浅草橋の夜は楽し3/3-日本産のワインバー「AXIS」

夜更けの人々の前を通って、テンテコマイに行く間に、暗い通りの中に薄ぼんやり明かりがついているお店があった。

d0063149_08561755.jpg


そこは、AXISという日本産ワイン専門のワインバー 、場所は、以前、タイ料理屋だったところとのこと。

あ、知っている、確かに、タイ料理屋あったよね、名前忘れたと思ったが、すっかり、リフォームされて、とても素敵なお店になっていた。

鳥越神社から、みずほ銀行の浅草支店の間には、4本くらい路地があるのだが、買い物の関係で、いつも通る路地は決まってしまい、いつもこのお店がある路地の一本隣りとか二本隣りは良く通っていたのだが、このお店の路地は知らず知らず通っていなかったから気づかなかったのだ。(後、元シブレットのあった育英小学校のグラウンド側の路地も殆ど通らない)

d0063149_08562936.jpgテンテコマイで、中ジョッキ1杯と、レモンサワー1杯、夜更けの人々でスコッチ・ウィスキーのオンザロックを3杯飲んで、ちょっと足りなかったので、もう1軒ということになった。

ここは、入ると、2Fで、5人くらいのグループが宴会中とのこと。
1Fのカウンターには、若いカップルが一組だけだったが、場所と言い、雰囲気と言い、隠れ家的ワインバーで、デートとか、ゆっくり話したい時にぴったりのお店であった。

家に帰ってから食べログ を読むと、私たちは夜遅く行ったから、すんなり入れたが、どうも人気店のようで、時間が早いと入れないことがありそうなお店?

飲んだものは、右の画像。
広島三次産の赤ワインでシラー2011と読める。
自然な味で美味しかった。(今、安い大手メーカーの赤ワインを飲んでいるのだが、ふくよかで滑らかなのは滑らかなのだが、それがわざとらしい味で、参っているのだ)

d0063149_08564801.jpg
黒板のおつまみメニューを見たら、「T.K.G.Y.」なるものがあって、興味がわいた、その下に「卵かけご飯 焼き」と書き添えられていた。(笑)

何でも、卵かけご飯の中にチーズを入れて、フライパンで丸くホットケーキのように焼き、トマトソースをかけて食べるというものらしい。

わ、何て良い発想!
確かに卵かけご飯焼いたら、リゾット風だよね、ということで、これを取ることにした。

すぐに作ってくれて、食べてみた、そうか、当然だが、お醤油を入れないでチーズを入れた感じで、完全リゾット風。
考えてみれば、石焼ビビンバだって、焼き卵かけご飯の一種みたいなものなのだから、日本料理である卵かけご飯を焼くという発想を誰かが思いついてもおかしくないのだ。
何で、今まで、そういう発想がなかったのだろう?(きっと、余りに「生の卵かけご飯」が好きだからかも)

その他、ヴィロンのバゲットが常時用意されているとのこと。
バゲットは1/2本か1本単位で注文し、少しでもこのお店で食べれば、残りは持ち帰り自由とのことなので、注文して、1切れずつ焼いてもらって、酒の肴にした。
何でも、マスターが言うのは、ヴィロンのバゲットが一番酒の肴になるからとのこと。
(確かに美味しかったし、他のお店のバゲットとは一線を画す感じ)

マスターとマユミさんと色々なことを話しながら、バゲットと焼き卵かけご飯を食べたら、ちょうどオネムになってきて、家に帰ることした。

浅草橋って、確かに駅前には色々なお店が揃っているけれど、それ以外の路地にボチッボチっと素敵なお店があるところがすごい。
私は浅草橋の近所に生まれてずっと住んではいるが、幼い頃から御徒町中心の生活を送っていて、浅草橋については、ここ十数年しか通っていないので、確かなことは言えないのだけれど、中々味のある地域。
数年前に閉店したシブレットが道を切り開いたのかしらね?
それとも、江戸通りを挟んだ反対側の柳橋は花柳界だった場所で、小粋なお店が揃っていたから、その余波かしらね?

でも、夜更けの人々もAXISも、それぞれお店の人が今まで生きてきた中で培ってきた「自分の美意識でお店をコーディネートし、自分の好きな、そして詳しいお酒を提供し、人々に一時の安らぎを提供している」、何て素敵なのだろう!
(そういう感じのお店がまだ3軒以上ある。)

下記は、帰る時に、入り口に天使がいることに気づいたのでパチリ。
d0063149_08570117.jpg

マユミさんは、ラルフくんという犬を飼っていて、犬は、マユミさんが夜出かけることを察知すると、「僕も一緒だよね?連れて行ってくれるよね?」と思うらしく、それをだまして、出てくるのが大変とのこと。
出かけるときがそれが面倒だけれど、反対に、夜遊びから家に帰る時は、ドアを開けると、飛びかからんばかりに、「どこに行っていたの?僕、淋しかったのだから!帰ってきてくれて本当に嬉しいよ!」と熱烈歓迎をしてくれるらしい。

確かにね、猫はその点、楽というか、特にうちのコーちゃんは私がいようがいまいが関係ないという感じで暮らしているから、楽は楽で、さっぱりしているのだけれど、いいな~、家に酔っぱらって帰って、飛びかからんばかりに熱烈歓迎してくれるペットがいるのは...と、私としては珍しく、犬の方が良いかなと思いながら、帰ってきた。

マユミさん、色々なお店に連れて行ってくださって、有難うございました、とても楽しかったです。
また、近所で夜遊びしようねと約束して別れた。
(なるべく気候の良いときにしましょうね、私は、真冬の間、夜だけ冬眠しますから)

[PR]

by mw17mw | 2014-04-14 11:12 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)