五反田界隈-「フランクリン・アベニュー」でハンバーガーランチ

今年の春に一緒に神戸に行った大学時代の友人と、その時以来初めて会った。

半日くらい遊ぶことを前提に、五反田か品川でランチ→御殿山の原美術館→下町に下りて、北品川界隈の宿場町やウォーターフロントの方をちょっと見てみようというプランを立ててみたが、本当に、11時に待ち合わせして、5時に別れたのだから、6時間も一緒に遊んだ。

で、ランチなのだけれど、在品川のメル友さんに相談したら、一番のお勧めは、「フランクリン・アベニュー」とのこと。
ここは、はっきり書いていないのだが、平成の初期に開業した、東京でも高級ハンバーガーの草分け的存在のよう。(そうそう、高級ハンバーガー&レストランハンバーガー)
先日、ボノミーに行った帰りにその前を偶然通って、店員さんたちの感じが良かったこともあり、友人と相談の上、ここに決めてみた。

しかし、電話で確認したら、お昼は予約を受け付けていないとのこと。
じゃ「、何時に行ったら、確実にお店に入れるの?」と聞いたら、「11時開店なので、早い時には、11時半には満席で、お客様をお断りすることもあります」とのこと。

仕方がないので、友人と五反田駅のホームに11時で町わせして、歩いて10分弱のお店まで行ってみたら、全然お客さんがいなくて、4人用テーブルが12個くらいある店内で、私たちが二番目のお客さん。(笑)
その後も、もう2組入って来て、私たちが出て行ったから、多い時でも、3組しかお客さんがいなかった。

ま~、お店の人の情報は、「最悪の場合」を教えてくれただけだから、仕方がない。(もしくは、「こうなったら良いな~」というお店の人の願い?)

友人の観察によると、遠くからわざわざというお客さんではなく、バミューダショーツにサンダルみたいな近所の人がふらっと入ってきたようなお客さんが多かったとのこと。

遠くから行くのに、予約が取れていないとなると、確かに行き憎い。
ただ、お店の雰囲気は素敵だし、ハンバーガーも美味しかった。

このお店、ハンバーガーのダイナーではなく、ハンバーガーレストランを目指しており、その分、高めというか、コーラの缶が550円もするのだけれど、ま~たまにはこういう食べ方も良いなと思えるのなら、とてもお勧めできる。

料理は、ブルーチーズバーガーと、マッシュルームチーズバーガーに決め、それぞれのお皿に半分ずつ盛って来てとお願いした。
私の持っているこのお店に関する記事によると、何でも、アメリカには、マックのようなチェーン店のハンバーガーショップから、高級レストランのハンバーガーまで色々なランクのものがあるらしいのだ。
で、このフランクリン・アベニューのオーナーである松本幸三さんは、5年間ロスに住み、その時の色々な経験で、日本でも、アメリカの「ハンバーガー・レストラン」を開こうと決意、この島津山のお店をオープンしたそう。

アメリカの「ハンバーガー・レストラン」を名乗れる条件はいくつかあるのだが、フォークとナイフを出すこともその条件の一つとのことで、このお店では、フォークとナイフだけが提供され、バーガー袋が出て来ないのだ。

それを思い出して、バーガー袋がないなんて、面倒だと思ったけれど、ま~、どうにかなるだろうと行ってみた。
ここのハンバーガーはとても柔らかいし、バーガー袋で食べるときのように、すべての物をいっぺんに口に入れようとしなければ、フォークとナイフでも、違和感なく食べられることが分かった。
(バンズにハンバーグが乗ったものを切って、口に入れ、その後、野菜を切って口に入れ、みたいな食べ方をしてみた、正しいかどうかわからないけれど)

材料はすべて吟味されていて上質の物であり、胃に優しいハンバーガーであり、満足。
また、一番小さなサイズのハンバーガーを頼んだのが、結構お腹がいっぱいになり、その後、夕方までに何かを食べたいということもなかった。

ただ、ブルーチーズとマッシュルームチーズがテーブルに到着したとき、やはり、ブルーチーズの香りがすさまじく美味しそうだったのだ。
順当に食べるとしたら、味の薄いマッシュルームチーズからなのだが、つい、匂いにつられて、ブルーチーズから食べ始めてしまった。
そうしたら、ブルーチーズを食べ終わって、マッシュルームチーズに手を伸ばしたのだけれど、食べても残念ながら、味を感じなかったのだ。(涙)
やはり、順当に、味の薄い物から、食べるべきであった。

お店は、一軒家の洋館を活かした作りであるし、お料理も丁寧で美味しいので、「たまの贅沢」としてお勧めのお店。
(費用は、それぞれハンバーガー1つにコーラorジンジャーエールに、共通でオニオンリング1皿で、一人2千円弱。)

お店の様子など、詳しくはこちらのアルバムを見てください。

2013-09-14フランクリンアベニューのアルバム

(Google IDがなくても見られるはずです、ただ、それぞれの画像にはコメントをつけておりますので、コメントまで見たい場合は、Google IDでログインしてから、ご覧下さい)
[PR]

by mw17mw | 2013-09-16 06:52 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)