上野桜木界隈−「レオニダス」で一服

先週の土曜日、メル友さんから、「芸大にいるので」という電話をもらい、取るものも取りあえず出かけたら、やはり、デジカメを忘れてしまった。

で、写真は少ないのだけれど、ご報告。

芸大のアートプラザのテラスで待ち合わせした後、では、どこかでお茶でもということになったのだ。
もちろん、ブログの種になる新しいお店に行ってくれるとのこと。

それで思いついたのが、先日テレビで知った、言問い通りと谷中霊園に向かう道がぶつかるところに、カヤバ珈琲があって、道を挟んだ隣に「吉田酒店」があって、その隣にできたのが、「レオニダス 谷中上野桜木店」というベルギーチョコのお店。
確か、お茶もできるとのことで、行ってみたら、同じベルギー系の色使いの店舗で、浅草のベルノートと色調は似ているのだけれど、ベルノートの方が色がビビッドで明るく、レオニダスの方が同じ水色でも、グレーっぽいというのか、暗い水色なので、全体がシックで素敵でオシャレな感じ。(レオニダスの方がフランスっぽい?)
たぶん、日本のペンキの色は、ベルギーのペンキと違うから、色々異なってしまうのかも。

お店に入ると、入ってすぐに、にたくさんのチョコレートが並んでいる冷蔵ケースがあり、その横がイートインできるスペースなのだが、二人用テーブルとソファだったかが3組だけ。
とても狭くて、小さなコーナーだが、荷物を入れておくかごも用意されていて、こぎれいで素敵。

忘れてしまったが、確か、お水などは、セルフサービスだったかも。
でも、注文は取りに来てくれたので、お勧めのチョコレートを聞いて、二人でそれぞれ違うチョコを一つと、アイスコーヒーを頼む。
下記画像の、上側のは私が頼んだオレンジピールのチョコ、下側はメル友さんのこのお店で一番ビターなチョコ。
d0063149_17564487.jpg

ごく普通においしかった。
で、帰りにメル友さんは、ご家族向けにオレンジピールチョコの箱入りを買い求めたけれど、お嬢さんたちにも好評だったとか。(もちろん、保冷剤を入れてくれる)
(どこでもそうなのかも知れないけれど、レオニダスのチョコレートは、毎日、ベルギーから空輸されているそうだ。)

このお店は、狭いけれど、新しいし、色的に雰囲気もおしゃれ且つ落ち着いているので、おすすめ。
カヤバコーヒーには行列ができていたけれど、行列に並ぶのが面倒なら、ここは推薦できる。

ところで、ベルギーのチョコレートなのだけれど、私はどこのメーカーのものが評判が良いとか、高いとか、王室御用達だとかという蘊蓄などを良く知らない。

私の知っているベルギーのチョコレートは、、私の妹がアメリカに遊びに行った時のお土産が常にゴディバのチョコレートなので、ベルギーチョコ=アメリカから買ってくるゴディバのイメージ。(なんだか、ゴディバは日本で買うよりアメリカで買ったほうが相当安いらしい)
だから、ゴディバだけは良く食べているが、自分で買ったことがないので、値段もわからない。(妹は今在北京だが、日本に帰ってくるとき、アメリカ経由で帰ってくることが多く、最近の中国からの帰国みやげは、ゴディバであることが多い)

ということで、ネットで調べたら、やはり、ベルギーのチョコレートの歴史とメーカーのランキングが書いてあるページがあった。

それによると、ベルギーのブリュッセルには81店のチョコレート屋さんがあるらしい。
その値段のランキングによると、「レオニダス」というのは、そういう名前の通ったチョコレート屋さんの中では、安い方らしい。
高くてたまにしか買う気が起きないチョコレート屋さんも、気軽に買える庶民派のチョコレート屋さんも、東京都内に揃うことはとても良いと思う。(一つ食べただけでは、ゴディバに比べて、どうのこうのという感想は全然思いつかなかった。)

確かに、アイスコーヒーにチョコ一個で、とても庶民的な価格で良い感じ。
(そういえば、日暮里駅北口に近いところに「ショコラティエ イナムラショウゾウ」があって、とても評判が良い。
でも、いつ行っても混んでいるし、ここはケーキなぞも食べられるし、高い。
もしかして、ショコラティエ イナムラショウゾウの成功もあって、ここにチョコレートのお店ができたのかも。
しかし、私は並ぶのも嫌や、一人でお茶するのに高いのも嫌やでまだ入ったことがない。)

そういえば、「チョコレートといえば、ベルギー」というイメージがあるが、これは、ベルギーがコンゴを植民地にしていたからと先ほど紹介したページに書いてあった。
コンゴもカカオ豆が取れることで有名だが、ガーナも「ガーナチョコ」と言われるくらいでカカオ豆の産地として有名、ガーナはどこの植民地だった?と調べると、「大英帝国」らしい。
どうして、イギリスは、ガーナという植民地を持ちながら、ベルギーのようにチョコレートに走らなかったのだろう?
もうすでに、インドで取れる紅茶葉が人気を得ていたからだろうか?
[PR]

by mw17mw | 2014-06-05 11:52 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)