馬喰町界隈-「フクモリ」で初ランチ

私は今日からお店を閉めて、お盆休み、でも、どこかに旅行に行くなぞの予定はなく、近隣をフラフラしようと思っている。

d0063149_10561078.jpgで、昨日はまだ休みではなかったのだけれど、朝のうち、人形町方面に、いつも行けそうで行けない日曜日お休みの飲食店のお盆休みをチェックしに行ったのだ。

そうしたら、ずっと以前から一度は行かなくてはと思っていた馬喰町にあるフクモリさんが14日からお休みとのこと、だったら、昨日13日もお店を開けたものの誰も通らない状態なので、弟にお店番を頼んで、食べに行くことにした。(ま、ここは、そんなことしなくても、土曜日営業しているので、普段でも行けるのだが、「思い立ったが吉日」なのだ。)

(フクモリさんのHPは、こちら

12時半頃お店に着いたが、4人待ちで、10分もしないうちにお店に入れた。
お店は、広くて明るくって、天井が高い。
というか、天井がなくて、色々な管がまる見え、その分、天井が高い。

メニューはこちら。
d0063149_10141245.jpg
ランチメニューは3つで、お肉か魚か、だだちゃ豆のコロッケ?
だだちゃ豆のコロッケにも惹かれたが、やはり、揚げ物よりお肉かな、否、揚げ物と言っても、中身に動物性のものが入っていなければ、カロリーは低いかもと考えたのだが、良くわからないので、お店の人に聞いてみた。
そうしたら、「揚げ物の方がカロリーが高いと思います」とのこと。
ま、本当のところはわからないけれど、その言葉に従い、豚肉に決めた。(魚の西京焼きは食べたくなかった。)

メニューを見ると、ご飯とお味噌汁は1回だけお代わりができるし、サイドメニューに、納豆・塩納豆・紅花卵がある。
紅花を餌にした鶏が生んだ紅花卵、食べてみたいな~と思うが、メニューに「白いご飯」がない。
ということは、何かセットメニューと一緒に卵を取り、ご飯をお代わりして食べるしかないのかな?
それだと、私には量が多過ぎるな~とイジイジ考えてしまった。
でも、今回はしなかったが、次回来た時、「お土産に紅花卵を一つ買えないか」聞けばいいのだ。
もし、売ってくれるのなら、次の日、自分の家で、卵かけ御飯が食べられる。(持ち帰りはダメと言われる可能性もあるが)

こちらが、「豚のグリル定食」
d0063149_10211815.jpg
ご飯は、山形のつや姫らしい、それにお味噌汁。
「ポークのグリル」の他、青物が小松菜(多分)のお浸し、おかひじきの他、お漬物少々、それに、「だし」というのだろうか、きゅうりを細かく切ったものを塩こうじで和えたようなものが乗っている冷奴。

全て真っ当な食材を使って、素直に調理した料理だと思ったが、ご飯は、普通の白いご飯だし、思ったより、自然派というか、自然志向ではない印象。
(例えば、このお店の近所の昔からの居酒屋さんがこのお店で使われているようなモダンな食器にお刺身定食や煮魚定食を盛って出したとしても違和感がない、このお店の親戚のように感じるのではないかと思った。)

(後、ご飯のつや姫が固めの炊き上がり、私がつや姫を食べるのはこれで二回目なのだが、どうも、私とつや姫は相性が良くない。一度も美味しいと思ったことがなく、私みたいな昔のおばさんには、コシヒカリが一番)

テーブルの上には、何の調味料も置いてなくて、青物等には、薄く味がついている感じなのだが、食事中には味が濃いという感じがなかったし、青物は殆ど塩味がついていなくて、豚のグリルは味が濃かったので、リズムがあっていいなと思って食べていた。
ただ、豚のグリルにかかっているソースやお漬物の味が濃いせいか、食べ終わると、やっぱり、東北らしく、味が濃い食事であったかなという印象が残った。

おかひじき、初めて食べたけれど、コリコリしていて美味しくて気に入った。
また、小さな冷奴とその上に乗っているだしも美味しかった。(だしはこのお店で売っているものが使われているよう)

思ったより、自然志向や健康志向の飲食店ではなかったけれど、若い人に受けている理由は良くわかった。
お店全体がすっきりきれいだし、真っ当な材料で素朴な料理ということかな?
(私からすると、もうちょっと「このお店ならではの料理」が欲しい気がする)

もらってきたパンフレットには、

     「福+盛=フクモリ

     「フクモリ」は一人でも立ち寄れる「カフェ兼定食屋」です。山形の3旅館、湯の浜の「甕や」、

     天童温泉の「滝の湯」、かみのやま温泉の「葉山館」による和食のノウハウと山形の自然が

     育んだ食材をいかした新しい『カフェ定食』。山形のプレスルームとして食を通じて

     発信していきます。

     昼は週替わりの定食、カフェタイムは美味しい珈琲とスイーツ。夜は地酒と共に

     山形県産の食材を存分に、安心で美味しいご飯を美味しい空気を吸い込むように

     心地良く。

     ひとりでも、ふたりでも、たくさんでも。」とのこと。

家に帰ってから、「フクモリ 馬喰町」で検索したら、「馬喰町に山形の食材を使う定食屋さんがオープン!」が出てきて、このお店ができた成り立ちがわかった。
そしてこのお店の特徴は、「山形の食材を使う定食屋さん」なのだ。
(だから、多分、お肉と野菜はすべて山形産のものかな?お豆腐はどうなのだろう?美味しかったけれど)

14日から18日までお盆休みで、確か、19日は貸切とか、夜から営業とか、19,20日くらいは変則的な営業のようだ。

すごく良いという程には感じなかったけれど、中々良いお店だし、存在価値も受けている理由も良くわかる。
私は次に行くとしたら、だだちゃ豆のコロッケを食べて、紅花卵を買ってきたいと思う。
[PR]

by mw17mw | 2013-08-14 10:49 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)