大手町界隈-「パスターヴォラ」でランチ

d0063149_2055284.jpg牛肉どまん中を買いに行ったとき、祭日であったが、大手町のパスターヴォラは、祭日営業なので、空いているだろうと行ってみた。

一年前に行った田町のパスターヴォラは大変美味しかったので、期待して行ったのだが、ちょっと肩すかしであった。

気に入らないのなら、このブログに載せない方が良いのかも知れない。
しかし、ま~、今回私の気に入らなかったところは、まだ開店したばかりだからかも知れない。
そういう意味で、今後の成長を期待して、良くなかった点を含めて書いてみようと思う。

大手町支店は、新しい商業施設であるオーテモリの地下にあって、カウンターがメイン。(ま、これは田町も同じ)
d0063149_20555749.jpgで、高い椅子に座ると、厨房の中が良く見えて、千葉県柏市の生パスタ製造メーカーの箱が置いてあり、作る人はその箱からパスタを取り出しては茹でていた。
それだけで、自家製でないことが一目瞭然。(田町も一度しか行ったことがないけれど、こんなことはなかった。)
大手町の方がスペースが少なくて、どうしてもそういう箱を客に見える位置に置くのが楽なのかも知れないけれど、生パスタの場合はやめておいた方がいいと思う。
(ラーメンなら、開化楼とか、街の製麺所の容器が並んでいてもおかしくはないのは、元々ラーメン玉は町の製麺所で作るものであったから。
生パスタはその点、最初は、高級レストランの自家製から始まった歴史があるから、どうも、美味しいお店で、自家製ではなく、大量生産の工場で作られているものを使っているとわかると、私なぞはがっかりする。

ここらへんの感性は人それぞれかも知れないし、気にするのは私みたいなおばさんだけかも。
私は昔の人間だから、そこのお店が使っている原材料の箱なぞがお客から見える位置に置かれているのを嫌うタイプ。(ラーメンの容器は別)←そのレベルと料金を見比べてしまうから。(笑)
でも、段々、そういうことも気にしない時代に入りつつあるのかも知れない。
しかし、我が家の近所の中国人がやっていたイタリアンのお店ではあるまいし、一応、大手町の最新のオフィスビルのパスタ屋としては、もうちょっと気を遣うべきではないかしら?(工場から届いた段ボールがお店の中に見えるというのは、「オシャレ」から外れているし、美しくないもの)

d0063149_21311925.jpg確かに、田町の生パスタは、本当に美味しくて、私が食べて美味しいと思った最初の生パスタだったのだ。
だから、自家製麺かしら?とか、「さすが!」と感激してしまった。

が、それはどうも、スピガと同じパスタらしい。
田町であんなに美味しかったのは、茹で方や火の通し加減が絶妙に上手だったのかな?
で、大手町の方は茹で方が下手で、柔らか過ぎ、何だか、小学校の給食のパスタみたいな感じであった。(ソースは美味しかった)

(このお店、嘘はついていないのだ、「自家製麺」なんて、どこにも書いていないから)

何だか、とってもがっかり。
田町に茹で方の名手がいて、大手町はまだ修行中という感じかな?

田町と大手町、両方行くチャンスのある方は、是非、食べ比べてみてください。
(田町の本店の方は、最近信頼できるメル友さんがいらして、褒めていたから大丈夫だと思う)
[PR]

by mw17mw | 2013-11-11 07:16 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)