上野界隈-東上野コリアン街「リトルサイゴンキッチン」3回目

土曜日に上野の山に行く用があり、キム小僧さん情報があったので、雨の中、帰りに「リトルサイゴンキッチン」に行ってみた。
そうしたら、雨のせいか、お客さんは0で、お店には奥さんとご主人が揃っていて、とてもゆっくりできた。

d0063149_22332356.jpg新しいバインミーは、二種類で、「カレー風味チキン」と「イワシのトマト煮」とのこと。

イワシのトマト煮は、缶詰のイワシのトマト煮を改めて、自分たちなりのスパイスなぞを入れた液で煮直しているそうだ。
ということで、イワシのトマト煮のバインミーにして、揚げ春巻きとベトナムコーヒーのセットにしてもらった。

二階には、下記のような黒板が置かれていた。
d0063149_22334012.jpg

d0063149_22341355.jpgこれを見て、熱々の揚げ春巻きの上にミントを乗せて、サラダ菜で包んで、ヌクマムに浸けて食べたのだが、私は、生春巻きより、この食べ方で食べる揚げ春巻きの方が美味しく感じられ、私好みだと思った。

d0063149_22343577.jpgそして、これが、イワシのトマト煮のバインミー。
缶詰のイワシを更に煮てあるので、イワシは殆どピューレ状で、魚臭くない。
そこに、人参や大根のナマスが入っていて、美味しい。
でも「どんな味」と表現するのは難しいのだが、お惣菜っぽい美味しさ、決してトマト味も強いわけではない、そして、パンの美味しさが生きている味。

お店の奥さんの話では、家庭ではご飯にこのイワシのトマト煮を乗せて食べているとのこと、確かに、ご飯にも合う感じがする。

ベトナムではポピュラーなバインミーの食べ方とのことで、確かに、庶民的な味。
華やかさがないところとか、ご馳走気分がないところは残念なのだが、軽くて違和感がなくて、飽きの来ない味で結構好きかも。
ベトナム人による、日本人に媚びないバインミー、食べる価値があると思う。

さて、次は、カレー風味チキンのバインミーを食べてみよう。
[PR]

by mw17mw | 2012-12-16 22:38 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)