浅草橋北側界隈-二度目の「丸山吉平」またまたロースかつ定食

何だか、この1週間、第二次「えのき茶」ブームなのか、アクセス数・訪問者数とも、ものすごい数。
昔は、訪問者数が異常に増えると嬉しかったが、もう慣れたし、この異常な訪問者数の方々は殆ど残らないということがわかっているので、今は何も感じない。

---本題です。---

今日、ランチ友達のKさんからお誘いがあり、再び、丸山吉平に行ってみた。
Kさんも、初回の丸山吉平については、ロースかつについては「普通であり、特段という程美味しくない」という評価ながらも、「揚げ方も上手だったし、ご飯とお味噌汁がしっかりしているから、再び行きたい」ということであった。

私も、ご飯の産地と銘柄が聞きたかったので、太らないために、半分持ち帰るべく、容器を持って出発。(笑)
で、900円で食べられるのは、ロースかつ定食か、かつカレーだから、一瞬、かつカレーにしようかなと頭によぎったが、やはり、怖いので、再びロースかつ定食にしてみた。(半分持って帰るとしたら、かつカレーも考えられないことはないのだが、他の人に出て来たものを見たら、ご飯にカレーがかかっているタイプだから、やはり、持って帰って温め直しは不味いかも)
(私は、ご飯半分でロースかつ定食を注文、しかも、出て来たかつのうち2切れをお持ち帰り)

d0063149_21543538.jpgでも、今回再びロースかつ定食にして良かった、何故だか、前回より、かつが美味しかったのだ。(前回の記事はこちら
多分、ほんのちょっとの差で、揚げ方が前回より弱く、肉の味が生きていた感じ。
勿論、無菌豚なので、元々、味の強さは弱そうだけれど、火を入れすぎなければ、それなりに味があることがわかった。
結構、繊細で、揚げる人の腕というか、瞬間芸によるのかも。
とんかつ、繊細ではなさそうな料理なのに、結構繊細かも。
(ほんのちょっとの揚げ方の差で、味がこれだけ変わってしまうとなると、このお店の評価は難しいかも。どうか、常に最高の揚げ方をしてもらわない限りは)

また、このお店は、カウンターに濃厚なとんかつソースとヒマラヤの岩塩が置いてあるので、塩でもとんかつを食べてみたが、私はだめ、塩では弱過ぎる。(とんかつソースはまあまあかな、余り好みではないけれど、大きな不満もない感じ)

あ、それから、今日もつやつやとても美味しいご飯だったのだけれど、お店の人に聞いたら、「ブレンド米」とのこと。(ブレンド米と言われてしまうと、「どこのお米屋?」と聞きたくなるけれど、ま、聞いたところで教えてくれないだろう)

本当、今日の900円の定食は、美味しくてしかもコスパが良いと思った。
でも、何だか、丸山吉平さんの機嫌が悪く、もう一人の女性の従業員につんけんしているのが丸見えというか、丸わかりで美しくなかったので、ちょっと減点。

それと、ここのキャベツの千切りは美味しくない、多分機械で切っているのだと思う。
この機械切りのキャベツの千切りを食べていたら、そうだ、蔵前のにしかわというとんかつやさんは、おばさんが手切りでキャベツを千切りにしていて、それが美味しかったことを思い出した。
立て続けに、とんかつを食べるのはちょっと怖いので、2,3週間したら、また、Kさんを誘って、西川に行きたい。

さ~て、もうちょっとしたら、体重計測タイム、今日はお昼に、ご飯を半分にしたり、とんかつも少なめにしたけれど、体重はきっと増えているだろうな~。
[PR]

by mw17mw | 2013-02-21 22:00 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)