本郷界隈-「こうや麺房」でワンタンメン

d0063149_09202935.jpg昨年末行ったラーメン屋で紹介し損ねているお店「こうや麺房」をご紹介。
(絶対このお店は寒いうちに紹介せねば)

場所は、本郷と言っても、3丁目とか東大とは反対側で、本郷通りを蔵前橋通りまで行って、そこを順天堂大学やお堀の方に降りていく坂の途中にある。(右側)

古びたラーメン屋さんで、特徴はないのだけれど、お店の前に「ワンタンメンが名物で、それが文京区の何かに指定された」みたいなことが書いてあったので、気になっていて、そちら方面に用があった時に行ってみた。
d0063149_09204388.jpg
お店の中に入ると、中年のご夫婦で切り盛りされている、いかにも、地元民に愛されているというような風情のお店。(もちろん気取っていない)
何だか、このお店のことを思い出すと、「温かい湯気が立っているお店」みたいなイメージがある。

メニューを見ると、ラーメンが630円で、ワンタンメンが840円、ワンタンが入るだけで、210円も上がるなんて、どんなワンタン?と思ったら、本当に大きくて、餡がきっしり詰まったワンタンが5個も入ってきた.。(普通のラーメン屋さんのワンタンとは全く別物)

ワンタンメン、麺がどうだったかとか忘れてしまった。(笑)
スープは、魚介系が全く入っていないことが良くわかるのだが、だったら、鶏の味が強いのかというとそうでもない。
あれは何だったのだろうと家に帰って食べログを読むと、豚骨も使っているスープのよう。
(そうだ、思い出した、ここのスープは醤油味ではなく、塩味であった。)

ワンタンは、大ぶりで、小さな餃子くらい、餡がぎっしり入っていて、とても美味しい。
餡は、豚挽肉オンリーな感じ。
私の好みから言うと、このワンタンが海老ワンタンだったら、味が複雑になってより美味しいのではと思った。
でも、ここらへんは本当に好みの問題で、このまま、豚挽きオンリーの方がすっきりしていて良いと思われる人もいるだろうし、このままのワンタンでも十分美味しいとは思う。
d0063149_09210551.jpg

このワンタンメン、結構量があったのに、私が食べている間、「ワンタンメン大盛り」を頼むおじさんもいた。

何て言うのだろう、このお店のこのワンタンメン、真冬の寒いときに、震えながらこのお店に入って食べると、最高に美味しいと思う。



[PR]

by mw17mw | 2014-03-02 09:23 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)