新御徒町界隈-てっぱん大吉で家族宴会

d0063149_18282961.jpg今、妹が中国から戻っているので、今年の春就職した甥1が、初ボーナスで、自分の両親・弟と同じビルに住んでいるおばさん2人に、ご馳走してくれるとのこと。

予め概要を聞いたら、予算が2万円なので、もんじゃ焼きかお好み焼きのお店を考えているとのこと。
そこで、おばちゃんは、食べログなぞをチェックしてみたら、家からすぐのところに4年前にできた「てっぱん 大吉」というお店が、上野・浅草のお好み焼き部門で1位もんじゃ焼き部門で2位だったので、「ここに行ってみたい」と提案したところ、家からとにかく近いということもあり、受け入れられた。(夜の部で検索した場合の順位、総合だとまた違う)


d0063149_18292722.jpg(そして、このお店、新御徒町で成功したからか、繁華街としての浅草に第二号店を出したみたい、こちらの方が新御徒町界隈以外の地域に住んでらっしゃる方には行きやすいかも)

しかし、この前まで、アブアブ言っていたり、小学生だったり、こちらが面倒をみていたという記憶が色濃く残る甥1がご馳走してくれるなんて、「そんな日が本当に来たのだ...」と感無量、こちらも気を遣ってしまった。
甥1の父である私の弟は、甥1に過分な負担をかけないように、集合時間の30分前から、我が家でアルコールを飲み始めていたし、伯母である私は、もんじゃ焼き屋だとデザートがないかも知れないし、二次会もなく、まっすぐ家に帰るだろうからと、スーパーからジャンボチョコモナカを買っておいて、家に帰ってから、弟家、妹家に配るように準備した。

このお店、結構広いのだが、一応席だけの予約を取っておいたが、何でも、6人用のテーブルは1つしかないとのことで、予約を取ったのは正解であった。
日曜日の夕方、結構沢山の人が訪れて盛況なお店であったが、やはり、「リーズナブルでそこそこ美味しい」ので、家族連れに大人気という感じであった。(本当、新御徒町界隈のヤングファミリーには願ってもないお店だと思う)

実際食べてみたのだが、てっぱん大吉は、殆どのものが美味しかった。(化学調味料の味とか余り感じなかった。)
今まで、大人になってからもんじゃは2,3回しか食べたことがなかったが、今までで一番味が水っぽくなかったもんじゃのお店であった。

また、値段的にも、以前甥たちが小さい頃、月島に年に一度家族で食べに行っていた甥母によると、「月島は何をとっても千円が基準だから、ここはその半分で済んで、安い」とのこと。
そういう有名観光地のもんじゃは、確かに品質にもこだわっているから高いのだろうけれど、場所代とかも相当値段に反映されているような気がする。また、「観光地値段」という言葉もあるけれど、確かに、土日祭日にしかお客が来ない地域の料理の価格は高い。
その点、新御徒町は、観光地ではないので、観光地より家賃も安く、実質本位な土地柄。

あ、でも、このお店、お店の前の看板に、「生ビール390円、サワー類290円、ソフトドリンク190円」とか書いてあるけれど、中に入ると、もう一つメニュー表があって、表の看板に出ている価格は、「消費税抜き」の価格だとわかる。(笑)
ま、この点、ずるいけれど、それでも、他のお店に比べたら安いから、許してしまう。

食べたもの
d0063149_18314037.jpgまずは、もんじゃ
    大吉もんじゃ....オーソドックスな味
    梅そばもんじゃ
      食べログのTomitさんが褒めていたので、
      取ってもらった。
      梅肉が入っているので、ほんのちょっと酸味が
      添えられてそれはそれで美味しい。
      でも、しょせん、量は食べられないタイプの味
      かな?
      2,3種類の1つとして取るのがお勧め
   スタミナもんじゃ
      コンビーフ、じゃがいもなぞのボリューミーな
      具材が多く入ってお腹が膨らむタイプ。
      これだけ1239円で量が多かったけれど、
      もんじゃは中々お腹が膨らまないものが多いから、
      最初に、これを取るのは良いと思う。
      (味は別にこれといった特徴を感じなかった。でも、普通に美味しい)

d0063149_18321237.jpg次は  お好み焼き
    牛そぼろ+ねぎ
      昔、牛の挽肉のお好み焼きを食べた覚えがある
      ので、懐かしかったが、牛の挽肉の甘みを
      生かした味付けではなく、ちょっとしょっぱい
      味付けだったのは残念。

    明太子+チーズ+お餅  まあまあ普通に美味しい

焼き物...鉄板焼きは、焼きそばの具として一緒に炒めたいものを頼んだつもりだったのに、具材の方が先に来て、食べ終わったころ、焼きそばが来たことが残念。

    魚肉ソーセージ 量はたくさんであった、味的には、カルビーギョニックスの方が昔の味、
               こちらの魚肉ソーセージはほぼ癖がなかった。
    とんとろ      TOMITさん推薦で取ってみた、普通に美味しい。 
    イカゲソバター  普通に美味しいし、量が多くて良い。
    焼きそば2人前  揚げ玉とか野菜が少々ついてきた。
                醤油とウスターソース、どちらの味付けにしようか迷ったが、ウスターソースにした。
    焼きおにぎり3つ  焼きおにぎりは多分冷凍を解凍したものだと思う。

再び もんじゃ
      イタリアンもんじゃ&担々麺もんじゃ
         この2つでは、担々麺もんじゃの方が美味しいと評判であった。
        
これに、飲み物色々で、6人で14750円だから、一人アバウト2500円で済んだ。

お店は日曜日の夜、3人の店員さんで回しているようで、店員さん大忙しであった。
また、最初は、焼いてくれて、焼き方を教えてくれるけれど、その後からは自分たちで焼くみたい。
ま、我が家なぞ、皆、それぞれ、もんじゃやお好み焼きを焼く機会のある人ばかりだったので、皆で手分けして交代しながら、和気藹々、美味しく食べることができた。
後、焼き方の他、ガスの火加減が結構重要で、これを弱めたり・強めたりが結構忙しかった。

またテーブルには、もんじゃ・お好み焼き・焼きそばを焼くのに必要な調味料はすべて揃っていた。
(ただ、お好み焼きに関して言えば、関西風?なのかな、何風なのかは良くわからなかった。)

他のもんじゃやさんやお好み焼き屋さんに余り行ったことがないから、比較できないが、近隣の皆さんが、気軽にちょっと飲みたい時にとても良いお店だと思う。

何か、今後、妹が中国から帰って来た時、自分で作るのも面倒だし、他のお店は高いしで、「てっぱん大吉が安くてちょうどいいわ」ということで、ここでばかり、家族宴会を開くことになりそうなところが怖い。(笑)

<念のため>
それと、わざわざ断っておくが、私にとってもんじゃ焼きは、故郷の味も何でもないのだ。
家でもんじゃ焼きを作ったことも食べたこともなく、家の近所にもんじゃ焼きのお店もなかった。
唯一あったのは、小学校近くのじいさん・ばあさんがやっていた駄菓子屋さんの奥の部屋、そこで、10円だか、20円だか払うと、もんじゃ焼きを出してくれて、自分で焼いて食べた。
結構好きだった。

この大吉さんでは、焼いてくれる人が、キャベツなぞをヘラで刻んで土手を作って、小麦粉の薄い汁を流す時に、「月島では土手を越さないように汁を流す」と言った後、「このお店では」と言ったのか「ここらへんでは」と言ったのか、忘れたけれど、土手を超えて汁を流してしまうと言った。
ま、どちらでもいいけれど、我が家のある地域流の「もんじゃの作り方」なんて、絶対ないのである。
(もんじゃが下町の味と言われる下町というのは、荒川以北であるという説を聞いたことがある、でも、それだと、月島はどうなっちゃうの?という疑問は残る)
[PR]

by mw17mw | 2013-08-20 07:38 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)