めかぶと鮪は吉池?

皆様に色々教えていただき、色々なめかぶを試してみた。
で、私の今のところの結論は、めかぶの旬の時期には、「産地で湯通しされて、細く切られためかぶ」が一番美味しいかなということ。
(茶色くて生のめかぶを自分で湯通ししてみたが、何ていうのか、産地で湯通しされて細切りされたものに比べて、しょっぱく仕上がってしまって、自信を失っている。)

今年初めてめかぶに興味を持ったので、一年間の流れが良くわからないでいる。
だから、旬の緑色のめかぶの細切りが店頭に並んでいる間はそれを購入し、なくなったら、冷凍してある、自分で湯通しして、ミルサーでこまかくしたものを食べ、それがなくなったら、乾燥めかぶを食べるようにしようと考えている。

で、我が近隣のスーパーで、産地で湯通しされて細切りされたものは、結構高かったけれど、なぜか、今になって、吉池の仮店舗では、100g130円で、たいていいつでも手に入るようになったので、良く買いに行っている。
湯通ししたもので、100g130円は安いほうだと思うし、生の自分で湯通ししなくてはいけないものが、100g78~98円だったことを考えると、茹でたり切ったりしてくれて130円というのは、とても納得できる。

しかし、湯通しめかぶは、いつまで売っているのだろう?

そして、吉池に良く行くようになってから、吉池のまぐろ売り場を良く見るようになった。
そこで気がづいたのだが、吉池は、サクか、ぶつ切りで売っているようで、なんとなく植物油とかビタミンCという表示もないし、そういうものをまぶしていないまぐろを売っているのかなと思っている。(今度、ちゃんと聞いてみよう)

そして、そのぶつ切りも、「メバチ鮪 頭の身 100g398円」とか「メバチ鮪 のどもと 100g330円」「メバチ鮪 カマ肉100g350円」とか、結構細かい部位ごとで売られている。
d0063149_23213069.jpg

d0063149_23223345.jpg勿論、「メバチ鮪 ぶつ切り 100g200円」もあって、これは赤身かな?
(その他、右の画像を良く見ると、天然めばちまぐろ中トロが498円で、大トロが398円と書いてある、中トロのほうが高いのだ、知らなかった。)
この価格を比べると、頭の身が一番美味しいのかな?なんて、考えながら、でも、安いから、普通のぶつ切りで十分だと思っていると、そこに突然、タイムサービスという札が貼られた「メバチ鮪 切り落とし 1皿200円」というのが並べられる。
そうすると、私だけでなく、それまで、他の100g単位で価格のあるもののうち、どれにしようか迷っていた人が皆、このタイムサービス品を買うことになるみたい。(笑)
d0063149_23225996.jpg
タイムサービス品のメバチまぐろは、づけにされて、めかぶと納豆と混ぜられて、温かいご飯とドッキングした上で、私のおなかに入っていく。(そんな使い方だから、一番安いまぐろで十分なのだが、そのうち、色々な部位も買ってみよう)

ま、タイムサービス品が並んだのが朝の10時くらいだから、午前中くらいだったら、手に入るかも知れない。
(と思ったけれど、次の日の夕方見たら、タイムサービス品はまだあった。<笑>)
という感じで、最近、結構午前中の吉池が気に入って、多慶屋に行く前に、吉池に通うようになってきた。

<おまけ>
そろそろ我が家の方はお祭りシーズン。
下谷や神田のポスターが目につくようになったけれど、下記ポスターが一番素敵で、粋だと思った。
「佐久参」と書いてあるから、神田佐久間町三丁目だけのポスターかしらね?
d0063149_23232690.jpg

[PR]

by mw17mw | 2013-05-03 23:28 | 食材・食材のお店 | Comments(0)