蔵前界隈−「デイリーズ マフィン 東京」のデザートマフィン美味しい~!1/2

ブログのコメントで背中を押され、浅草線蔵前駅近くにあるはずの「デイリーズ マフィン 東京」を探したのだ。(お店のHPはこちら、東京店のブログはこちら)
何でも、本店は仙台で、蔵前のお店は、東京支店とのこと。

私の悪い癖で、食べログの地図ウロ覚えでお店を探したのだが、今回も、初回は、見事見つからなかった。
食べログに、最近できたコーヒー屋の隣と書いてあったこととだいたいの位置だけを覚え、きっと、何といっても江戸通りに面しているだろうと思って探したら、見つからなかったのだ...。(涙)

家に戻って、しっかり地図を見たら、江戸通りから路地に入ったところにある浅草線の改札口の並びではないか!
これではわからない筈、では、今度こそ!と思って出かけた。
江戸通りの隅田川側にできた「スクエア カフェ」というお店のところの角を曲がったら、地下鉄の出入り口の隣に、そのマフィン屋さんはあったのに、何と、金曜日の午後三時前で、「ソルドアウトで閉店」状態だったのだ。
d0063149_18022109.jpg


仕方がないので、その隣に、小洒落た珈琲豆を焙煎するお店があったので、ちょっと寄ってみて、帰ってきた、ショボショボ。(その珈琲豆屋さんの話はまた別に)

そして、その次の土曜日、お昼頃行ったら、マフィンはたくさん残っていて、選り取り見取り状態、ラッキー!
d0063149_18040098.jpg


皆、美味しそうだったけれど、私は、ジューシーなほうが好きだから、アプリコット、それから、ま、チョコレート系かなと思ってその二つを買って帰って来た。(一つ320円)
d0063149_18024882.jpg


両方とも美味しかったけれど、好みはやはりアプリコットかな?

私は、パサパサな小麦粉系の焼いたものって、プレゼントされれば食べるけれど、自分から積極的に買わないのだ。(スコーンとマフィンだけではなく、例えば、バームクーヘンとかカステラも)

だから、今まで、スコーンとか、マフィンとか、まったく興味がないというか、近寄らなかったのだ。

というところで、「あ、マフィンって、スコーンではないのだ!」と、わかっている人が聞いたら、「バカではないか」と思うようなことが頭に浮かんだり、「マフィンといえば、PASCOのイングリッシュマフィンなら知っているけれど、デイリーズマフィン東京のマフィンは全然違う」ということで、調べてみた。(ま、最近の今風の若者からしたら、何を今さらという知識だろうけれど)

「スコーンとマフィンの違い」で検索したら、このページが出てきて、スコーンは、主に、薄力粉とベーキングパウダーで作るもの。(私の印象では表面がゴツゴツ固め?)
また、マフィンにも、二種類あって、イングリッシュマフィンとアメリカンマフィンがあるらしい。
イングリッシュマフィンは、イーストと強力粉で、パン生地を発酵させて作るものとのこと、PASCOというパン屋さんやマックの朝食のイングリッシュマフィンと思うとすんなり理解できる。
そうすると、今回買ったマフィンは、イングリッシュマフィンとは似ても似つかないものだから、こちらは、「アメリカン マフィン」で、「薄力粉」に「ベーキングパウダー」で作ったお菓子的なものということになるみたい。

ふ~ん、全然知らなかった、アメリカン・マフィン。

でも、ここのデザートマフィンは「大振りのお菓子」として、とても美味しかった。
推薦してくださった方、ありがとうございました。

その他、次に食べた「おかずマフィン」の話は明日に。
[PR]

by mw17mw | 2014-06-07 08:04 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)