谷中界隈-カヤバ珈琲の「あんみつ」

そして、そのまま、東西めぐりんに乗り、上野駅方面に向かう。
4時半に上野駅解散が都合が良いということで、まだ、一時間くらいの時間があった。
本当は、時間が沢山あれば、谷中の方に行って、シャレースイスミニか、ひみつ堂に案内したかったのだけれど、そこまでの時間はなさそう。

上野公園では、私としては、国立子ども図書館の素敵な建物を見てほしかった。(国立子ども図書館は、とても素敵なのに、結構、有名ではないような気がするので)
そうしたら、ちょうど、寛永寺経由のバスだったので、奏楽堂を右に曲がる時、左手を良く見ていてねと言って、国立子ども図書館の建物を見てもらった。(一応、感激してくれた)

そして、谷中まで行くのは諦めて、上野桜木会館で、バスを降りて、桃林堂の前で「この中で、美味しい和菓子とお茶を飲む」のと...(路地を入って、言問通りに出て、カヤバ珈琲の前で、)「ここでお茶するのとどちらがいい?」と聞くと、「両方」とのこと。(笑)

d0063149_2334447.jpgでも、時間がなく、後から行ったカヤバ珈琲で、ちょうど4人用のテーブルが空いていたので、カヤバ珈琲に入ることに決めた。

何だか、歩き回ったせいか、身体が甘いものを欲しているようで、メニューを見ると、みつまめとかあんみつの文字が魅力的に見えた。
d0063149_2341211.jpgで、カヤバ珈琲のみつまめとあんみつは、100円違いなのだが、餡子が入っているかどうかだけでなく、クリームあんみつという名前ではないあんみつにはアイスクリームが入っているのに、みつまめには入っていないのだ。
ということで、4人とも、熱いお茶付きのあんみつを注文。
全体良く冷えているあんみつで、歩きまわった後、本当に美味しく感じることができた。

カヤバ珈琲は、いかにも下町の昔風の喫茶店でしかもセンスが良いし、あんみつも一定レベル以上だし、使い勝手が良いお店だなと思った。(あって、良かった。)

で、このお店を出たところで、谷中に用があった私は、彼女たちをめぐりんに乗せて、「上野駅で降りてね」と見送って別れた。

一日中、実際に楽しかったし、皆が楽しそうに過ごしてくれたので、とても良かった。
[PR]

by mw17mw | 2011-10-05 23:06 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)