鳥越界隈-三回目の「丸山吉平」ロースカツ定食

ある平日、弟がお勤めを休んで家にいるようであった。
本当は、甥たちを連れて行ってあげたいと思っている近所の丸山吉平というとんかつ屋さんなのだが、今日、私が弟を連れて行ってあげれば、絶対、気に入って、次回、弟が息子たちを連れていくだろうと予想が立ったので、弟にご馳走することにした。(笑)

d0063149_2245148.jpg一度目の丸山吉平も、二度目の丸山吉平も今年の2月だったのだ。
その後、一度甥1を連れて行ったら、お休みで入れなかったことはあったけれど、ずいぶん行っていなかった。

行かなかった間、どんなふうに変化したのかの興味もあり、着いてからまじまじとお店を見た。
そうしたら、まず、入り口に貼っていある紙に「事情により、料理提供までのお時間が大変長くかかります。お急ぎの方は、入店をお控えくださいますようお願い申し上げます」と書いてあるし、「原則月火の定休日以外にもう一日休みがあって、営業時間が、11:30~14:00」であり、う~ん、これだけ見たら、「このお店、よくやっていけるな?」と不安を感じてしまう。(笑)

そして、券売機が導入されていたし、以前は、奥さんらしき人が給仕していたけれど、この日は、若いご店主一人で料理から給仕から後片付け、全て行っていた。
d0063149_2243451.jpg
券売機を見ると、以前は、カツカレーとロースかつ定食が二枚看板だったけれど、カツカレーがメニューから外されていた。(残念、早く食べておけばよかった。)

で、食べログを読んだのか、前を通ってそういう知らせを見たのか忘れたが、値上げしたような記憶があったが、そんなことはなく、平日(月-金)のロースかつ定食ランチは、千円、土日は、1200円であった。(その他の部位のかつも同じで、月-金の平日ランチは、200円安)

それを二つ注文して、10分くらいして、運ばれてきた。
d0063149_22443483.jpg
弟には、私の御飯半分と、とんかつの小さい方を3切れくらい食べてもらった。(画像はご飯を減らした後のもの)
また、画像では、御飯とお味噌汁が手前だから大きく、向うにあるとんかつが小さく写っているが、実際のとんかつはもっとずっと大きい。

とんかつの大きさ・肉の厚さ・肉質、揚げ方等、以前と変わらずとても良かった。
また、大きく進化していたのは、キャベツの千切り、以前より美味しくなっていたこと。
反対に、御飯は、問題はないのだけれど、以前のように「感激するほど」の美味しさではなくなっていたのは残念。(あ、でも、今の時期、昨年採れたお米が一番古い時期かも)

で、弟は、お店は明るくて素敵だし、とんかつ自体、千円にしては厚みがあってリーズナブルで、本当に気に入ったよう。

私が食べ終わったころ、弟のお皿には、まだ、とんかつが三切れあったのだが、弟が、「ご飯をお代わりすることに決めた」とのこと。
そして、立ち上がったのだけれど、券売機で自分で「ご飯(お代わり)」(100円)を買って来て、お店の人に今までのお茶碗にご飯をよそってもらっていた。(初めに券売機で兼を買う時点で、ご飯のお代わりをチェックしていたのはすごい!私は大盛りごはんの存在しか目に入っていなかった。)
考えてみれば、最初に私のご飯半分あげた上に、お代わり、すご~い!

それでも我が弟は、最後の方、とんかつを塩で食べていたが、それは、ソースで食べると、より沢山ご飯を食べたくなるから、お塩にしていると言っていた。(全てソースで食べたら、再度お代わりだったかも)

ということで、我が弟は、とてもこのお店が気に入り、自分の息子二人を是非連れてきたいとのこと、めでたし、めでたし。
[PR]

by mw17mw | 2013-08-25 06:43 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)