日常の道具-眉ばさみ・お風呂のフック

皆さま、楽しいクリスマスイブはお過ごしでしょうか?

私は全然催し物はなく、夜は、いつもの通り、りんごとたこ焼きのクリスマスイブなのですが、別に、つまらなくないです。
弟家を見ていると、大学生の甥2人は、当然クリスマスイブはどこかに出かけてしまい、親二人で、つまらないとのこと。
ま~、人間、結婚していても、年を取って子どもが大きくなったら、クリスマスイブはつまらない催し物になるものかも。(笑)
(でも、20歳代の子どもが親とクリスマスを過ごす方が不自然だから、息子たちが順調に育っていると思って、それで良いのだと思っています)

本日は、年賀状製作(印刷は明日)で、昨日は、親戚へのお歳暮の手配に三越に行きました。

で、もしかして、空いているかもと、三越の向かいの路地にある金子半之助を覗いたのですが、12月の祭日の午後3時過ぎでも、行列は60人くらいでした、当然、諦めました。

さて、クリスマスイブが来たということは、今年も後1週間、明日からは、お正月のことを考えねば。

昨年の大晦日からお正月まで、体重を気にしないで、きっちり三食楽しく食べたら、やはり、その後1~2か月大変でしたので、今回は、朝にお雑煮、昼におせち料理、夜はりんごとたこ焼きという生活にして、体重を減らさなくても良いけれど、増やさないという生活をしようと思っています。
ゆえに、おせち料理と言うか、お正月のための買いだめは、極力少なくするつもりです。

---本題です---
<眉ばさみ>
d0063149_2374375.jpg最近、私のブログに良く出て来るKさんは、とても物識り。
本当に幅広く何でも知っていて、今回は、「眉毛って、どうやって揃えるの?」と質問したところ、我が家の近所にある理美容器具の商社滝川さんで売っている眉ばさみを教えてくれた。
そのはさみは、他で売っていないし、これを持っていれば、きれいに眉が揃えられるとのこと。
確か、1260円だったかな、早速、買ってしまった。(滝川では、このはさみ、右利き用しかないようであった)

普通の眉ばさみは、普通のハサミの小型で先が尖がっている感じ、これは、持っているし、今や、100キンで売っているものね。
理美容器具の卸し問屋で売っている眉ばさみは、刃の先の片一方が金属のブラシになっていて、それで眉毛を揃え、ハサミで不要な部分を切って行く仕組み。
確か、昔、ちゃんと眉を整えていた頃、眉毛用の櫛を左手に、普通の眉ばさみを右手に持って、揃えていた覚えがあるのだけれど、滝川さんのこの眉ばさみを買えば、片手で、揃えられるのだ。
ちょっと高いけれど、お奨め。

その他、滝川さんでは、小さなヘアスプレーがあるので、切れると買っている。
普通の多慶屋の化粧品売り場なぞに行くと、ヘアスプレーは大きなものばかりで、そんなに使わない私としては、滝川さんのもので十分。

(滝川さんは、大きな総合商社なのだけれど、春日通り元浅草3丁目と三筋2丁目の間、元浅草側の本社一階に売店を開いており、誰でも、プロ用の道具や化粧品関連のものを買うことができる。)

<お風呂用のフック>
d0063149_2381127.jpg20年以上前に買った、湯船を掻き回す棒と洗面器を同時にかけられるフックが馬鹿になってしまった、壁に貼りつかなくなってしまったのだ。
ま~、20年以上使ったものだから、諦めはつくのだが、近隣を探しているのだが、どこにも、同じ道具が見当たらないのだ。
20年前から1回も探していないから、仕方ないと言えば仕方ないのだが、これは、便利というか、コンパクトに収納できて、良い道具であった。

もし、売っているお店をご存知の方、いらしたら、是非教えてください。(ま、余り遠くだと無理ですが)
後、探すとしたら、根津の荒物屋さんと、東急ハンズかな?
それで見つからなかったら、それぞれのフックを買う予定。
[PR]

by mw17mw | 2012-12-24 22:45 | 道具 | Comments(0)