ヨドバシカメラ Akiba

d0063149_21161946.jpg先週の金曜日にオープンした秋葉原のヨドバシカメラに昨日の夕方行ってみた。
(写真は、清洲橋通りあたりから見えるヨドバシカメラ。ヨドバシカメラは、昭和通り方面から見ると、上の方しか見えない。)

(秋葉原の歴史について面白いページを発見しました。)

ヨドバシカメラまでの道なのだが、蔵前橋通りから、線路の手前を曲がるところがずっと工事中で、幕が張られていたが、それが取れて、きれいな道になっていた。
その先に浮かぶ明るい地域、それが、新しくなった秋葉原昭和通口とヨドバシカメラのようだった。
普通は、電車で行くだろうから関係ないかも知れないが、蔵前橋通りから線路の手前を左に折れると、段ボールや紙の回収業の会社がある。
それはそのままらしい。

で、ヨドバシカメラのAkibaは、昭和通りからは入口がなく、予備校横の道を曲がると、比較的小さな入口がある。
自転車は、昭和通り沿いの歩道にとめたが、Akiba館の中にも、駐輪場があるようだ。

とにかく売り場が巨大、何もかもが新品、ものすごい人。
インターネット・PCに関するものなら、全部揃っているのかも知れない。
私は昨日は重点的に、3Fを見た。
各階案内の3Fのところに「デジカメ教室」だったか「写真撮影教室」と書いてあったので、そういうスクールをやっているのなら、入りたいなと思って探したが、どこにも見当たらず。
店員さんに聞いたら、「将来、そういうことをやりたいなということで、まだ何も決まっていないのです」という答えであった。(笑)
興味があったのは、写真撮影のミニスタジオが沢山展示されていたこと。
こういうのを買えば、写真撮影のときの光線の具合がうまく行くのかと納得。

今日は、午後、本屋を見るのを忘れたと思って行ってみた。
エレベータに乗って7Fに行こうと思ったのだが、待っている人の中にベビーカーに赤ちゃんを連れたヤングカップルが沢山いた。
これも駐車場のあるディスカウントショップだからだろうか。
7Fにある有隣堂も巨大。
大きな本屋でそれがワンフロアというところが良い。

その後、8Fのレストラン街を覗くと、もう3時近いというのに、どの店も長蛇の列。
並ばないで入れる店はないようであった。
開店の花輪を見ると、仕入れ関係がわかって面白い。
酒のディスカウントのカクヤスの花輪が飾ってあるところもあった。
アサヒとサッポロの花輪は比較的良く見たが、私が見た限りではキリンの花輪がなかったような気がする。
もうちょっと落ち着いたら、大阪鶴橋の「風月」というお好み焼き屋さんか、刀削麺のお店とか入ってみるか。
でも、きっとこのフロアのお店は、吉永ふみさん曰くの「駅ビルのレストラン街」だと思うので、余り期待していない。

ま、どちらにしろ、家から自転車で10分くらいのところに、本とインターネット関連の巨大な売り場が、9:30~22:00まで開いていて、我がお店を開く前、閉めた後、利用できるというのは、とても嬉しい。
私としては、秋葉原の中央通りの電気街まで行くのは億劫ではないのだが、距離的に昭和通り口の方が近いので、そこに巨大なショップができたというのは有難い。(でも、いざ買うとなったら、多慶屋・インターネットショップ・所謂電気街と比較するだろうから、そう簡単にはここでは買い物しないとは思うが。)

もう一つの感想。
このヨドバシに、お客を持って行かれるお店も多いのだろうと思う。
商売の競争というのは怖い、新しくて大きなお店ができると、あっという間に人の流れが変わってしまうのだから。

ヨドバシカメラ Akiba
[PR]

by mw17mw | 2005-09-18 21:26 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(0)