大阪・神戸センチメンタル・ジャーニー-大阪・甲子園口の風景

最初から何だけれど、これは、御堂筋線淀屋橋のホームの剥き出しの蛍光灯。
私は昭和の終わりころ大阪にいたのだけれど、その時と同じ風景。
この何気ない剥き出しの蛍光灯なのだけれど、東京から来た友人や会社の同僚からけなされてばかりいた。
どうも、東京人は、蛍光灯はカバーして隠すのが当然だと思っている人が多いようだ。
大阪人は、この画像を見てもわかるように、どうにか、カバーなぞにお金をかけないで、きれいに見せようと並べ方に工夫する価値観を持っているよう。
d0063149_224552.jpg
この淀屋橋の剥き出し蛍光灯のホームは全然変わっていなかった。しかし、新しく改装された大阪駅では蛍光灯はすべてカバーで覆われていた。方向的には、蛍光灯はカバーされていくのかな?

d0063149_229033.jpg大阪に行って、「私は東京人だ」と自覚したのは、エスカレータにさりげなく乗る時。東京からほとんど出ていない私は、当然のように、左手を左側のエスカレータのベルトに置いて、左側に並ぼうとしてしまう。
でも、関西では、右側に並ぶんだよね、だから、気づくと、一人、はみ出ていることになる。(涙)
一日目はついつい東京流になっていたが、二日目からはだんだん関西風になってきた。

後、良かったことは、大阪でも神戸でもSuicaカードが使えたこと。
使えたと言っても、最初の頃、使うと機械に拒否されて、スムーズに使えなかったりすることもあったが、駅員さんのお世話になることもなくとにかく使えた。
これはとても楽で便利であった。

d0063149_2213697.jpg
久々行った大阪駅は、昔青空だったところに様々な建造物ができていて、すごく変わっていた。
私は、神戸線で通勤していたのだが、昔は、ホームに郵便ポストとかあって、のどかだったのだけれど、今や最先端のホームになってしまった。
でもね、構造物はずいぶん変わったのだけれど、改札を出て、何歩くらい歩けば、御堂筋線への階段にたどり着くとか、同じく、何歩くらい歩けば、大丸梅田店に行くとか、その感覚は変わっていなかったので、やはり、「昔なじんだところだな」という感じはあった。

この駅ビルのような新しい商業施設ルクアの中のおトイレRELAQUAを利用したら、何と、最近流行しているらしい「美トイレ」で、あまりの美しさにびっくり!(東京にもあるらしいけれど、まだ、巡り合っていない)

d0063149_22175963.jpg
これは、大阪駅前の歩道橋から、多分、阪急三番街の方を見たところ。
なぜだか、あのゴミゴミした大阪駅前に観覧車があった、神戸に行っても観覧車があったけれど、関西の人って、何気に、関東人より、観覧車が好きみたい。

d0063149_22192654.jpgこれは、昔住んでいた、JR神戸線の各駅しか停まらない「甲子園口」という駅。(ここから、南に行くバスに乗れば、甲子園球場に行ける。)
神戸線は、尼崎の方を通って、武庫川を渡ると、甲子園口で、その先、西宮・芦屋と繋がっていく。
久々、神戸線に乗ってみたら、尼崎とか武庫川までの地域が工業地帯で、昔ながらの工場が並ぶ風景で、武庫川を渡ると、がらっと雰囲気が変わって、工場がなくなり、緑と素敵な家が続く住み良い住宅街になるみたい。

そういう意味で最近人気があるのか、私が住んでいた頃より、相当住み良さそうな街に変わっていた。
商店街も昔よりお店が増えているみたい。(商店街が活性化しているなんて、珍しい!)

d0063149_22293095.jpg
甲子園口の北口にあった出汁のお店。ペットボトルをご持参くださいとのことで、うどんつゆが1リットル300円とのこと。
こういうお店が東京にもあったらいいのにねと友人と話したが、今回、関西でも甲子園口以外でこういう出汁つゆの専門店は見なかった。

あ、そうだ、甲子園口というのは、ずっと昔のグリコの社長誘拐事件の舞台となったところで、グリコの社長宅が実際にあったのだけれど、今回行ったら、壊されて、平地になっていた。
昔は、お金持ちは、大きなお屋敷を建てるものと相場が決まっていたが、これからは、お金持ちは、お金持ち用のマンションに入って、どこに住んでいるか特定できないようにするのが、お金持ちの流儀なのかも知れない。
その方が安全だものね。
(私は江崎グリコ社長宅から5,6軒離れたマンションに住んでいたのだが、確かに、毎日同じ時間に家を出ると、グリコ社長宅から出てくる高校生の男の子と毎日すれ違うことになり、「彼が将来の若社長かな」とか顔を覚えてしまったことがあった。そういうことを避けるためにも、やはり、巨大高級マンションに住んだ方が良いと私も思う。)

d0063149_22401795.jpg私が以前住んでいたマンションというかアパートにも行ってみたが、阪神淡路大震災で被害に遭わなかったのか、無事建物が残っていた。
私は3階に住んでいて、階段の窓から外を見ると、結構近くに山が見えていた記憶があったのだが、今回、その場所に行ってもあまり山が見えなかった。
何でかなと思ったら、正面の少し離れたところに、以前はなかった高層のマンションができていたのだ。
ち、つまらないの、阪神間の魅力というのは、東京と違って、身近に山が見えることなのにね。
[PR]

by mw17mw | 2013-05-16 22:40 | 東京以外の遠出・温泉 | Comments(0)