合羽橋本通り界隈ー「Cocochi」のたまごかけご飯

そう言えば、今、テレビで流れているペプシコーラの小栗旬の桃太郎のCM 、とてもきれいで、とても好き。

先週、東浅草に行った帰りに合羽橋本通りに寄って、「行方市の物産店」の後にできたお店を見てきた。
「地域産品とカフェの店」で「Cocochi」 という名前、現在は、年中無休、営業時間は、11時~19時。
(始まって1年は経っていないと思うけれど、なぜか、食べログには載っていないお店のよう)
新鮮な野菜は、茨城県行方市のもののようだけれど、諸国名産の加工品は全国色々な場所の物。
d0063149_22251753.jpg
色々揃っていて、見ていて楽しい。
浅草の六区の方から流れてくるお客さんが、「ここなら、コーヒーを飲もうか」とか「品物を見てみようか」という気になるようで、入る人も多い店であった。(当たって、ホッという感じ)

私が店先で色々見ていたら、私より絶対年上の、服装はそこらへんの下町のおじさんなのだけれど、つるっとした皮膚のきれいなおじさんが、若い人を二人案内しているらしく、このお店の物品について、語っていたのが聞こえて来た。
私もちょっと割り込ませてもらって、このおじさんに色々習ってしまった。
(後から聞いたら、このおじさんは、落語家さんとのこと、でも、お店の人に聞いた芸名を半分忘れてしまい、確認できなかった)

この落語家さんは、このお店が贔屓とのことで、色々このお店の品物を試しているようであった。
その中でお勧めは、有精卵の卵と、りんごバターというジャムなのだそうだ。
d0063149_22262879.jpg

私は実は、生卵かけご飯が大好きだから、この有精卵を買ってみようかなという気になったのだけれど、6個も買って、気に入らなかったら嫌やだったので、ランチ時に「たまごかけご飯」があることがわかり、数日経って、お昼過ぎに合羽橋本通りに行く用があるので、ついでに、食べてきた。
d0063149_22260800.jpg

一番不安だったのは、お醤油が、色々余計なものが入ったお醤油だったら嫌だなということ。
それをお店の人に確認したら、こちらでは、純粋に、大豆と小麦粉と塩のみから作ったお醤油を使って食べさせるとのこと、ほっ。
で、出て来たのが、右の画像。d0063149_22265189.jpg
面白かったのは、お醤油はごく普通のシンプルなものであったが、一緒についてきた海苔が味付け海苔であったこと。(笑)
で、卵を割って、お醤油を入れてかき混ぜ、ご飯にかけて、食べてみた。
卵の味は、すごく素直で、臭みがないのが特徴かな?
だから、美味しいとか不味いというより、もちろん、不味くないし、新鮮なのだが、「臭みが全然ない」という評価になってしまった。
他に、ピーナッツ味噌ともう一つ何か佃煮みたいなものがついてきたっけ。

ということで、卵を買って帰ることはないかな?

今度食べるとしたら、カレーを食べてみたい。

そういえば、このお店は、向かいの佐藤という洋食屋さんと提携していて、佐藤は、おじさん一人なので、料理だけのお店なのだが、このお店でお昼を食べた人は、このCocochiさんのコーヒー割引券(380円→200円)をもらえるそうで、飲みに来ていた。
こういう助け合いというか、もたれあいって、いいよね。

[PR]

by mw17mw | 2014-03-20 07:34 | 食材・食材のお店 | Comments(2)

Commented by tara at 2014-03-20 22:49 x
こんばんわ。マリンバさん。私もあのCMだ〜い好きです!超かっこいいですよね。
あれ、映画にならないかなぁ〜
手が込んでいますよね〜
Commented by mw17mw at 2014-03-21 08:10
>taraさん
おはようございます、「映画化」いいですね~。
あのCM,別に小栗旬でなくても誰でもいいのですよね。
出演している人より、あのCMを考え付いて、美術を考えた人を知りたいです。
「自分より強いものを倒せ」ってコカ・コーラ?(笑)