大人の遠足3/7-京浜工業地帯・東海寺大山墓地

下の地図は、上が西、下が東、右が北で、左が南。
d0063149_21273640.jpg
d0063149_1230658.jpg上の地図の上の方から山手通りを目指して、目黒川沿いの道を歩いていたら、左側に「第一三共」の大きな敷地と建物、右前方には「日本ペイント」という看板が見えてきた。(地図上では、目黒川の上の方、東海道本線の線路の向う側から見て、線路を超えた上の方に看板が見えた。)

日本ペイントは、この土地で、日本で初めてペンキが製造したとIさんからの説明があった。
そして、第一三共の敷地の端の方に「品川硝子製造所跡という碑があり、ここも、日本で初の硝子が作られた場所であることが分かった。
確かに、西洋から入って来た工業製品全てについて、輸入に頼らず、できるだけ国内生産ができるよう、多くの人を海外に留学させ、日本に帰ってから工場を作って行ったのが、明治・大正時代の日本だったのだなと感慨深かった。
(ガラスでもペンキでも、一から日本で作るのって、大変だったに違いない。)

d0063149_1232293.jpgそうか、ま、場所はここだけではないだろうけれど、この大崎地域が、日本の工業的西欧化の中心地であったことには間違いないと思った。







d0063149_1256378.jpgその後、品川硝子発祥の地の碑を曲がると、そこは、山手線・新幹線と京浜東北線・東海道本線に囲まれた三角地であり、東海寺大山墓地というところであった。
東海寺はちょっと離れたところにあって、この墓地は飛び地になっているのだが、有名人のお墓が5つもあった。(と言いながら、殆ど聞いたことのない人たちのお墓であったが)
東海寺というのは、徳川家光が沢庵和尚を招聘して創建したお寺とのこと。
ということは、徳川方のお寺であり、明治維新の時、賊軍になったので、多分、明治政府からの要請で鉄道のための土地をずいぶん提供したのではないか、だから、このように色々な鉄道の線に囲まれてしまったのではと想像できた。
(言われてみれば、上野の方も、寛永寺のお墓がある斜面等がずいぶん削られ、鉄道がぐるっと敷かれたわけだが、それも、やはり、寛永寺が徳川方の賊軍だったからではと思うと、やたらに納得ができる。)

d0063149_12352663.jpg
上は沢庵和尚のお墓。
何でも、「私如きの者のために、墓石なぞを立ててくださるな」と言い残したとのことで、お墓の上には、大きな石が乗っていて、それが沢庵石と呼ばれているとのこと。(Iさん)

私は日本史は、受験科目にしなかったので、簡単にしか習っていないし、吉川英治の「宮本武蔵」も読んでいないので、沢庵和尚についても、良く知らなかった。
でも、相当に偉いお坊さんらしい。

d0063149_12355324.jpg次に「井上勝」という方も知らなかったけれど、日本の鉄道の父と呼ばれ、日本の鉄道建設の最初から関わり、初代の鉄道頭(長官?)となった方で、生涯を日本の鉄道建設に捧げたそうだ。
しかし、お墓を巡っている間に、次々と、山手線や新幹線が横を通って行く、大変うるさい墓地であったが、井上勝さんのところに、「生前、自分の墓所として、東海道本線と山手線(現在は新幹線も並走)に挟まれたこの地を選んだのは、死後も鉄道を見守っていきたいという意向であったと伝えられている」とのこと。(そこまで鉄道好きって、すごい!)

d0063149_12362315.jpg他、賀茂真淵さんは名前だけ知っていたけれど、立派な鳥居つきの神道の墓所が国の史跡に指定されているらしいが、とてもすたれた感じであるのは、残念。

その他、西村勝三さんについて、その場で、IさんがIPhoneで情報を調べたら、「日本で初めて靴を作った人」と出てきた。(西村勝三のWikiはなかったが、リーガルコーポレーションのWikiに出てくる)
そうだ、靴だって、明治以降普及したし、何て言っても軍隊は靴だったから、大量に必要だったのだ。
そういうものの一つひとつが多くの人たちによって、この京浜工業地帯の入り口で作られていたのだなと、感慨深かった。
世の中、実は誰それが初めてボタンを作った、ホックを作った、靴紐を作ったとか、色々あるのだろうな~。

それに、ここからは私の勝手な感想なのだけれど、もしかして、大崎・五反田が工業地域として発展したのは、山手線沿線であったことや東海道線の品川に隣接していたということもあるけれど、目黒川という東京湾、しかも外海に近いところに注ぐ豊かな川が隣接していて、原材料から出来上がった完成品まで、水路・海路で運ぶことができたことも大きいのではと思った。(モータリゼーションが本当に普及したのは、戦後だろうから、戦前においては、輸出を含めて、船で運べることは重要なことであったろう)
[PR]

by mw17mw | 2013-11-05 12:57 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)