蔵前界隈-「クレール ドゥ リュンヌ」でケーキ色々1

今年に入って、記事にすることはなかったけれど、結構、クレール ドゥ リュンヌのケーを食べていた。 
私が選ぶケーキの殆ど「食べる前に、10分なり、30分なり、冷蔵庫から出して常温に戻すように」と、このお店のオーナーパティシエさんに言われるのだが、それは、私の選ぶケーキがクラシックなものばかりだからとのこと。(笑)
 やはり、私は古い人間なのだ、きっと。
でもね、先日、タイ料理を習いに行ったとき、他の女性が「タイ料理の本を買いたいのだが、最近の本と昔の本とどちらが良いですか?」と質問をしたのだ。
そうしたら、先生は、「レシピ自体は古い本の方が良いです、でも、写真は最近の本の方が良いです」とのこと。
そうなのだ、料理とかお菓子とか、最近のおいしさというものがあることを否定はしないけれど、丁寧に作った美味しさとかは、古いものの方が美味しいのだよ、きっと。
  d0063149_22315280.jpg
これは、「トラーンシュ ショコラ」だったかな?
食べている最中ももちろん美味しいのだが、チョコレートの後味が最高。
先日食べたショコラティーヌは、ピスタチオのクリームとか、酸味を感じるジャムと合わさった派手な美味しさ。
こちらは、静かな静かな、チョコレートだけのおいしさをしみじみ味わうようなケーキ。
両方とも好き!






d0063149_22325626.jpg
これは、チョコレートバナナ?みたな名前だったけれど、正式名は忘れた。(笑)
 薄くてパリッと火を通したオレンジと熟成バナナとチョコレートが合わさったら、美味しいに決まっている。(笑)










d0063149_22322137.jpgこれはタルト オ フレーズ。
苺に魅かれて食べてみたが、とても美味しかった。 
私としては、苺を使ったケーキだったら、ショートケーキより、こちらの方が好みかな?
タルトの中に、スポンジケーキよりは固いものが入っていたのだが、その卵黄の味が食べている最中も食べ終わった後でも、とても美味しかった。
 パティシエさんの説明によると、卵黄の味を生かすような材料とか、お酒が入っていると言っていたかな? 
こちらのケーキは、その殆ど、食べた後の余韻が本当に美味しい。



d0063149_22340081.jpg
これは、今、パティシエさんが開発中の新作のケーキとのことで、試しにといただいた。 
何でも、ヴァローナの新しいチョコレートを生かして作ったもので、キャラメル味に酸味が加わっていたと思う、とても美味しかった。
(ちょっと食べたのが前なので、はっきりわからなくなっている) 
上に乗っている木の実と味が合っていて美味しい。 底に硬めのチョコレート生地が敷いてあるのだが、確かに、最後チョコレート味が加わるとそれまでの味と変わるので効果的と思うけれど、生地がその上に乗っているクリーム等に硬さが合っていなくて、要研究かしらね?(笑) 
最後にチョコレートの味を加えるとしたら、やはり、底に敷くしかないよね?(真ん中から上だと最初からチョコレート味が混ざってしまうから) 
完成が楽しみ、完成したら、絶対買う。

[PR]

by mw17mw | 2014-01-28 23:01 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)