都立中野工業高校の文化祭に行き損なう

実は、親族の一人がこの中野工業高校と関係があって、この高校には、缶詰やレトルト食品の作り方や原理・ルールを学ぶ「食物工業類型コース」というのがあるとのこと。

何でも、こういう食物関係の工業に関する学科があるのは、東京だけでなく、日本全体で、中野工業高校だけなのだそうだ。

そして、卒業生には、なぜか、落語の木久扇師匠がいることで、有名とのこと。
(そういう経歴があるからか、関係ないのかは不明だが、この方は、オンラインショップで、ラーメンとかおせんべいを売っているようだ。)

そういう学校なら文化祭に行けば楽しいだろうと、先週末の文化祭には行くつもりでいたのだ。
しかし、金曜日から台風が来ていて、天気が悪い。
土曜日の朝、親族からメールが来ていて「明日は一般公開はなくなった」と書いてあったのだ。

で、これが大きな勘違いで、その人は、金曜日の夜にこのメールを発信したので、「明日」は土曜日のことであり、日曜日は、一般公開したとのこと。
しかし、私がそのメールを見たのが、土曜日の朝だったので、「明日」は「日曜日」だと思い込んでしまい、「ま、いいや、来年行けば」と行くのをやめてしまった。

ということで、今年は、その食物工業類型コースの展示物を見ることはできなかったのだけれど、文化祭で売られたものを一通りもらってしまった。
d0063149_12294110.jpg

d0063149_1232122.jpg
d0063149_1232244.jpg
都立高校だから、製造者が「東京都知事」というところが面白い。(ついでに、ラベルに東京都知事の写真を入れればいいのにね<笑>)

こういう食品、文化祭の時にとても人気ですぐ売り切れてしまうそう。
私はまだあんずジャムしか食べていないけれど、素直な味で美味しかった。
商品の後ろの原材料を色々見てみたが、カレーだけは色々入っているみたいだが、後は、結構添加物なぞ少ないと思う。

西武新宿線の野方にあるらしいので、ご近所にお住まいの方は、是非、来年いらしてみてください。
(他に、食べ物関係では、はじめてのソーセージ作りの公開講座が時折開かれるみたい)
[PR]

by mw17mw | 2013-10-31 07:49 | 食材・食材のお店 | Comments(3)

Commented by 大外郎 at 2013-11-02 00:32 x
これはまた、変わった学科ですね。
通常こういう系統の食品加工なんかの学科は
農業系の高校にだけあるものだと思ってました。
東京だと、西亀有の農産高校や杉並の農芸高等、
府中の農業高校などが、来週末に農業祭りらしいです。
実家のほうでも、親父が高校教諭だったので
知人の勤める農業学校のみかんジュースや
解体実習で出た牛肉などを買ってました。
Commented by 大外郎 at 2013-11-02 00:33 x
ついでに食品で検索した全国の高校の学科です。
www.gakkou.net/kou/spc/034.html
Commented by mw17mw at 2013-11-04 09:04
>大外郎さん
貴重な情報有難うございます。
食品工業は日本で一つだけだけれど、農業系の高校に色々な食品関係の学科があるのですね。
全国の高校の検索も皆さまのお役に立つ資料で、嬉しいです。
杉並あたりだったら、行けそうです、研究してみます。