東京巣鴨の温泉「Sakura」

d0063149_23224637.jpg先日、アド街ックで、巣鴨の染井霊園の入口の東京スイミングクラブの隣に、温泉ができたと聞き、今日、とうとうおじさんフレンドと行って来た。

おじさんフレンドと私は最近はすっかり「温泉友達」
誰と一緒に温泉に行くのがいいというと、おじさんフレンド。
同性だと、お風呂の中まで一緒だけれど、おじさんフレンドと一緒だと、お風呂は一人でゆったりと食事は連れがいるということで、とても良いのだ。(向うにとっても)

私が通った大学が染井霊園の裏手にあり、若い頃、東京スイミングクラブの前を通って駒込から帰ろうかなとか、巣鴨から帰ろうかなとよく通っていた思い出がある。
染井霊園についても、4年間中を歩いていたのだから、土地勘は十分。
染井霊園のある染井という地域は、江戸時代、染井吉野という今では一番ポピュラーな桜が作られたことで有名、だから、温泉施設に「Sakura」という名前をつけたのだろう。

それに、この施設は、午後7時から88台の駐車場があること。
今日実際に行って聞いてみたら、東京スイミングクラブの駐車場は昼間は会員専用なのだけれど、午後7時から温泉に来る人が利用できるそうだ。
その他の駐車場は、巣鴨駅の周囲とのことで、結局駅前の西友の地下駐車場に停めたが、千代田区と同じ30分300円であった。(東京スイミングクラブの裏手に自動車を停められそうで、実際に駐車しているところも見つけたが、実際駐車違反となったら、私ではなく、おじさんフレンドに傷がつくので、おじさんフレンドの判断に従った。)

Sakuraは、今年の夏オープンでできてまもなくで、こじんまりとしながらも、とてもきれいな施設であった。
それに、昼間は、駐車場がないせいか、結構空いていた。

湯船は、施設の中に二つ、露天が三つであった。
テレビでは、「東京では珍しい、茶色ではなく、透明なお湯」と言っていたので、期待して行ったが、確かに透明ではあったが、黄色っぽくて、しょっぱい質の温泉であった。
でも、HPを見ると、循環湯で濾過して、また何だらかんだら、色々成分を加えたり、取ったりしているから、温泉の効能はそれ程期待しない方がいいかも知れない。
でも、どのお風呂も皆温かった。
ジャグジーというのか、ものすごく強力なジェット噴射のような泡が出るお風呂でようやく身体が温まった。

結構いいと思ったのは、普通は、ボディソープとリンスインシャンプーくらいしか、備え付けられていないのだが、ここは、ボディソープ、シャンプー、リンス、フェイシャルソープの4つが備わっていること。

お風呂から上がって、菊花賞のテレビを見ながら、男湯の感想をおじさんフレンドに聞いた。
このおじさんフレンドは、「お風呂がぬるかった」「混んでいた」「小さな子供が多くてうるさかった」「湯船の種類が少なかった」と文句が多い人なので、このお風呂もきっと評価は低いだろうなと思っていたのだけれど、今回は、「ぬるかったけれど、子供がいなくて、空いていて良かった」と高評価であった。

後で気づいたのだが、この日帰り温泉施設には、キッズルームがあって、そこに子供を無料で預けられるのだ。
これは、とても良いことかも知れない。
日帰り温泉に子供を連れて来る夫婦は、たいてい、お父さんに子供が押し付けられるのだ、だから、私は被害を蒙ったことはないのだが、おじさんはいつも「のんびりしたかったのに、子供が走り回って、気が気じゃないし、うるさかった」と不平タラタラのことが多い。

また、このお風呂は入場料が1260円なのだが、行く前に「仮眠設備がないと困るな」と思って、電話で聞いたら、「テレビ付の仮眠ベッドがあり、館内着着用が前提で、館内着代+1時間の仮眠で、420円追加、その後1時間延長ごとに100円」と教えてくれた。
私は、お風呂に入った後の仮眠が気持ちよくて、日帰り温泉に行くのだが、今回は、温泉がぬるかったことで、全然眠くならなかった。
眠くならなかったし、巣鴨なら、自動車で家まで15分くらいで戻れるので、私が運転するわけではないし、このまま、家に戻ってから寝てもいいなと思い、結局、仮眠はしなかった。

食べるところは、とてもきれい。
掘りごたつ式のテーブルでゆったりできた。
食べ物は、安いものは安いが、高いものは高い。(変な言い方だが、おむすびが2つで150円は安いけれど、ソース焼きそばが900円近いのは高い)
でも、やはり、高い。

初め、年会費200円出して、会員になると、館内の食事が会員価格になる。
実際に会員になって食事してみたら、一回で200円以上の差がつくので、行くのなら、会員になることを勧める。

きっとこの温泉は、午後7時過ぎの駐車場無料になってから混むのだろう。
昼間から行くのなら、巣鴨駅前のシャトルバス利用がいいと思う。
私とおじさんは、巣鴨の西友まで往復10分程度の距離を歩いたが、この豊島区駒込というところは、巣鴨駅のすぐ近くだけれど、大きな屋敷が多い高級住宅地だし、本郷高校や三菱系のスポーツクラブがあって、緑が多く、歩いても気持ちが良い。
[PR]

by mw17mw | 2005-10-23 23:27 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(4)

Commented by なおみ at 2005-10-24 09:08 x
こんにちは。御茶ノ水とか、巣鴨とか思いがけないとこに温泉があるんですね。びっくりです。
おじさんフレンドにお勧めの温泉があります。
御殿場高原ビールの「時の栖」です。たくさん温泉施設があるのですが、
「茶目坊」は18歳未満は入れません。休憩処にはいろりもあって、のんびりできます。それから、レストランのバイキングは地ビールが3種類ほど飲み放題です。
イルミネーションもすごいです。お天気が良ければ富士山もすごいと
思います。私が行った時は残念ながら雲の中でしたけど。
時間がありましたら、いってみてください。
Commented by ayako at 2005-10-24 14:21 x
はじめまして、かれこれ5年近くROMさせていただいている者です。いつも楽しく読ませていただいています。お休みをされている期間もたまに見ていて、再開された事を知った時は本当に嬉しかったです。

ところで、今日の日記を読んでいて、出身大学が同じ?と思ったので書き込みに来ました。私も大学時代全く同じ事を考えながらあの道を歩いていたものですので、なんだか嬉しくて。

私は在学中に大学が移転してしまったので、西ヶ原へ通ったのは3年間だけでしたが、その後留学したので校舎の最期は見られずでした。mw17mwさんの学生時代はまだ校舎は綺麗だったのでしょうか・・・?私が居た頃はかなりガタが来ていて、台風で講堂の天井が落ちたりしていました。唯一良かったのは、外語祭で思いっきり好きな事が出来た点でしたが。新校舎では屋内で料理店は出来なくなってしまったので。

私はS科でしたが、mw17mwさんは何科だったのでしょう?気になるところです・・・。

はじめてなのに、長々とすみません。長年読んでいて大好きなHPを書いている方が・・・と思うと、ちょっと興奮してしまいました。これからもBlog期待しています。では。
Commented by mw17mw at 2005-10-25 08:29
>なおみさん
情報有難うございます、時の栖の茶目坊、覚えておきます。
御殿場方面も行きたいのだけれど、最近、おじさんフレンドがお疲れ気味で、中々遠くに行くと言ってくれないので、ちょっとトホホのところはあります。
あ、それと御茶ノ水は、温泉ではなく、銭湯です、ごめんなさい、書き方悪くて。

>ayakoさん
そうです、私はすご~く年上の不肖の先輩です。(笑)
入ったまでは偉かったのですが、受験で疲れ切ってしまい、その後、勉強しなかったので、ろくでもない先輩。(笑)
言葉も日本語以外は、まともにしゃべれません。
でも、あの汚い西ヶ原が私の青春の場所でした、確実に。
学科は、しゃべれないので、言わないことにしています。(笑)
(ヒント...食べ物が美味しくない国です)
これからも、是非宜しくお願いします。
Commented by ayako at 2005-10-28 18:15 x
返信ありがとうございます。

やっぱり同じ大学だったのですね。mw17mwさんの時代から、やはり西ヶ原は汚かったのですか・・・。でも、私にとっても青春の地でした。学科は大体わかりました。私もその国の言葉話せません・・・。かろうじてS語は話せますが、留学中は食べ物の事ばっかり考えていて、帰国後思い出すのも食べ物の思い出ばかりです。

ろくでもない先輩なんてとんでもない!私も今は自分の専攻と全く関係ない事をしているので(ありがちですが)。たまに、とんでもない所(外国の島のレストランとか)で同じ大学出身者に出会う事があの大学の醍醐味でしたが、blogの世界でもですね。

また寄らせてもらいます。ではでは。