北千住界隈-足立市場 椎橋食堂の刺身定食

d0063149_21344143.jpg5日の午後1時から、千住の七福神巡りだったので、その前に北千住で食事をしようと早めに出かけた。
まずは、北千住の駅を真っ直ぐ日光街道の方に向かい、日光街道を渡ったところにある「りんりん」という激安で評判が良さそうなラーメンや餃子のお店を狙ったのだが、果たして、お正月休み中であった、とても残念。

だったら、どこに行くか、駅の方に戻ってどこかのお店に入ると、きっと狭くてごちゃごちゃしているだろうし、戻るのも面倒、だったら、やはり、足立市場の方に行くのが私に向いていると思い、そちらに行った。

足立市場の入口の右側上に、大きな市場全体の地図と説明の看板があり、「食堂は誰でも入れる」と書いてあり、親切。(市場の方だって、大きな単位で買うなら、個人客だって、買える筈)
d0063149_21351474.jpg

で、入口右側に並んでいる二階建て古そうな棟が食堂棟で、ちゃんと数えなかったが、6~8店舗くらいあるみたい。
その日は、うどん屋さん・ラーメン屋さん1店舗ずつと、定食屋さん2店舗が営業していたのだが、どのお店も入口の戸やドアが曇りガラスで、中が全く見えないのが残念。

うどん屋さんには、ねぎまうどんというものがあって、ちょっと惹かれたが、東京の市場に来たら、普通はお刺身定食でしょうと思い、定食屋さんに入ることに決めた。
「食堂 徳田」というお店の前には、お品書きの黒板があって、どんなものが食べられるかわかったのだが、その隣の椎橋食堂は、のれんは出ているものの、何が食べられるのか、外からは全くわからない。
d0063149_21365256.jpg

d0063149_2139296.jpgそうなると、どんなお店か、覗きたくなって、椎橋食堂の入口の戸を少し開けたら、感じが良さそうな若い女性と目があったので、「何が食べられますか?」と聞いてしまった。
そうしたら、「刺身定食とか牡蠣フライとか」とのこと。

空いていそうだし、お店も什器は古いけれど、清潔そうで小ざっぱりしたお店だったので、入ることにした。
中に入れば、壁にお品書きがあったりするのだけれど、結局は、この市場で働いている人とこの市場に買いに来る魚のプロ(魚屋さんとか飲食業)の人のみが常連のお客であり、観光客など一見さんは殆ど来ないお店なのだろう。

こちらのお店は、刺身定食が千円。
牡蠣フライは、850円だけれど、定食ではないので、定食にするためのセット350円を追加しなくてはいけないとのことだったので、お刺身定食にしてみた。

出て来たのは、下記の画像で、まぐろは、厚めに切った赤身3切れに中トロ6切れ。
d0063149_21381963.jpg

きっと、ばちまぐろなのだろうから、その分、まぐろの味が濃くない気はするのだけれど、さすが、魚市場の中の定食屋さん、まぐろの扱いや保存方法が適切で、満足の品質であった。(本まぐろだったらどんなに美味しいだろうと思ったけれど、そうなると、千円で済むわけないから、ま、こんなものだろう)
わさびも、多分、本物のわさびと粉わさびを合わせたもの?
ご飯も美味しいし、お味噌汁も、化学調味料の味ではなかった。
帰る時、厨房の中を覗いたら、作っている人たちも女性ばかりで、女性だけで切り盛りしているお店、結構気に入ってしまった。

家に帰ってから、このお店のことを調べたら、食べログに載っていた。
その中のコメントを読んだら、何だか、ちょっと高くても、牡蠣フライが美味しそうで、牡蠣フライにすれば良かったと後悔。
今度また冬に行きたいと思う。
[PR]

by mw17mw | 2013-01-09 21:46 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)