島津山を通って、五反田から品川まで

お店を出た後、品川駅界隈の高台に住んで、多分15年くらいのお友達が、今まで品川に暮らしているうちに知らず知らずに培った近所の知識を生かし、東五反田一丁目にあるボノミーから東五反田3丁目の通称「島津山」界隈を歩いて抜け、品川駅に抜けるコースを案内してくれた。
しかも、昨日、そのコースをGoogle Mapで開設した地図も送ってくれて、至れり尽くせり、大感謝!
d0063149_22261047.jpg
ただ、この地図は、著名な芸能人や文化人の私邸の位置がはっきりわかってしまうので、ネット上では、差支えない範囲だけを公開。

五反田界隈というのは「島津山」以外にも、通称で「~山」と呼ばれる地域があり、東五反田5丁目は、通称「池田山」と呼ばれ、美智子皇后陛下のご実家があったことで有名だし、「御殿山」という素敵な通称の地域もある。

ボノミーからソニー通りを少し東に進み、清泉女子大に向かう登り坂の路地に入ると、閑静な高級住宅地。
(高級住宅地と言っても、本当に都心型で、芦屋や成城みたいな外から見ても平屋と庭が広がるという感じではなく、、中を見せないために、表面をなるべく強固に高くしたお家が多い気がした。)
その中に、二軒ばかり、上品な看板が目立つお家があったが、「ヌキテパ」と「フランクリン アベニュー」、確か、両方とも、素敵なお屋敷を改造したレストランだと思う。
わ~、以前から、行ってみたかったけれど、場所がわかって、益々行きたくなるかも。

その後坂を上っていくと、左手にこんもりとした森のようなところが見えたが、それが元島津侯爵邸の清泉女子大とのこと、相当きれいそう。(この記事によると、事前にd0063149_17595188.jpg申し込めば、内部を見せてくれるみたいだ。)

d0063149_1802646.jpgその後、どこかを右に曲がったら、これまた、高級住宅地とは似つかわしくない、文京区にあったら似合いそうな昭和の香りのする古い坂道に出た。
高級住宅地の中の古めかしい階段道路というのも、味はあるし、タモリさんの本に出てきそう。
自動車も通らないよう階段であり、区役所もお金をかけてどうのこうのしようという気が起きない、安全だったら、そのままにしておくかみたいな階段であった。(今度、昼間に探検したい)

その後、一代で若い時から中年までずっと大成功した芸能人のお宅、先祖伝来、文化とお金に不自由しなかったと思われる文化人のビルを二軒教わって、やはり、ここらへんに住むということは、先祖伝来お金持ちか、余程の成功をしないと無理と思った。(笑)

ここまででも、このお散歩は変化に富んでとても楽しかった。

d0063149_1805835.jpg少し歩いてから、もうちょっと行けば、高輪プリンスという手前に、ゲートのある地域があって、そこに入ったのだが、そこは、品川プリンスの敷地であった。
品川プリンスの中には、水族館、シネマコンプレックス、フードコートなど、最新の設備が揃っていて、一大テーマパークで楽しそうなところであった。
ま、フードコートあたり、余り美味しそうなお店は入ってなさそうな感じであったが、高輪プリンスはオーソドックスな昔ながらの高級ホテル、品川プリンスは、家族で楽しめるテーマパーク的ホテルを目指しているのかなという感じ。
ずんずん進むと、結局は、品川駅前に出て、ようやく、品川駅と高輪プリンスと品川プリンスの地理的関係が頭に入った感じ。
d0063149_1811895.jpgやはり、こういう散歩は、詳しい方に案内してもらうに限る。

この次は、10月に、平井のコバヤシに行く予定。
[PR]

by mw17mw | 2013-07-02 18:03 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)