ワテラス界隈-「小田原 魚國」で海鮮丼

さて、次の日は、「小田原 魚國」に行ってみた。
ここは小田原で有名な料理屋まで経営する魚屋さん「魚國」さんが満を持して東京にオープンした支店らしい。(食べログはこちら

ワテラスのお店は、皆新しくきれいだが、その中でも、一段ときれいなつくりの良いお店。
お肉より魚主体のお店の方が中高年には向くとのことで、このお店が良かったら良いなと淡い期待を持って入ってみた。
d0063149_1936363.jpg

ここは、「湘南シラス丼」1300円が一押しであり、人気らしい。
しかし、一日限定10食の「小田原魚國 海鮮丼」1800円にも興味が湧いた。

どうせならと限定の海鮮丼を取ってみたが、結構熱い白飯の上に、新鮮なネタを盛った海鮮丼が出てきたので、残念ながら、私と生魚に対するセンスが合わないと感じた。(この出し方が小田原流であるのかは不明。もしかして、東京だけがこのような出し方をしている可能性もあるような気がする)

というか、こういう温かいご飯に冷たい新鮮な魚のお刺身を乗せたものが目の前に出されて、それを口にして初めて、「私は、温かい御飯の上に冷たい新鮮なネタを乗せた海鮮丼は嫌いなのだ、これだったら、御飯とお刺身を別にしたお刺身定食の方が好み。もっと言えば、御飯が常温以下であるちらし寿司がベスト」なのだと思った。

ちらし寿司がベストと思うところは、もしかしたら、江戸前寿司が郷土料理である東京の下町育ちだからかもしれないと思う。
隣同士と言いながら、もしかして、神奈川県は、東京下町ほど、お寿司が生活の中に入っていないから、ちらし寿司でなく、海鮮丼なのかもと思った。

(それにしても、生魚のお刺身を熱いご飯の上にずっと乗せたものを美味しいと思う人もいるのかなと思うと不思議。
たまに、握り寿司で熱めの寿司飯に冷たいネタを乗せたものを食べた覚えはあるが、その時は、握ったらすぐ出されて、寿司飯暖か&刺身冷たいままで食べたので、別にまずくはなかった。)

確かに、例えば、しらす丼ならば、私だって、熱々の御飯に、湯がいて水けを絞ったしらすを大量に乗せて食べる、と思ったのだが、このお店は、しらす丼には、釜揚げしらすと生しらすが両方乗っているらしい、果たして、御飯は熱いのか、冷たいのか、ちょっと興味はある。(が、先日、二三度、マネージャーさんと話して顔を覚えられてしまったので、もうちょっとほとぼりが冷めるまであのお店には行けない)

下画像が一日限定10食「小田原魚國海鮮丼」のセット。
d0063149_20271535.jpg

d0063149_20273391.jpg
金箔はきれいだけれど、不要。
ご飯の量も大したことなく、魚はすべて新鮮なのだろうけれど、これも、1種類あたり、お刺身一切れくらいしか乗っておらず、量が少ないとは言わないが、「たっぷり」という感じもしなかった。(それと、これも、東京下町風の価値観かも知れないが、こういう生魚というのは、やはり、大トロ・中トロが揃っていての生魚と思ってしまう、小田原の地魚は、新鮮で美味しいのは美味しいけれど、地味な感じ)

そして、宴会料理なのだが、このお店、何とかご膳とか、松花堂弁当の形式のセットものの他は、会席料理になるとのこと。
会席料理は、夜で6千円、8千円、1万2千円とのことだが、お昼なら、同じような内容でもっと安くできるとのこと。

だったら、どうしようかなと思ったのだが、何だかこのお店とこちらのやりたいことをすり合わせるのは結構面倒だと思った。

というのは、何とかご膳とか、松花堂弁当というものは、一度に、先付から御飯まで運ばれてきてしまう形式であり、お酒が出る宴会には向かない。
しかも飲み放題は、会席料理の時のみとのこと。
また、飲み放題にも、価格により3種類あり、2千円、2千5百円、3千円とあり、ま、普通の飲み放題のレベルのものは、実質3千円と見た。

何て言うのか、このお店、できたばかりだし、初めての支店だし、損をしたり、赤字を出すのは困るしで、お殿様商売とは言わないけれど、まだおっかなびっくりで営業を始めたばかりという感じ?
また、元々、良いものを高く売れるお店なのだろう、他のお店に比べて、まだ、何というか、全体のコストを下げる努力をする前のコストが高いままのお店という印象を持った。(だって、飲み放題、一番安いお店が1500円だもの)

ま~、ここでケチをしないで単価の高い宴会をお願いすれば、きっと良いものになると思うけれど、そこまでの予算が組めないし、熱いご飯の海鮮丼を出すお店は、私には向かないと判断した。
[PR]

by mw17mw | 2013-07-20 20:37 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)