神保町~淡路町、靖国通りフラフラ

先週の土曜日、文京区の皮膚科に行った帰り、白山通りを歩いているうちに、カソリック神田教会の方の路地に入った後、お茶の水の錦華公園の方に出た。
その後、靖国通りに出て、淡路町まで歩いたのだが、結構面白いものが見つかった。

<第三回神田カレーグランプリ>
まずは、「神田カレーグランプリ」のポスター。
d0063149_17221690.jpg
家に帰って、調べると、三省堂あたりで500円で冊子を購入すると、500円のクーポン券がついてきて、どこかで食べれば、元が取れるらしい。
が、予選はそろそろ終わりの時期で、そんな時間はないので、あきらめて、本戦だけ参加するのも面白そうとも思うが、きっとすごい人であろう。

<讃岐うどんの名店の誉れ高い「丸香」の行列>
d0063149_17224990.jpgそして、次が、「うどん 丸香」。
人気があるとは聞いていたが、土曜日の一時過ぎで、40~50人の行列ができていた。
食べたいけれど、一人だと気が紛れないから、並ばない。

その後、神保町の交差点から淡路町方面に向かったのだが、昔からのお店が相当なくなっていた。

柏水堂だけが見つかった感じ。(岩波書店も、神保町の交差点になかったのでびっくり、家に帰って調べたら、裏通りに移転したようで、ほっ。)

それにしても、表通り、チェーン店がずいぶん増えているけれど、ところどころに、個人経営で頑張っているお店もまだ十分あるところが良かった。

d0063149_17231013.jpg<名古屋すし>
小川町になったところの路地を覗くと、何だか、「名古屋すし」の看板が....。
名古屋すしって、な~に? 一瞬入ってみようかと思ったが、お店の前の説明を読むと、通常の土曜日は50円引きだけれど、2,4週の土曜日は150円引きと書いてあり、その日は第三土曜日だったので、50円引き、何だか損をした気分になって、入らなかった。(笑)
家に帰ってから、食べログのコメントを読んでみたら、どうも、お醤油が溜まり醤油であるとか、お酢が通常東京で使うものとは違うと書いてあった。
そして、東京において「名古屋すし」の名前を掲げているのは、この「やっこ鮨」だけだそうだ。
う~ん、一度は入って、色々聞いてくるべきか?(私にそれ程、インタビュー力というか、名古屋と東京の江戸前寿司の違いについての知識はない。ただ、今の江戸前寿司(握り寿司)が発展したかげには、半田で、赤酢が発明されたおかげだというのは聞いたことがある)

<広島かきフライ>
これまた淡路町近くの路地を覗くと、大きく「広島直送大粒カキフライ」ののぼりが...。
思わず、引き寄せられたが、このお店「歓粋亭」は、土日祭日はランチ営業していないのだ...。
ランチのカキフライの写真を見ると、バックにはオタフクソースが写っており、広島のお店なのだと思える。
大粒とは言え、この9月終わり頃でも食べに行ったら、大粒のカキフライが食べられるのだろうか?
ちょっと疑問だけれど、チャンスを見つけて、平日に食べに行きたい。(頑張れば行けないことはない距離)d0063149_1723487.jpgd0063149_17242434.jpg












後、淡路町交差点近く(ということはワテラスからも近い位置)に「つじ田」というラーメン屋あり、家に帰ってから調べると、正式名は、「めん徳 二代目つじ田」らしい。
チェーン店ながらも、ちょっと興味が湧くお店であり、年中無休とのことで行きやすいから、そのうち、行くと思う。
[PR]

by mw17mw | 2013-09-26 06:32 | 飲食店・菓子店 | Comments(2)

Commented by しょう at 2013-09-26 12:30 x
私、つじ田のすぐ近くで仕事してます。
なので、行列具合とか良く目にします。
もちろん、私も食べてます。
ハッキリ言って、私やうちの家族は高評価です。真凛馬さんのようにグルメな舌を持ち合わせていないので、気に入られるかはわかりませんが…(笑)

京都 原了郭の黒七味とカボスを途中から入れて、最後まで味が飽きないです。
黒七味は、こちらで知った位です。

行列しますが、ぜひ一度…
Commented by mw17mw at 2013-09-26 17:05
>しょうさん
わ、それは楽しみです。
大丈夫です、「チェーン店にしては」という基準も持ち合わせているつもりですので。(笑)
途中で、何か調味料を入れて、味を変えるの、大好きです。
是非、早く行かねば...。