柴崎界隈-「武蔵野うどん 一彩」

d0063149_23123290.jpg柴崎駅から品川通りに出た時、12年前はなかった大きなお菓子屋さんができていた。
そして、そのお菓子屋さんから左側を見ると、うどん屋さんがあって、内容は忘れたが、桃猫さんのブログで拝読し、私の元勤務先近所のお店だろうと予想が付いた。(このお店も昔はなかった、というか、会社の近所には一切飲食店がなかったのだ。)

お腹は空いていなかったのだけれど、小盛りがあったし、今回入らなければ、一生行けないだろうと思って、入ることにした、そのお店の名前は、「武蔵野うどん 一彩」。
看板に、「自家製面麺」と書いてあったし、ちょっと期待してしまった。

「武蔵野うどん」というのは、確か、大塚駅近辺で見たことがあるが、食べたことがなく、興味が湧いたこともある。

中に入ると、お客は0、店員さんに、「何が美味しいのですか?」と、「武蔵野うどんは、お肉の入った汁で食べる、普通は豚バラを使うけれど、脂っぽいと思う人は、鶏肉か鴨肉が良いのでは?」とのことだったので、鴨肉のつけ麺を頼んだ。(うどんの量は小で)

d0063149_23113138.jpg一から茹でるから、14,5分待って下さいとのこと。
で、出て来たのは右の画像。




太くて茶色いうどんのうんちくは下記の通り。
d0063149_2312357.jpg

食べてみたのだけれど、うどんもお汁も中の下という感じで美味しくなかった。
(こんなもの、出すのに14,5分は無駄)

茶色っぽいうどんは、腰があることはあるのだけれど、残念ながら、うどんに小麦粉の味がなかった。
食べながら、これだったら、「田舎そばの太打ちの方が美味しいな~」と思いながら、味わってしまった。(笑)

汁は、鴨肉とその脂だけでなく、油揚げの刻んだものが沢山浮かんでおり、妙に油が強いような気がした。
鴨肉が油っぽいところに、大量の油揚げというのは、そもそもセンスがない。

お汁の味付けも全く魅力がなく、美味しくなかった。
(鴨肉と油揚げだらけの汁であったが、ここに色々な野菜が入っていたら、味がまろやかになるだろうと思った。
どちらにしろ、武蔵野うどんは田舎の食べ方なのだから、もっと野菜を入れるべきだと思う。)
家に帰ってから、桃猫さんの評価を読んだら、「お汁は市販品」と書いてあり、とても納得した。

ということで、本来なら、私のブログに、こんな悪口を書いてしまうお店は載せたくないのだが、「初めて武蔵野うどんなるものを食べてみた」という記録のために載せておく。

今度は、「武蔵野うどんなら、ここ」というお店で食べてみたい。
[PR]

by mw17mw | 2012-12-12 23:18 | 飲食店・菓子店 | Comments(4)

Commented by 桃猫 at 2012-12-12 23:42 x
武蔵野うどんは、名前だけひとり歩きしてしまい、大方のものが自分でアレンジされたものが多いような気がします。オリジナルは、埼玉と東京の境界地域あたりの農家で作っている農家のうどんです。だから、そんなに酷評しなくとも、ローカルな日常食、うどんはうどんですから。いちおう、武蔵野うどん=きくや(東村山)が基準ですので、是非体感してください。店を仕切るのはオバちゃん連中のみ、これが武蔵野うどん。
Commented by mw17mw at 2012-12-13 11:38
>桃猫さん
ちょっと、書き過ぎたかな?(笑)
でも、私は多分、不味いものを食べると、他の人たちより、大きく傷つくタイプで...。(笑)

東村山、遠過ぎて行けないと思います。
もうちょっと近くで良いお店があれば、是非教えてください。
あ~、でも、東村山に行かないと、「本物」がわからないままかも知れませんね、考えてみます。
Commented by 桃猫 at 2012-12-13 20:39 x
武蔵野うどん店、、、どのあたりまでが遠くて、どこだったら近いのか、分かりませんが(笑)、おススメは、幡ヶ谷(めんこや)、府中(武蔵野うどん)、高円寺肉汁うどん夕虹(成田東・南阿佐ヶ谷)などが、おススメ。
Commented by mw17mw at 2012-12-14 22:50
>桃猫さん
曖昧な質問してごめんなさい。
でも、お答え有難うございます、ご紹介いただいた中では、幡ヶ谷くらいは行けそうな気がします。
ま、上野・浅草・日本橋・神田・銀座・築地くらいにあると、確実に行けるのですけれどね、やはり、武蔵野うどんは、都心から離れたところに名店がありそうですね。