高輪界隈-ダノイ高輪店で、ちょっとリッチなディナー2/2

さて、ダノイ高輪店のディナーの内容をご紹介。

詳しい方に、ここのスペシャリテを習いながら、一人はプリフィックスコースからのチョイス、他は、普通のメニューから料理をチョイス。

乾杯は、グルナビのクーポンで無料のスプマンテ、その他、カラフェで白ワインと赤ワイン。

ダノイの前菜のスペシャリテは、「白いんげん豆と野菜のスープ」なのだそうだが、ダイエット中の私としては、前菜で野菜を食べたかったのだ。
私は、「カプリチョーザ」というミックスサラダに一瞬決めかかったが、余りにミーハー過ぎる選択すぎるチョイスに思えたので、考え直した。
「野菜の瞬間蒸し」に心惹かれながらも、「野菜は主に根菜類」という説明に、「やわらかい蛸、じゃがいも、オリーブのサラダ」を選んだ。(あら、今、メニューを見たら、スープの方が相当安かったのだ。)
d0063149_18422477.jpg
これが「当店自慢のスープ」。
スープと言うからには、液体状のものを想像していたら、相当どろどろのものが出て来た。
きっと白いんげん豆が煮崩れて相当のとろみを出しているよう。
白い立方体は、大きめのクルトン。
これにパルミジャーノ・レッジャーノチーズのすりおろしを沢山入れて食べるのだ。
少し味見をさせてもらったが、相当美味しかった。
冬なら、前菜はこれで十分かも。
d0063149_18451678.jpg
これは、私のたことじゃがいも、オリーブのサラダ。
美味しかったのだけれど、たこの処理法に、日本人とイタリア人では根本的に相容れないところがあることを発見。
日本に育った日本人は、たこは茹でてはあるが、透明感のある白色をしており、当然柔らかいものを想像するが、イタリア風たこの処理は、完全に茶色っぽい皮が剥かれ、蒸したのか、身が透明感のない真っ白にしてしまって、固くはないけれど、日本のお刺身に出て来るたこより相当柔らかくないし、たこの味がしないような気がした。(画像で、透明感のあるちょっと茶色みを帯びているのがじゃがいも、そうでないのがたこ)
これだけは、選んで失敗と思ってしまった。(でも、たこ以外は美味しかったけれど)

パスタは、以下の通り。
d0063149_18555149.jpg
これは、このお店のスペシャリテであるキャベツとアンチョビのガーリックソース。パスタは、スパゲティーニかな?これは、パスタの茹で加減といい、キャベツやパスタへの塩やアンチョビ・ガーリックの浸み込み具合が素晴らしく、とても美味しかった。
d0063149_1856182.jpg
リングイネ・ペスカトーレ。こちらは、パスタが太めのリングイネということで、パスタの美味しさがスパゲティーニより引き出されている気がした。
勿論、自分で茹でたものより、外食で食べるパスタより美味しかった。
何て言うのだろう、茹で加減が固くて腰があるのだけれど、芯が残っているわけではないのだ。
噛みごたえが素晴らしい上に、パスタ自体・粉自体の味も良かった。
もしかしたら、有機栽培のパスタかなと思ったが、お店の人に聞くのを忘れた。(また、私以外にそんなことを思う人もいなかった。)
しかし、ご一緒した方が後から、茹で方の問題ではないかとの指摘が...、う~ん、でも、ごく普通のディ・チェコやバリラとかとは違う気がしたのだが。
また、このパスタの腰の強さについて、サービスの人に聞いたら、「当店のパスタは、乾麺であり、袋の表示の時間より、2~3分前に上げる」とのこと、今度、真似してみよう。
今まで食べた乾麺のパスタの中で、一番美味しかったと思った。(ま~、私は余り高級なイタリアンに行ったことがないのだけれど)
d0063149_18565126.jpg
ニョッキ・ゴルゴンゾーラ。これもじゃがいもの味が繊細でソースも美味しかったのだけれど、腰の強いパスタを食べた後に食べると、何だか、肩すかしをくらうような感じ。(柔らか過ぎて)
でも、ジャガイモの味もゴルゴンゾーラのソースも美味しかったし、問題なし。

d0063149_18572623.jpg
こちらは、メインの「目鯛のグリル」少し分けてもらった、勿論美味。
d0063149_18574180.jpg
こちらは、このお店のスペシャリテである「地鶏とじゃがいものロースト ローズマリー風味」、私はこちらをメインに食べたのだが、素直に美味しかった。オーブンでじっくり焼いたと思われる鶏に下味がきちっとついていて、ふっくら焼けていて美味しかった。つけあわせもオーブンで焼かれた、じゃがいも、里芋と紫芋であったが、こちらも美味しかった。

デザートはこの2つ。
d0063149_2233265.jpgd0063149_22333126.jpg左は、プリフィックスコースのデザート、右は、普通のメニューから注文したティラミス。
ティラミスがクリーミーで美味しかった。

この他、写真を撮り忘れたのだけれど、パンが熱々の状態でフォカッチャともう1種類出て来て、それも美味しかったし、最後のコーヒーも最高であった。
コーヒーが余りに美味しかったので、サービスの人に聞くと、「トアルコ・トラジャの粉をエスプレッソマシーンでお水多めで入れたもの」とのこと。
トアルコ・トラジャって、私の若い頃、相当強力に売り出された記憶があるのだが、飲むのは多分初めて。
本当に美味しいコーヒーであった、こんなに美味しいのなら、昔から飲んでおけば良かったと思う程。
ということで、エスプレッソマシーンは持っていないけれど、今度、三越に行ったら、キーコーヒーでトアルコ・トラジャの粉を買おうと決心した。

以上、本当に美味しく楽しい食事会であった。
サービス料10%がかかったが、サービスの人も感じが良く、どんな質問にも答えてくれて、好印象。
料理は画像を見てもわかるように、決して、オシャレとか繊細な盛り付けということはなかったのだが、味が良かったから、私に合っていた。(その反対の場合を想像すると、私は満足しなかったと思う)

ここに行った影響で、パスタの茹で方を研究しようとか、キャベツとアンチョビのパスタは家で作れるようになりたいと思った。(既に、小野清彦シェフの「トスカーナの美味しいテーブル」を図書館で借りて来た。)
また、先程も書いたように、三越でトアルコ・トラジャを買うことと、沢山の楽しさを後にも残してくれた。
ということで、最高に楽しい食事会であった。(たこの茹で方以外)

ダノイは、最近、日本橋にもお店を出したとのこと。
日本橋なら我が家から近いし、ここのパスタ、是非また食べたい、お昼なら、気軽に行けるし、次は日本橋店に行きたい。

あ、そう言えば、ダノイはメニューに載せていないけれど、スプマンテが1050円で一時間飲み放題とのこと。
[PR]

by mw17mw | 2012-11-20 22:45 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)