無印良品の「キーマカレー」

昨年10月に、テレビで、レトルトカレーとパスタソースのランキングを見て、この記事を書いた。

その後、時々、カレーやパスタソースのレトルトを買ってきて、試しに食べてみた記録を書く。

★無印良品のレトルトカレーを食べてみた
その番組では、無印食品のカレーが大メーカーを抑えて、1,2,4位を取ったのだ。
d0063149_17340933.jpg

一番最初に食べたのは、テレビで一位だった無印の「素材を生かしたカレーグリーン」
何でも、ココナッツミルク等タイのものを輸入して作っているとのことだったので、「だから、一位なのだ」と期待したけれど、私には美味しいと思えない味であった。
すごく塩気が強いのだ、世の中、こんなにしょっぱいカレーを美味しいと思う人が多いのかと、ちょっとがっかり。

次に「キーマカレー」を試したけれど、これは美味しかった。
料理として成功している(と私は思う)。
これは、今後も、常備しても良いなと思っている。(確か同じ時期に、市販のキーマカレーを1,2食べたが、無印良品のが一番美味しかった、というか私の好みであった。)

で、キーマカレーを再度買うときに、無印良品の中では、バターチキンの方が人気があるとのキャッチコピーが目に入ったので、買って食べてみたが、私はだめ。
なんでだめかは忘れてしまった、たぶん、トマト味でそのトマト味があまり好きなタイプでなかったと思うのだけれど、美味しくなかった(と、私は思った。)

ということで、私のお勧めは、この無印良品の3品の中では、「キーマカレー」のみ。

無印は高いから美味しいのかなとちらっと思ったが、多慶屋でも、安いレトルトカレーと、味を追求したようなレトルトカレーに分かれており、高めのレトルトカレーは、皆、250円以上するので、別に、無印良品が特別高いというわけではなさそう。
(キーマやグリーンカレーは一人前300円、バターチキンは350円)

ただ、お昼ごはんにしょっちゅう使うかと言ったら、確かに、外食するよりは安いけれど、自分でありあわせのもので食べるより高いので、これまた、たまの贅沢とか、忙しくてお昼ごはんを作れなかったときに使うことになってしまいそう。

★S&Bの予約の取れない店のパスタソース
S&Bの「行列ができるシリーズ」の番組で上位に来ているものは、高いものばかり。
そして、そういう高級品は、確か、成城石井では見たけれど、それ以外の中級以下のスーパーでは見かけたことがなかった。(と思う)
それで、パスタソースは、この番組の順位は関係なく、ごく普通のスーパーにある安いものばかり試してみたが、落合さんのトマトソースやアラビアータは美味しくて気に入った。
自分が作る「にんにく・オリーブオイル・トマト缶」のトマトソースでも不満はないけれど、このレトルトのトマトソースはちゃんと香辛料等が適切に使われていて、外食で食べるトマトソースの味になっていて美味しいと思えた。

しかし、カルボナーラはしょっぱくて駄目であった。
だいたい、パスタの茹で方からして、塩をたっぷり入れて茹でろと書いてあって、その通りに茹で、カルボナーラのソースを温めてからめて食べたら、そのソースも塩気がたっぷりで、両方合わせたら、しょっぱ過ぎて食べられなかった。
ということで、こちらは、まだ、三点しか食べていないが、カルボナーラはお勧めしない。(私見ですが)
[PR]

by mw17mw | 2014-05-30 11:03 | 食材・食材のお店 | Comments(0)