの話では、お麩というのは一種類しかなくて、色々な製法があるわけではなさそうな感じであった。)

ここまでわかって、再度、ネットで「通販状況」と「岡崎 麩」で検索したら、インターネットで通販されていないこと、また、麩屋藤商店さん(ふやとう)というお店が出てきて、そこに「たま麩」という写真を発見。
きっと、これに違いない!

ということで、電話して聞いてみたら、関東には出荷していないから、関東で手に入れようとしたら、麩屋藤さんから送ってもらうしかないとのこと。
何でも、「たま麩」は一袋8個入りで、10~18個単位なら、宅急便で送ってくれるとのこと。
(量を聞いたら、もう無理と思って、価格は聞かなかった。)
お友達と誘い合わせたらできるのではと言われたけれど、やはり、小田原の菜こんたんで一度はこのお麩を食べて気に入った経験がないと、買う気がしないだろうから、きっと無理。
(結構、菜こんたんで食べて気に入った人から、「手に入れたいのですが?」という問い合わせの電話があるとのこと)
この2010年のブログを読むと、小田原の菜こんたんさんでは、たま麩を分けてくれていたみたい。
今ではきっと小売りしてくれないのだろうな、お麩屋さんに電話がかかってくるのだもの。

他、調べたら、岩船麩(おまんじゅう麩)というのも似ている感じ。
でも、同じものではないだろうし...。

わ、せっかく、美味しいものに巡り合ったのに、残念。

岡崎の麩屋藤商店のページ

4代目もがんばっています!麩屋藤商店
これを読むと、国産の材料にこだわり、昔ながらの製法にこだわりのお麩屋さんということがわかる。
[PR]

by mw17mw | 2014-06-12 07:24 | 飲食店・菓子店 | Comments(7)

Commented by tara at 2014-06-12 08:47 x
記事読ませて頂きました。
一回大磯の記事をアップされたものの、途中で切れていて、その後削除、再構成されたのですね~
美味しいものからの紹介、さすがです。
特に美味しいものの追求が素晴らしい!
菜こんたん、とりあえず及第点を頂いたようでほっとしました。
さて、お麩ですが、10袋頼んで、そのうち5袋私が引き受けましょうか?うちはお麩が好きなので大丈夫ですよ~

Commented by まr at 2014-06-12 21:07 x
こんばんわ。

新発田麩と岩船麩はどちらも購入して食べてみたことがあります。
新幹線で北陸方面へ行くと,長岡駅の売店でこの2種類以外にも大小の車麩とか白玉麩とか新潟県内の色んな麩を集めてあります。つい面白くて,かさばる割に軽いので買ってしまいました。
どちらもツルっとした表面で中はそれなりに歯応えはあり真したが,フワっとスポンジ風で生麩のようなモッチリタイプではなかったような。
ではでは。

Commented by marin-ba at 2014-06-12 21:20 x
> まrさん
> どちらもツルっとした表面で中はそれなりに歯応えはあり真したが,フワっとスポンジ風で生麩のようなモッチリタイプではなかったような。

それはそれは、貴重な経験談有難うございました。
では、その二つ買いません。(笑)
実は、近々、この「たま麩」を取り寄せる話がまとまりました。
ですので、今度こそ、我が家の方にいらしてくだされば、このたま麩、お分けすることができると思います。
これって、今までの麩の食感と違って、美味しいですよ、お楽しみに~。

Commented by くるりん at 2014-12-24 09:12 x
通りすがりに失礼します。
私は玉麩を道の駅幸田で買いましたよ。
http://www.fudegaki-sato.com/
お取り寄せできると良いですね

Commented by marin-ba at 2014-12-25 19:36 x
> くるりんさん
はじめまして&情報ありがとうございます。
その道の駅では、1袋単位で買えるのでしょうね、行きたいです。
でも、遠すぎます。
で、製造元に連絡したら、十個以上なら送ってくれるとのことで、送ってもらいました。
人にあげたり、自分で食べたりで、楽しんでいます。

Commented by りえ at 2016-02-14 22:16 x
はじめまして、通りすがりですが…

ふやとうのもちもちやき麩ですが、もし遠くなければ、圏央道菖蒲PAに売ってますよ。

Commented by marin-ba at 2016-02-15 21:24 x
> りえさん
はじめまして&かき込み有難うございます。
ふやとうって、やはり、地元では相当有名なお店なのですね。
私は免許も自動車も持っていないので、いけません、とても残念。