冨澤商店の冷凍米麹 &キッコーゴ醤油のお取り寄せ

<冨澤商店の冷凍米麹>
銀座のルミネの地下にある冨澤商店で、米麹を2㎏買って来た。
断熱シートに包んでもらった中に保冷剤を詰め込んでもらって、持って行った保冷バッグに入れて、持ち帰ったが、1時間以上かかったと思うけれど、保冷剤も冷凍米麹も余り解凍されていなかった。
d0063149_003382.jpg
見た感じ、北千住で見た時は、万寿喜屋さんと同じくらい、ディープに発酵している感じの米麹であったが、有楽町で見た時は、そこまでディープには見えなかった。(神田よりはディープな発酵には見えたけれど)
でも、実際に解凍して、置いておいたら、とても香りがフルーティで良かったし、冨澤商店の富山産の米麹は良い感じ。

私が以前、東京都内の米麹の研究をしたとき、その研究をされた方から、亀戸の佐野みそ店の米麹が推薦された、私としては、冨澤商店かな?

そういえば、有楽町の冨澤商店に着く前に、「美味しい山形プラザ」でも、米麹を見たのだ。
そうしたら、山形のは、冷蔵で、冨澤商店は冷凍だったので、冷凍の方が価値が高そうに見えたし、以前買ったことがあって品質の高さがわかっていたので、冷凍の方を買うことにした。
(ま、次回以降、山形の冷蔵米麹を買ってみても良いと思う)

<キッコーゴ醤油のお取り寄せ>
キッコーゴ醤油って、楽天等でも取り寄せできるみたいだけれど、近藤醸造から直接取り寄せるのと、ずいぶん価格が違うみたいなのだ。
それでも、高い方の商売が成り立っているって、私からすると相当不思議。
(近藤醸造では、1リットル525円なのに、楽天の方は、682円くらい?)

というケチなので、商品も送料も安い近藤醸造から、お醤油を取り寄せてみた。
(送料もあれだけ重い物なのに、420円、後箱代が105円かかったけれど、この程度なら十分安いと思った。)

最近、私は余り料理をしないので、まずは、キッコーゴ近藤醸造に電話して、「今注文したら、いつの賞味期限の醤油が届くか」と聞いたら、「おおよそ2年後」とのことなので、2年なら使い終えるだろうと安心して、1リットル入り丸大豆しょうゆ5本に、めんつゆの小1本を注文。
d0063149_011934.jpg
頼んだ次の日の夕方には到着したので、さっそく、三升漬けを作った。

この晩、私は最近、ちよだ鮨の「かっぱ巻き」が好きで、良く買ってきて食べているのだけれど、ちよだ鮨のかっぱ巻きには、キッコーゴのお醤油は上品すぎて、ヒゲタの普及版の方がくどくて合う気がした。
キッコーゴのお醤油にはやはりもっと上等なお刺身に合いそうな味。

その他、めんつゆは、味見したら、結構甘みが強い感じ?
原材料を見ると、「本醸造醤油・砂糖・醗酵調味料・かつおぶし」と書いてある。
そうだね、一番感じる甘みは、確かにお砂糖のもの。
悪くはないのだけれど、できれば、「砂糖・醗酵調味料」が「味醂」だったら、もっと美味しいと思う。
その点、惜しい。
また、近藤醸造のHPの商品紹介では、こういう製品の原材料がわからない点、不親切。
でも、まだ、これを使って何か作っていないので、評価できない。
[PR]

by mw17mw | 2013-08-31 06:28 | 食材・食材のお店 | Comments(0)