東大本郷キャンパスフラフラ

書きたいことはたくさんあるのだけれど、今日は月初で忙しく落ち着かないので、簡単にまとめられる話題から。

昨日、白山に行きたく、不忍池から東大の池之端門に自転車で行った。

その時に、「そうだ、竜岡門の方に、湯島のくろぎが和菓子カフェを開いたのだっけ」と思い出し、その日は入る気はなかったけれど、場所だけは抑えておこうと、竜岡門に向かったのだ。

が、しかし、竜岡門の周辺にカフェなぞないみたいで、ローソンしか目に入って来なかった。
仕方がないので、竜岡門の守衛の方に、「最近、この辺に、和菓子のカフェできたと聞いたのですが」と聞いたら、行き方を教えてくれたのだが、なんだか、メインストリートを外れて、路地沿いを奥に奥に行ったところにあるみたいだった。

で、教えていただいたとおりに、竜岡門近くを左折して、進んだら、なんだか、素敵なお庭と和風のお家が見えてきた。
守衛さんは、その庭に着く前に路地があるから、そこを左に入れば、その和菓子カフェがあると教えてくれたのだが、あまりにきれいな緑だったので、その庭付きの和風のお家の方に進んでみた。
が、何の施設かを示すものはなく、ただただ、素敵なお庭が広がっていた。
d0063149_17451897.jpg


自慢ではないが、小学校の時しょっちゅう、その後ずっと間が空いて、この20年くらい、東大の中は良くウロチョロしているが、自然と言えば、三四郎池しか知らなくて、こんな奥まったところにある「木造建築とお庭があること」を全く知らなかったので、びっくり。
それは、まるで、(筋は忘れてしまったが)「秘密の花園」を見つけた気分。(笑)
東大の中に、こんなきれいなお庭があるなんて。(三四郎池は、掃除されていないし、手入れが悪くてあまりきれいではないのだ)
全然メインストリートからはその存在が見えないで、隠れているのだ。

一旦、竜岡門に戻って、先ほどの守衛さんに聞いたら、「前田侯爵が住んでおられた住居跡で、今は東大の迎賓館に使われている」とのこと。
(言われてみれば、明治以降の古地図を見ると、本富士警察署あたりは、前田侯爵邸があったところだと記憶している)
(後で、家に帰って調べたら、前田侯爵は、大正15年まで、この本郷に住まわれていたらしい。そして、ここにあった前田侯爵が住まわれたお家は東京大空襲で燃やされ、戦後建て直されたものらしい)
一般公開はしていないとのことだけれど、年に何回か、一般公開されるときがあるらしい。
その時を狙って、今度、中に入ってみたい。

で、竜岡門のところにある東大の中の地図を見ると、その懐徳館と呼ばれる元前田侯爵邸が載っているものと載っていないものがあるみたいだ。
d0063149_17445002.jpg


それを確認してから、改めて、厨菓子くろぎに向かったら、懐徳館の手前の路地を左に入ったら、遠くにそれらしきお店が見えて、すぐにわかった。

くろぎさんが入っているビルは、Daiwaユビキタス学術研究館という新しい大和ハウス工業が寄贈したビルで、なんだか、とてもデザインの発想が新しく、ビル全体を細長い木の板がたくさんぶら下がっていて、うろこみたいとも言うしかないのかも知れないが、それもピカピカの新品だし、中々素敵だった。(狭い路地からだと写真がうまく撮れなかったので、このページをご覧ください)

1Fの奥の方がガラス張りのお店で、その手前がテラスのようになっていて、皆、外の席でお茶を飲んでいた。
また、ガラス張りの向こうは、白い上っ張りにネクタイ姿の職人さんたちが和菓子を作っているところが見えるし、その横が売店になっているみたい。
また、その一番右は、イートインコーナーがあるみたいで、その中の席からは、懐徳館のお庭が借景になっていそう。
(下の画像が私が撮ったお店の写真だけれど、本物は、こんなものではなく、とても素敵!)
d0063149_17443197.jpg

食べログ情報で値段だけ見ると、「何て、法外に高いお店!」と思ったけれど、実際、その近くに行ってみると、その新しいビルの素敵さも感じられて、確かにお茶で2千円はちょっと考えてしまうけれど、これだけ、素敵だったら、許せると思う。
何て言うのか、「ここにしかない贅沢な空間、静かで上質な時間を提供」という感じ?

ただ、土日祭日はいいけれど、普段の日は、ここまで、お茶を飲みに来る人がいるのか、心配。
でも、ま、東大病院からすぐだから、ま、全然人が来ないわけではないと思うけれど、どうなのだろう?

私は、ちらっと食べログの地図を見て、「竜岡門」と思ってしまったが、春日通りから、竜岡門の方に曲がらないで、本富士警察を超えたところに「春日門」という東大の小さな門があって、そこから入れば、すぐにくろぎさんに行けるはず。
(という書き方は、春日通りを上野広小路から進んだ場合の説明です、本郷三丁目からだと反対になります)

でも、私のように、竜岡門であたふた迷子になれば、懐徳館も(外からだけだけれど)見ることができる。
(ただ、この懐徳館って、公開されていないからかも知れないが、全くテレビなどで取り上げられることがないのが不思議。
やはり、戦後建て直したものだからかな?
今は、前田侯爵邸といえば、駒場だものね)
[PR]

by mw17mw | 2014-06-02 13:08 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)