新御徒町界隈-「魚旬」で宴会2/2


家の近所に「昼は魚屋、夜は居酒屋」という「魚旬」ができたのは、一年くらい前かな?

興味はあったけれど、その頃から夕飯を食べなくなり、中々行けなかった。
でも、その間、どうなることやらと思ったが、食べログを見ると人気店になったようで、ホッ。

結論からいうと、魚は新鮮だし、多分安いし、人気店であることは良くわかる。
でも、魚が「飛びっきり新鮮」かというと、そこまでは新鮮ではないような気が...。
お刺身の中でも、1,2、新鮮で美味しいものがなかったわけではないが、それ以外はまあまあ。
ただ、揚げ物や兜焼きにしたお魚がとても美味しかったから、やはり、新鮮は新鮮なのだと思う。
東京で、産地並みの「お刺身にしたときの飛び切りの新鮮さ」を要求する方が間違っているのかも知れないが。(笑)

ということで、また、Google+のアルバムにしてみたが、Gmailのアドレスを持っていらっしゃらない方のために、解説をブログの方に書いておく。

お店は、鰻の寝床のように間口が狭く、奥に深いタイプ。
入ると、まずこの冷蔵庫が目に入る、その他、魚を洗う流しや大きなまな板が置いてある魚屋さんの道具があり、その奥に進むと、食堂がある。

店内はまだ新しくきれいだが、テーブルは、ビールの中瓶ケースに、椅子は、一升瓶の通い箱に板を渡した簡単なもの。
今の時代、こういうものの方が設備投資費もかからないし、また、若い人たちに受けるのかも。

店内は細長い。

まずはお通し、中身は何だったか忘れた。

お店の人に「すぐに出てくるのはどれ?」と聞いたら、「珍味類です」とのこと。
その他は、皆一から作るから皆同じくらい時間がかかるとのこと。

「サラダ類は何がお勧め?」と聞いたら、海苔のサラダと魚介のサラダと言われ、1人前ずつ取ってみた。
この画像は、海苔のサラダ。

こちらは魚介のサラダ。

そういえば、メニューが相当多くて、決めにくかったが、段々、そうか「本日のお勧め」を中心に見れば良いのだとわかってきた。(でも、決して、本日のお勧めだけから選ぶことにはならなかったけれど)

お刺身は、3種盛、5種盛と得盛があったので、人数が6人だったので、得盛にしてみた。
得盛にはお頭がつくとのこと。
弟曰く、このお頭や中骨は、「揚げてください」と頼むと揚げてくれるとのこと、へ~、知らなかった。
お刺身の種類は説明してくれたが、全て忘れた。(笑)

日本中を旅した甥2と私の希望で「のどくろ」を取ることに決定。
が、焼き魚ののどくろはきっと大きいから高いのか、一尾3800円だって。
こちらは、「のどぐろ小姿串揚げ二尾」で780円。
夏に友人に銀座でとても高くて大きなのどぐろをごちそうになったが、やはり、それに比べると、小さいほうが味が落ちるような気がしたが、のどぐろを初めて食べた家族は皆満足していた。

こちらは、お刺身を頼むと、デフォルトで出されるのは、北陸地方のお醤油と食べログに書いてあって、実際、そのお醤油が出された。
甥たちに味を見てもらうと「甘い」とのことで、キッコーマンの普通のお醤油も出してもらった。
私以外は、「このお店では甘い醤油」と思って、甘い醤油でお刺身を食べた。(私はキッコーマンで食べた)

こちらはみずだこのコロッケ。
おソースで食べるのだが、これが軽めで意外に美味しかった。

こちらはみずだこの吸盤のバター焼き。
こちらはまあまあ。(私の評価では二度目はない)

兜焼きを一つ取ろうということになり、一番安いめじまぐろ(まぐろの子供)にしたのだが、これは美味しかった。
元々の素材が新鮮だからか、めじまぐろという子供のせいか、強力なオーブンだからかはわからないが、お頭についているお肉の部分だけでなく、カルシウムの部分(えらとか頬、頭とか)もこんがり焼けて、殆ど全部美味しく食べられたことが新鮮。残ったのは、目玉くらい?(笑)

これは、お刺身についていたお頭と中骨を揚げてもらったもの、これも、余さず食べてしまった。(こちらは私の席より遠かったので、私はもしかして、食べなかったかも)

最後はぶりしゃぶ。
私はぶりしゃぶを食べたことがないので、頼んで取ってもらった。
確か3人前頼んだのだ、ぶりの切り身を数えたら、15枚。一人2.5枚にきっちり分けて食べた。(笑)

こちらのぶりしゃぶは、昆布の入ったお水を沸騰させた中に、この真ん中の細切りした生姜を入れ、次に大根とにんじんを入れて、確か、少し煮立ったら、ぶりをしゃぶしゃぶして、ポン酢で食べるとのこと。(青みは後から入れてくださいとのこと)
ポン酢が美味しかったし、ぶりも中々良かった。

〆は、ぶりしゃぶの煮汁で雑炊。
作ってもらった。
味付けはお塩だけだったが、食べ始めて味が物足りなく、塩を足してみてもあまり美味しくなかったが、雑炊の中にポン酢の残りを入れるとちょうど良い味になった。
多分、お鍋の汁は、ぶりをしゃぶしゃぶしただけで、余りぶりのうまみが移っておらず、味がないのだ。
だから、それに塩を入れると、塩の味がきつく感じられるだけであった。
魚のうまみがたっぷりの雑炊を最後に食べたい場合は、しゃぶしゃぶではない方が良いと思う。

デザートは、「塩アイスクリーム」しかなく、それを6人分注文したら、その日は3個しかないとのこと。
だったら、3個を皆で分けるからと言ったのだが、3個のアイスクリームを6人分に分け、それぞれに盛って出してくれた、感謝。


[PR]

by mw17mw | 2014-02-17 08:48 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)