西武池袋の「ダイニングパーク池袋」偵察

実は、これから、一泊二日で、「新潟県村上市」に旅行に行ってくるのだ。
村上の話は帰ってきてから、ゆっくり書く。

その前に今日の分をアップ。
(以下、池袋に詳しい人から見たら、馬鹿みたいなレポートだろうな?)

d0063149_19504383.jpg先日、池袋で一番人気の回転寿司はどこかと調べたら、「梅丘寿司の美登利 回し寿司 活 池袋西武店」という長い名前の回転寿司屋で、名前の通り、池袋西武の8Fにあるらしいことがわかった。
で、ここはどう見ても、100円寿司屋ではなさそうなので、次回に回すことに決め、場所がどこかとか、今回、ダイマル水産に行った後、偵察に行ってみた。

勿論、池袋西武に疎い私のこと、案内嬢に、「8Fにあるレストラン街に行きたいのですが」と尋ねて、たどり着いた。
しかし、意外や意外、細長い西武の建物の中でも、私に一番都合の良い、所謂池袋東口に近い部分にあることが判明。
な~んだ、こんなことなら、昔から利用しておけば良かったと思った。

エレベータで8Fに上がり、パンフレットをもらって見たら、そのレストラン街の名前は、「ダイニングパーク池袋」であり、相当な有名店の支店が沢山入っていた。
ラ・ベットラ・ダ・オチアイもあって、いいな~である。






d0063149_19504475.jpgエレベータを降りて、実際に歩いてみたら、さ~大変、土曜日の午後1時過ぎということも大きいのだろうが、どこもかしこも行列だらけ。

ま~、それでもどこのお店も、椅子を並べており、立って待つ人は少ないように見受けたけれど、池袋近辺の方は、人口が多いし、しかも我慢強い人が多い!(というか、皆、一人ではないのだ、家族や親戚・仲間と並ぶことから楽しんでいる様子に見えた。)

お目当ての「回し寿司 活」さんの行列の最後には、「最後尾はこちら、待ち時間1時間」というプラカードを持った人が立っていた。
何時に来て、並んだら、そんなに待たないで入れるのだろう?見当もつかない。

後は、パンフレットから学んだ知識なのだが、ラ・ベットラ・ダ・オチアイの他、狗不理(ゴウブリ)という中華包子のお店が、「現在中国国家から認定された10大レストランの一つ、日本初出店」とのことで、とても魅力的。

後は、パンフレットを読んでいると、結構、色々なことがわかる。

まず、西武特別食堂は、ホテルオークラ和食洋食中華を出しているみたい、格調高そうで、すごいね~。

次にグリル丸の内亭というお店は、東宝パーラーをルーツとする洋食屋さんとある、わ~、また、東宝パーラーという言葉が生きていたなんてと、感激!(私は東宝パーラーというと、茗荷谷にあったお店しか知らない)

パスタ&サラダ パック by kabenoanaというお店は、渋谷の壁の穴の新コンセプト1号店とのこと、興味あるな~。
壁の穴もがんばっているのね、是非、生き残ってねという感じ?

銀座びいどろも、もう20年くらい行っていないけれど、私の好きなお店。
銀座店だと、夜行くことになるけれど、デパートのレストラン街だったら、昼間から入れそうで良い。
確か、聚楽が経営していたと思うけれど、今はどうなっているのだろう?

九州じゃんがらラーメンもあるけれど、これは、入るなら、アキバかな?(いや、きっとずっと入らないと思う)

なんて、結構知っている顔、知らない顔、色々見ることができて、楽しかったが、私が、このうちのどれかに、入る日は来るのだろうか?
今度、是非、平日に行きたい、その場合、私が一番最初に入るのはどのお店だろう?
[PR]

by mw17mw | 2013-03-24 07:50 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)