冷凍食品 私なりの評価 その8

<キンレイの鍋焼きうどん>
秋に冷凍食品に凝っていた頃、鍋焼きうどんは、キンレイという会社のものが評判が良いということを知った。
この「キンレイの鍋焼きうどん」、確か、どこかのスーパーでみかけた覚えがあるのだが、どこだか思い出せない。
但し、7-11とかファミマ、ローソンなどで売っている冷凍の鍋焼きうどんは、キンレイという会社で作っているものなので、今回は、年越しそばならぬ年越しうどんに7-11で買って来て、食べてみた。d0063149_12382295.jpgd0063149_12384294.jpg
本社が大阪市中央区淡路町だし、当然ながら、関西風の出汁の鍋焼きうどんであった。
「すごく美味しい!」と言いたいところだが、関西風の出汁がいかにも「うどんのだしは関西のものが一番」だとj信を持っている関西人が味付けしたという感じの純粋大阪の美味しい味を感じるのだが、それが濃過ぎるのだ。
多分、この鍋焼きうどんが全国で発売される時に、関西の味は変えずに濃さを二倍にした感じで、そこがとても惜しい、食べている途中で飽きてしまうのだ。(関西だけの販売だったら、こんなに濃くしないと思う)
具は、えび天が入っていないのは残念で、小さな剥小海老と、大きな鶏肉が入っていて、鍋焼きというより、五目風なのだが、そんなに貧弱という程ではない。
でも、リピートはないと思う。

<お手軽ほうれん草 販売者:マルハニチロ>
d0063149_12375248.jpgこれは、近所のヤマザキというスーパーで売っている冷凍ほうれん草で、バラバラではなく、おひたしサイズにまとまっているもの。
バラバラのものより、このまとまっている方がほうれん草の質が高いような気がして、葉っぱが肉厚なので、気に入っている。
勿論、私が近所で仕入れるほうれん草よりも、質が高いと思う。

確かに、自分でほうれん草を茹でると、洗って、土を取って、茹でて、アクを取るために4,5回お水を取り替えながらゆすぐわけで、そういう手間が一切不要で、質の高いほうれん草を使えるって、とても良い。(ま、大量に必要なときは、勿体ないから、自分で下処理をするけれど)

(それにしても、私が見た限り、冷凍ほうれん草は、皆宮崎産)

おひたしサイズのほうれん草は、電子レンジでチンすると、相当のお水が出て、解凍後はとても小さくなってしまうので、そうそう使えないし、おひたしには無理だと思うが、ちょっと青みが欲しいときなぞ便利。(ラーメンに入れるほうれん草、お雑煮に入れるとか9
(そう思っている人が多いのか、お正月前に売り切れていた)

先程書いたように、冷凍してあるものは相当水が入っているので、余程水っぽい料理には冷凍のまま入れても大丈夫だと思うが、ま、基本、解凍して水気を絞ってから使うのが良いと思う。

こちらは、常備する。
[PR]

by mw17mw | 2013-01-16 22:11 | 食材・食材のお店 | Comments(0)