雨の中の「谷中猫ツアー」6/6 クレール ドゥ リュンヌと合羽橋でシノワ

昨日のアド街「上野御徒町」は以前より、ちゃんと調べているというか、今まで取り上げなかったお店まできちんと調べて順位をつけているところが良かった。(最近、行っていないけれど、南部百姓家が入ったのが良かった、しかし、南部百姓家のお母さんが出て来なかったところを見ると、もうお店には出ていないのかも)

でも、テレビのつけた順位を信じるかとか、テレビに取り上げられただけで美味しいか等は、別問題。
アド街を信じ切るのではなく、食べログを見たり、色々情報を集めた方が良いと思う。

そして、私が新聞を取っていないこともあり、松坂屋の本館がリニューアルされたことも知らなかったので、とても勉強になった。(今日、見てこようと思う)

---本題です---

猫仲間さんから、かっぱ橋でシノワを探したいが、どういう基準で探せば良いかわからない、例えば、使っているお鍋の直径と深さとどちらを基準にすればよいのかわからないと、前以て相談があった。

そうだ、クレール ドゥ リュンヌの若きオーナー・パティシエさんは、パリでパティシエ修業をする前には、東京の星のついているフレンチのお店でシェフをしていたと聞いていたので、彼に聞けば、わかるかもと頭に浮かんだ。

で、本当の予定では、クレール ドゥ リュンヌ は、かっぱ橋の後に行くことになっていたので、前日、ケーキを買いがてら、もし、時間があれば教えてもらおうと聞きに行ったのだ。

そうしたら、調理場から、製菓に使っているシノワを二つ持ってきて、説明してくれた。

シノワって、円錐形のものだけをシノワというのかと思ったら、底が丸いものでもシノワというみたい。
(不確かだけれど、多分、片手の柄がついていて、反対側に、鍋にシノワをかけるフックがついているのもをいうのかな?)

(そうだ、シノワって、昔(清朝)の中国人が被っている帽子に似ていたから、シノワなのでしょう?
そうすると、円錐形より、底が丸いタイプの方が、ひっくり返すと、昔の中国人の帽子を連想させるかも)

で、オーナーさんの話では、
「もし、一旦、フープロやバーミックスにかけた野菜を漉したいのなら、まず、目の大きさも問題で、目があまりに粗いと、滑らかなスープにはならない、また、ぎゅうぎゅう力を入れて野菜を漉すので、使っているお鍋にフックがかけられるサイズでなくてはならず、また、漉したスープが下に溜まらなくてはいけないので、下にくっついてしまう高さのものではだめ。素材は、家庭用のシノワだとへなへなの素材が多いけれど、ステンレスが固くて良い」と教えてくれた。

d0063149_10010001.jpgその知識をいただいていたのだが、次の日、予定が変更になり、先にクレール ドゥ リュンヌさんに行くことになり、再度、オーナーパティシエさんから、シノワの知識を習うことができた。
この時、習ったのは、「シノワだけを買うのではなく、お鍋にセットしたシノワに野菜を煮た液体を流しいれた後、シノワにぴったり合うサイズのレードルの背で押すことが大事だから、シノワに合うサイズのレードルを同時に買うように」とのこと。

また、お店で、猫仲間さんは、ショコラティエ、私はミルフィーユを、コーヒーとともにいただいたが、コーヒーも美味しく、大満足であった。

今回行ったら、かっぱ橋だったら、TDIかカジワラキッチンサプライに、種類豊富なシノワがあるということまで調べてくださっていて、大変助かった。

その足で、まずは、ペリカンパンで予約してあったパンをピックアップした後、かっぱ橋に向かう。
菊屋橋口から入って近いほうのTDIに行ったら、猫仲間さんが、2Fの扱い商品の説明を目ざとく見つけ、シノワは2Fにあることがわかり、2Fに行ってみた。
d0063149_10011347.jpg
そうしたら、プロが使う円錐形のものも充実していたが、プロが使うステンレスの固い材質のものというのは、どうしても寸胴鍋に合うサイズなので、寸胴鍋のない家庭には大きすぎるのだ。
そんな中に、新型の「円錐形でありながら、網の素材が家庭向きのようにへにょへにょなのだけれど、それを補うような補強がされている小型のもの」を発見。
d0063149_10013573.jpg
目も結構細かそうだし、プロ用シノワに比べて、形も小さく、猫仲間さんのお家のお鍋にぴったりそうとのことでお買い上げ。
レードルもシノワの中深くまで押せるサイズのものが見つかり、両方とも、お買い上げ。(実際に家に帰ってから、お鍋にあててみたら、ちょうどぴったりのサイズであったとのこと、使い心地はまだ聞いていない)

ということで、クレール ドゥ リュンヌさんのおかげで、時間のない中、一店だけを探して、簡単に欲しいものが見つかり、大変助かった、どうも有難う。

かっぱ橋で買い物が終わったら、ちょうど4時頃で、銀座線田原町の駅まで送って、ここで解散となった、雨が残念だし、朝倉彫塑館は屋上に行けなかったし、浅草橋のgallary kissaはやっていなかったしで、色々十分ではなかったのが残念だったが、とても楽しい一日であった。
だから、また、是非、いらしてくださいね。

[PR]

by mw17mw | 2014-04-06 10:05 | 道具 | Comments(0)