神田小川町界隈-「武膳」の九州豊前うどん&野菜天丼

d0063149_12450491.jpgすっかり、九州豊前うどんのことを忘れていたのだが、博多うどんのコメントで背中を押され、土曜日のお昼に小川町の「武膳」というお店 に行ってみた。

場所は、神保町の交差点と小川町の交差点の間くらいの靖国通りの一本中に入った路地にあった。(南側へ)
小川町のスタバの横の路地を入って、一つ目の路地を右に入ってすぐ左。

メニューは写真がうまく取れなかったので、省略するが、昔ながらのメニューから今風に創作されたメニューまでいろいろあった。
しかし、天気が良かったので、今日は冷たいうどんが良いなと何となく思っていた。
私よりちょっと前に入った人たちが、「アボカドサラダうどん」を注文、それにも惹かれたけれど、ま、私の場合、オーソドックスなもののほうが良いでしょうと思い、「野菜天丼とうどんのセット」にしてみた。
d0063149_12452719.jpg
d0063149_12461841.jpg
しかし、これは「私の好奇心を満たす」という意味で、大正解であった。

まず、うどんなのだが、冷たいうどんでも、豊前うどんの特徴がわかったし、しかも、九州風と思われる天丼が、東京風のものと全然違ったので、余計面白かった。

うどんは、細目で、外側がもちもちしているので、真ん中には一本筋が入っていて、アルデンテという感じ。
もちもちなのに、デレデレではなく、本当、日本のうどんの中で、乾麺のスパゲティをアルデンテに茹でた時に近いかもしれない。

汁は甘め、でも、大丈夫、ちょっと甘めという程度で、うどんもおいしく、一気に食べてしまった。

で、野菜天丼は、天つゆの色が薄い。
御飯が汁でべちゃべちゃになることなく、うっすら茶色い色。
食べると、ほとんど甘いだけの味なのだけれど、でも、べたっとした甘さではないので、やはり、微かにでも、お醤油かお塩が入っているのかなと感じた。

おいしいのだけれど、今まで食べた天丼にはないタイプで楽しかった。
全国津々浦々、天丼を食べ歩いたら、地域性があるのかもね。

このお店、おうどん美味しく、確かに讃岐とも大阪とも違うと思うし、また、こちら方面に行った時にはまた食べに行きたい。
(武膳は、ここに乗っているようにチェーン店で、東京・千葉にお店が数店舗あるようだ。新橋店は立ち食いで安いとか、どこかに書いてあった。)

[PR]

by mw17mw | 2014-05-20 12:47 | 飲食店・菓子店 | Comments(3)

Commented by まr at 2014-05-20 21:15 x
こちらのお店は開店直後に伺ったことがあります。その時は名物の牛蒡天と温かい掛け饂飩をいただきました。
確か唐辛子が3種類位あって,金色と言うか黄色のが一番辛いと言うのも印象に残っています。

こちらの饂飩は細目ながら角がピシっとあって,ツルっとした中にコシと噛み応えがあって,乱暴に言っちゃうと稲庭系ですね。
九州でも博多は丸っこい細麺でもっと柔らかモッチリ,長崎はもっと柔らかくてお箸で力一杯摘まむと千切れます。讃岐の人に食べさせたら暴動が起こるんじゃないかとw。
出汁に飛魚が入って,透明でやや甘口な所は共通しているかも知れません。

とりとめないですが,ではまた。
Commented by よいどれ剣士 at 2014-11-07 12:06 x
これはこれでおいしいですけど、武膳は福岡のうどんではありません。
豊前裏打会の一店舗ですね。小倉南区(福岡県の東南部)を中心とする一大勢力です。コショウ(福岡では唐辛子のこと)の情報もこのサイトに記載されています。

http://urauchi.info/
Commented by mw17mw at 2014-11-08 16:53
>よいどれ剣士さん
コメント有難うございます、そうか、違うのですか?
教えていただいたページを研究して、近々本文を直そうと思います。
豊前とか豊後とか、実は良くわかっていないのです。(ごめんなさい)