浅草界隈-リンガーハット

この前の日曜日、浅草の松屋の上にできた「EKIMISE」というモールの中のエスペランサという靴屋をチェックしたい用があった。

エスペランサは、上野のABABの一階にもあるのだが、浅草とは全くおいてある品が同じ店とは思えないくらい異なっている。
すなわち、上野は若向き、浅草は中高年向きの品揃えなのである。
で、上野で、ディスカウント率が大幅なバーゲン状態なので、浅草もチェックしに行く必要があったのだ。
(でも、残念ながら、先週時点では、ディスカウント率が30%だった。今週末再度行ってみよう)

そのついでに、浅草でお昼を食べるとしたら、何がある?自分は何が食べたい?と考えてみた。

そうしたら、冷やし中華とか、冷やし坦々麺、冷麺とか、中華か韓国の冷たい麺が食浮かんできた。
(何で、日本蕎麦は頭に浮かばないかというと、お酢っぽいものが「食べたかったのかも知れない)

でも、浅草の中心部に、「一人で入って適量を食べられて、しかも確実に美味しい中華屋さんやファミレス」が思い浮かばなかった。

d0063149_9511261.jpgちょっと外れるけれど、浅草の地下街にある「モンティ」というタイ料理屋なら、入っても良いかなと思って近寄ってみたが、やはり、人気店で行列ができていた。(向いのベトナム料理のオーセンティックも)

で、松屋の向い側を眺めると、叙々苑があったので、冷麺があるかもと近寄ってみたら、「叙々苑キッチン」というお店で、基本、焼肉弁当の持ち帰りがメインのお店のようで、お店の前のメニューを一生懸命見たが、冷麺がないのだ、残念。

d0063149_1004875.jpgでも、その2軒くらい隣に、「リンガーハット」があって、ここは、安い冷たい麺がありそうなので、入ってみた。
そうしたら、このお店、一番良いところは、生ビールが安いところだと思ってしまった。
ジョッキではないのだけれど、小と中があって、小が250円、中が290円。
だったら、当然中でしょうと思う。

ま~、他のファミレス等に比べたら、とても安いけれど、多分、ファミレスの中ジョッキに比べたら、このお店の中は量が少ないかも知れない。
それでも、私のように、「生ビールに量を求めないタイプ」は、絶対的単価が安い方が嬉しい。

食べた冷たい麺は、「夏とくひやし麺」(麦味噌チキンスープ味)450KCALに、餃子3つ付けて、生ビール中。’(笑)

ま、安いチェーン店だから、期待してはいけないのだが、生ビールも含めて安いと思えば、そこそこ利用できると思う。

d0063149_952666.jpgまず、ビールを頼んだら、どちらかというと、餃子と麺料理だったら、餃子が先に出てきた方が嬉しいが、麺料理が先に出てきた。
そして、この「夏とくひやし麺」という麺は、上に、火の通った冷えたキャベツの太い千切りが乗っているのだが、何だかは、こういうものって、全体余りに冷えすぎているから、ずっと冷蔵庫でスタンバイしていたのかしらねと思ってしまう。ま、でも、安いし、麺に味があるからま、いいかである。
麺は、きっと、長崎ちゃんぽん用の麺なのかな、太くて、味があった。

この冷たい茹でたキャベツどっさりの上に、麦味噌がちょこっと乗っていて、それを伸ばして食べるようだ。
しかし、ゆず胡椒も出てきたので、ゆず胡椒をこの麺料理に足して食べたら、美味しくなった。
(家に帰ってから調べると、リンガーハットさんとしては、餃子用にゆず胡椒を出してくれたみたい)

そんなに「美味しい!」という程ではないけれど、生ビール安いし、メニューにカロリーも載っているし、余り行ったことのない地方のファミレスだし、色々試して、飽きるまで遊べそうな気がする。(リンガーハットは、アメ横にもお店があるのだが、あちらは何だかゴミゴミしたイメージがある。しかし、浅草は結構店内も広いし、感じが好き)

また、長崎のチェーン店ということで、東京にはない、長崎の地元ならではのメニューや調味料もある。
先日は食べ忘れたのだが、長崎の食べるミルクセーキという流動体ではないデザートも用意されていた。

そのうち、食べてみなくては。

<追記>
ファミレスの生ビールなのだが、サイゼリヤが、バーミヤンやデニーズに比べて100円くらい安いのだが、全然なっていなくて、常温のジョッキに注いでくるから、全然美味しくなかった。
その点、バーミヤンやデニーズは、ジョッキが冷えているから良いのだけれど、高いから余り行かない。
(というのは、3年くらい前の体験談であり、今はどうだか確かなことはわからない)
[PR]

by mw17mw | 2013-08-15 10:03 | 飲食店・菓子店 | Comments(1)

Commented at 2013-08-16 16:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。