浅草橋界隈-「NIJI」で海老カレー

d0063149_12502000.jpg最近、自転車で近所を走ると、開店に気づかなかった飲食店に良く出くわす。
NIJI」という、ネパール・インドレストランもその一つで、住所は浅草橋だけれど、蔵前橋通りと江戸通りが交差するなか卯の並びにできたお店。
(食べログを読むと、NIJIは、日本語で「虹」で、ネパール語で「私」という意味らしい)
11月28日にオープンしたらしいが、全然目に入っていなかった。

何だか、働いている人に日本人がいなさそうなレストランであった。
お店の前でメニューを見ていたら、インド系のお姉さんが、ランチ50円割引の紙をくれたので、次の日、行ってみた。

ただ、数少ない経験で、こう言ってはなんだけれど、私の口には、南インドのカレーの方が合うみたいで、北インドも合わないわけではない、しかし、ネパールになると、何ていうか、薫り高くない感じがして、食べる前から、ちょっと、合わないかもという懸念があった。

d0063149_12532078.jpg
d0063149_12504338.jpg普通のランチは800円で、海老カレーとサグチキンカレーが880円、割引券をもらったので、880円の方を食べてみるかと、海老カレーを注文。
ランチタイム、ナンとライスのお替りできますと書いてあったけれど、お店の人に「ナンでいいですか?」と聞かれた。
ご飯も食べたい場合は後で追加すればいいのかなと思ったけれど、結果的には、ナン一枚で十分であった。

で、辛さは、4つから選べて、甘口、中辛、2辛、3辛とのこと、ま、とりあえず、中辛でオーダー。

ミニサラダは、ごく普通に美味しかった。


d0063149_12510818.jpgが、やはり、ネパールのカレーは私には合わなかった。
出てきたカレーは、甘いとか、辛いというものではなく、何となく、「何か果物系の甘さとはちみつの甘さ」を感じる味で、本当にただただ甘かった。(私は、ハウスバーモントカレーを食べたことがないのだけれど、このカレーを食べながら、「ハウスバーモントカレーって、こんな味かしらね?」と思いながら、食べた。)

本当に中辛かしら?と思ったけれど、店員さんが日本人でなかったので、日本語が通じるかどうか面倒なので、店員さんに聞かなかった。
テーブルに、チリペッパーらしきものが置いてあったので、それをたくさん振りかけて、辛さを足して食べた。

ナンは、軽めで焼き立てで問題なかったけれど、ここのカレー、海老カレーだったから、あんなに甘かったのか、全体甘めのカレー屋さんなのか、良くわからない。
でも、あんな甘いカレーを出されてしまうと、ネパール系でもあることだし、二度目は中々ないかも。(というか、普通のチキンカレーなぞを食べた人の感想を聞いて、研究したい)

そういえば、最初にもらった割引券、見せるだけで良いみたいで、何度でも使えるみたいだし、入り口のところに、山積みされていて、全然有難味がなかった。
この割引券一枚持っていれば、実質、いつもランチが50円引き、夜が10%引き。

[PR]

by mw17mw | 2014-01-23 12:57 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)