ワテラス界隈-「小田原 魚國」で湘南しらす丼

最近、土日祝日のお昼は、ほぼ外で食べている、その目的は、「一人分を作るのが面倒」ということと「ブログのネタが私には必要不可欠」なこと。(笑)

ということで、先週の土曜日、横浜に出かける前に、ワテラスの魚國に久しぶりに行ってみた。(お店独自のHPはこちら

今回は、1300円のしらす丼を取ってみたが、こちらは、最後にコーヒーか紅茶がつくし、結構、リーズナブル。(と言っても、ワテラスではリーズナブルとか、魚國ではリーズナブルという範疇であり、東京全体で言ったら、そこまでの価値は感じない。<例えば、谷中の魚て津の1200円のランチちらしの方がやはり相当リーズナブル、でもね、ま~、最新鋭のビルの中にある場合、どうしても、リーズナブルに限界があることは確かだし、そこを理解しないと付き合えない。)
d0063149_1750375.jpg
釜揚げシラスと生のシラスが乗った丼の量もたっぷりだし、さすが品質が良かった。
(ご飯は相変わらず温かかったけれど、釜揚げシラスが一面に敷かれ、その上に生のシラスがちょっと乗っている程度だったので、殆ど生魚の海鮮丼と違って、御飯の温かさが気にならない。)

何で味付けしてあるのか良くわからないが、「味がついているので、しらす丼はこのまま召し上がってください」とのこと。(多分、濃くない程度の醤油?)
更にお好みで、「すりおろし生姜や温泉卵を入れてください」とのことであった。

そりゃ、残ってももったいないから、つい、後半、生姜や温泉卵をしらす丼に入れてしまうが、実は、やはり、私にとっては、「釜揚げしらすと言えば、大根おろしが定番」であり、決して実際に食べているものがまずいわけではないのだが、何だか、食べながら、「大根おろしでこの良質のしらすを食べたかった」と考えていた。(笑&涙)
(残念ながら、「生姜と温泉卵でしらす」は、「新鮮な食べ方」とか「こちらの方が良い」とは思えなかった。)

(ま、このお店とは、前回も細かいところで嗜好に不一致を感じたが、今回も、しらすに、生姜か大根おろしかというところで、また不一致を感じてしまった。なんか、小田原と東京の下町って、近そうで、遠いのね。)

その他に、季節のお刺身がつき、この日は「尾長鯛と黒むつ」であり、このお刺身もとても新鮮で美味しかった。

このお店で、ちょっとお昼でもと言った場合、「湘南しらす丼」が一番リーズナブルでお勧めかも。

d0063149_17563168.jpg他、なぜか、にんにくの醤油漬けもあったし、お新香、お味噌汁もついてきた。
ただ、しらす丼だけでも、どう考えても、塩が強い丼なので、これら出てきたものを全部食べ終わると、結構塩分が強かったかもと口の中で感じた。
そういう意味では、お味噌汁より、お吸い物の方がしょっぱくなくて良いかもとか、もうちょっと工夫してほしい。

そして、最後、アイスでも良いとのことだったので、アイスコーヒーを飲んで、出てきた。
このアイスコーヒーを、ワテラスの他の2Fの本が読めるソファのところに持って行けたら、どんなに良いだろう、が、それは望み過ぎと思って、黙って飲んで、お店を出てきた。

その後、2Fの本が読めるソファのところに行ったら、結構空いていて、1時間くらい、居心地の良いソファに腰かけて、本を読んできた。
[PR]

by mw17mw | 2013-09-11 07:36 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)