神田のアクアハウス 1/2

d0063149_23182394.jpg1,2年前だったろうか、「秋葉原に、千代田区の安い温泉施設がある」という噂を聞いていた。
そんな都心に廉価なゆっくり休める温泉施設があるなんてとても素敵、一度行ってみたいとは思っていたのだ。
そりゃ、高速道路を走って、東京郊外に行った方が楽しいことは楽しいけれど、時間がないとき、お金がないとき、嵐の時なぞ、近場に、「小さくとも快適な施設がある」方がいいに決まっている。

でも、噂は噂で、千代田区のホームページを見ても、色々なキーワードで検索しても、どこにあるのか、全くわからなかった。
噂では、万世橋の近くとのこと。

それが4,5か月前だったか、偶然、そこのホームページを発見、詳しいことがわかった。
入場料は400円とのこと。(銭湯と同じ値段)
飲食の設備と、椅子に座ってくつろぐ場所はあるみたいだけれど、仮眠の設備はないようであった。

そして、この連休、久々、おじさんフレンドと日帰り温泉に行こうと話していたのだが、おじさんが昨日・一昨日とものすごく忙しく、疲れているようなので、近場ということで、ここに行ってきた。

場所は、不忍通りを湯島から都心に向かって行った神田川(昌平橋)を渡ってすぐに「損保会館」があって、そこを右に入ったところ。(自動車で行った場合、右折はできない)
看板を見ると、千代田区住宅・千代田区高齢者住宅とも書いてあったので、千代田区のその建物の1~4Fだけを入浴施設としているみたいだった。(経営は民間のアクアハウス会社だけれども、だから安いのだと納得)
きっと、神田近辺の銭湯が全て廃業してしまったので、千代田区が場所を提供して、近隣住民で家にお風呂のない人が利用できるようにしているのかなと思った。

おじさんフレンドが自動車を駐車させておくべき場所を探している間、入口の椅子に座って待っていたのだが、入ってくるお客さん、男性ばかりだった。
日曜日の2時過ぎだったのだが、老いも若きも、恰好いいお兄さんも服装に無頓着な街場のおじさんも、次々とスタスタやってくる。
こりゃ、女湯は空いていて、男湯は混んでいそうだと思った。

また、貼ってあるお知らせを見ていると、お風呂部分は、千代田区民以外でも利用できるけれど、4Fのプールやプール教室の利用は、千代田区民に限られているようだ。(確かめたら、千代田区民でなくても利用できるようだ、但し、千代田区民だと、安く利用できるみたい)

おじさんフレンドが車を留めて、戻ってきたのだが、お風呂の料金は安いけれど、駐車場が高いとのこと。
千代田区は都心だから高いのか、1時間600円とのこと。
さ、さっさとお風呂入って、さっさとお家に帰り、お昼寝しようということになった。
[PR]

by mw17mw | 2005-09-25 23:20 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)