ソラマチ・浅草見物-浅草

d0063149_1819974.jpg日暮里駅行きのバスを降りたのは、言問い通りの浅草二丁目という停留所。
そうしたら、その言問い通りを挟んだ向かい側が、あんパンで有名なあんですMATOBAで、その日は、祭日なのに営業していた。(もしかしたら、祭日は休みでないのかも)

皆に、「ここは、あんパン専門店で、ものすごい種類のあんパンがあるけれど、入る?」と聞いたら、「是非に」ということ。

それで、皆、ソラマチで沢山お菓子を買い、しかも、これから、千葉屋で大学芋を買うというのに、あんパンやシベリアを数個ずつお買い上げ。

その後、ふらふら歩いて、「釜めし むつみ」に向かった。
なぜ、むつみかというと、私が思うには、手頃な価格帯の浅草のお店に他所からの人を案内するのに、ベストはむつみだから。
そして、2年くらい行っていないので、私がむつみの釜めしを食べたかったのだ。(笑)
むつみの釜めしというのは、中毒性があって、冬になると、何故か食べたくなるのだ。
(前回のむつみへ行った時のブログ)←わ、私、まだ、三回しか行ったことがなかったのだ!もっと行きたいけれど、家から遠いし、交通不便で、中々行けないのだよね。

その途中で、豆かんで有名な梅むらの前を通ったら、祭日は休みでないらしく、戸が開けっぱなしで、お客さんたちが美味しそうに何かを食べている風景が見えたのだ。
で、「ここは、豆かんで有名なお店で、美味しい。入る価値がある」と説明して、むつみを食べ終わった後、お腹に余裕があるようなら、寄ろうということになった。

d0063149_18193813.jpgもう2時半頃だったので、絶対入れると予想して、その通りになったけれど、いつも、1Fだったのに、昨日は、2Fへおあがりくださいとのこと。(初めての2F)
2Fは、お店を出て、横丁を曲がったところにある玄関から入るのだそうだ。
玄関で靴を脱いで、急な階段を上がると、左に座敷があったのだが、何だか、飲食店らしい風情が皆無の生活感溢れるお座敷でびっくり。(従姉妹たちは、「こういう普通の家の二階のような作りも落ち着く」と喜んでいた。)

6~8人用の大きなテーブルが二つと、小さなテーブルが一つあった。
一番窓際の大きなテーブルに座った。
私はむつみの釜めしは、何と言っても、五目が最高と思っているのだが、数ヶ月前、テレビを見ていたら、林家さんの元こぶ平さんが、むつみを浅草ナンバー1のお店として紹介し、「むつみは、五目も確かに美味しいけれど、何と言っても、小柱が最高。小柱はメニューに乗っていなくて、調理場の前にぶら下げてある短冊の中に小柱があれば、頼める」と言っていたのだ。
で、1Fの玄関で、私は目ざとく短冊をチェックしたら、この日は小柱があったのだ。
4人で相談して、五目2つと小柱を2つ頼むことにした。

釜めしができるまでの間の繋ぎとして、出汁巻き玉子と、えびしんじょ、カニのサラダを注文。
出汁巻き玉子は、1人前卵が4つで、注文の個数に切ってくれるということで、4つに切るように頼んだ。
私は実はここのえびしんじょは以前食べていて、余り好きではないのだが、お店の人が、「むつみと言ったら、えびしんじょが有名」と言ったので、取ってみた。(一人前で2つということで、二人前頼む)

結果、焼き立ての出汁巻き玉子が最高に美味しく、えびしんじょは、何故か、お醤油を垂らさないと味がないもので、ちょっとがっかり、カニサラダはまあまあであった。(カニサラダは写真を撮り忘れた。)

そして、真打の釜めし登場。
d0063149_17545888.jpg
五目釜めしは、蓋を開けたら、とても地味なビジュアル。(笑)
小柱は、どうも、ご飯が炊きあがった後から、これでもかというくらい沢山の生の小柱を入れて蒸らすタイプのようで、見るからに美味しそう!

d0063149_17565058.jpgしゃもじで両方とも一生懸命かき混ぜたら、五目の方は、中から、海老だの、鶏肉だの、あさりだのが出て来て、豪華に美味しそうになった。

まずは、味の薄そうな小柱から食べてみると、確かに美味しい!
今まで、牡蠣の釜めしや鮭といくらの釜めしを食べたことはあったが、それらと比べると、確かに、小柱の釜めしの方が美味しいと思った。
小柱の釜めしは、お醤油を殆ど使っていないようであり、小柱の甘味と味、出汁の味で味付けされていた。(小柱の甘さが生きていたが、甘過ぎることはなかった。)
小柱の大きさが釜めしに合うのかも知れない、口に入れる度に、確実に小柱が口に入って来るから。

d0063149_17572137.jpg小柱の釜めしは確かに美味しいと思いながら、五目に移ると、五目の方が圧倒的に色々な味がして、色々なものが口に入って来て、しかも、お醤油が焦げてできたおこげも美味しくて、最高。

今回のメンバーの評価では、圧倒的に、「五目釜めし」に軍配が上がった。
また、ここの釜めしは、小ぶりのお茶碗で3杯分くらい入っているので、少し残ってしまった。
お店の人に頼むと、サランラップを持ってきてくれ、一人が「美味しいから」と持ち帰った。
(そのくらいだったので、梅むらは今回見送った。)

お値段は、小柱は高くて、1800円、五目は1050円。
出汁巻き玉子などを含めても、一人2150円で終わったので、皆、「安い!」と大感激。

d0063149_182012100.jpgその後、千葉屋に行ったら、行列の上、切り揚げは売り切れていた。
仕方がないので、皆、並んで、大学芋を購入。

その後、観音様をお参りして仲見世を歩き、最後は、浅草文化観光センターの最上階に上って、スカイツリー方面の絵ハガキのような風景と、仲見世・浅草寺方面の風景を見た。
仲見世・浅草寺方面の風景は、上から見ることが中々なかったので、新鮮に感じられたようだ。
そして、夕暮れで空気がきれいだったせいか、何だか、浅草寺よりずっと先の地平線上に、延々と続く山並みの影のようなものが見えたのだ。
浅草寺より北側は全く高い建物がないせいか、関東平野の端が見えるようで、何となく感激してしまった。(目の錯覚かと思ったけれど、従姉妹たち全員が、あれは山だということになった。)

また、夕方だったので、スカイツリーのライトアップも見ることができた。

その後、銀座線の入口で解散。
本当に、盛りだくさんの一日で、皆も満足してくれ、私もとても楽しかった。

皆さま、むつみは美味しかったのでまた行きたい、梅むらも次回は絶対入る、今回は行けなかった徳太楼も是非行きたいので、また、観音裏に行きたいそうだ。(笑)

やはり、甘味好き・美味しいもの好きには、ソラマチより、観音裏かな?
[PR]

by mw17mw | 2012-11-04 18:25 | 東京都内のお散歩・見物 | Comments(2)

Commented by ウォーリー at 2012-11-06 09:37 x
むつみの釜飯は美味しいですよね。仲見世の裏にある麻鳥も賑わっていますが、こちらの方がちょっと高級ですかね?!
週末に蔵前のミラーの辺りをウロウロしていましたが、ユースホステルが開業していたり、アノニマスタジオが飲食店(アノニマスタジオは、2階で営業しているようです)に変わっていました。蔵前周辺のリノベーションによる開発が楽しみです。
Commented by mw17mw at 2012-11-06 18:51
>ウォーリーさん
むつみは何故か美味しいですよね。
出汁が濃くて化学調味料を使っているのかなとチラっと思ったのですが、食べ終わった後、舌が気持ち悪くならないのです。

麻鳥は残念ながら、入ったことがないのですが、先に、「むつみ」を知ってしまうと、むつみしか行かなくなってしまうようで、今後も、多分麻鳥には行かないと思います。

蔵前界隈、そんなに変わって来たのですか?
近々フラフラしたいと思います、楽しみです。