料理以外の道具2種-雪かき道具・踏み台

<男手要らずの雪かき道具>
先日、二度の雪かきで、「家の路地の雪をスコップで掻いては表に運んで投げ捨てる」を繰り返し、その余りの非効率さが嫌になったし、この二度の雪かきは、土日が絡んだので、弟が家にいるときだからできたと思った。(スコップ一本しかないから、順番だけれど、一応、二人力)

だから、平日、雪が降った時、何とか、一人で楽に雪かきができる方法を考えなくてはと思ったら、良いアイディアが頭に浮かんだ。
ヒントは、自転車で人形町の方を走っていたとき、プラスチック製の「手押し車」に、雪を積んで捨てていたのを見たことだ。
プラスチックケースとキャリアを組み合わせれば、「手押し車」になるではないか!
全ての道具は以前から持っていたのに、何で、思いつかなかったのだろう。
d0063149_17004622.jpg
それは、ビールケース等を運ぶキャリアに、これまた商品を入れる折り畳みのプラスチックケース(横500㎜×奥行き350㎜×高さ320㎜くらい)を乗せておき、そこにスコップで掻いた雪を入れていけば、6掻きくらい、その容器に入れられる。
だから、スコップ一本で雪かきをするときより、表まで往復する回数が激減するので、とても速く楽に雪かきができる。

このプラスチックの容器は、多慶屋で、商品を運ぶのに使っているのと同じもの。(検索したら、ASKULで1300円程度のもの?)
我が家は、以前、たばこの配送で使われていたのが、段ボール容器に切り替わる時、欲しいならあげると言われて、2つもらっておいたもの。
今まで荷物を入れっぱなしだったから、思いつかなかったけれど、私の部屋のリフォームに際して、部屋の荷物を運び出すのに使うため、一つを空にしたことで、今回、雪のときの利用を思いつくことができた。

<踏み台>
踏み台って、あると便利で、ないと困る。
私の場合、家を建てたときから、これに似た高さが好きに調整できる椅子を「踏み台」として使っていたが、20年使うと、とても汚くボロボロになったので、買い替えたい。
(でも、実際、踏み台には使うけれど、椅子としては使わなかったような気がし、今改めて「本来は椅子だったのだ」と思った。)
そうしたところ、多慶屋に、ちょっと違うパターンで同じような機能の踏み台になる椅子があったのだ。
d0063149_16535224.jpg
ネットで色々調べたが、今まで持っていた踏み椅子が1万円以上するのに、こちらは4800円だから、こちらにしようかなと、心が動いている。ま、デザインは今までの方が優れているけれど、安さも大切だものね。(でも、今、脚立もあるし、「すぐに欲しい」というニーズがないので、まだ、買わない、あ、消費税が上がる前に買おうかな?)

d0063149_16552515.jpgその他、コーナンで売っているラバーステップという踏み台の小が気に入っている。

小は、横幅440㎜×奥行き220㎜×高さ210㎜で、確か880円だったと思う。
大は、440㎜×220㎜×230㎜で、980円だったかな?













d0063149_16561177.jpg実は、この踏み台は、反対に踏み台としては使わないのだが、台所のレンジ台の炊飯器を置く棚の下に置いておき、「仮置き台」として使っている。
(ほら、炊飯器の置いてある棚は可動式で前に出して使っているので、踏み台を置いても、邪魔にならないのだ。)
奥の物を出す時なぞ、その前に置いてあるものを仮置き台にちょっと移して、奥の物を前の方に出して、その位置に置いて使うときに便利。

[PR]

by mw17mw | 2014-02-20 07:26 | 道具 | Comments(0)