文京区春日界隈-「フレンチレストラン 洋食屋」でランチ 1/2

昨日、春日に行く用の帰り、先日歩いていて見つけたフレンチに入ってみた。
そうしたら、夜余り食べなかったこともあるが、何と、500gも体重が減ったのだ。
(でも、そういう日の次の日は、戻っていたりすることが多いのだ、今晩体重を量るのが怖い)

フレンチ食べて体重が減るのは初めての経験、しかも、そのお店はまともで、人に推薦できるお店だったのだ。
春日界隈で、一番、自分的には、しっくりするお店だった。

場所は、春日から白山通りのLAQUAの向かい側を歩き、丸ノ内線の線路の下をくぐって、ちょっと行ったところ。
フランスの国旗が目印。周囲は何と言うか、とても地味な地域。
お店の名前は、なぜか「洋食屋」なのだけれど、店の前のメニューを見ると、フレンチのお店なのだ。
また、外から中は全然見えない。d0063149_2262256.jpgd0063149_2271676.jpg

日替わりランチ 1350円 日替わりオードブルより1品、魚料理か肉料理、デザート・コーヒー
お好みランチ  2450円 お好みオードブルより1品、魚料理か肉料理、デザート・コーヒー
ウィークデーサービスランチ 1000円  魚または肉料理、デザート・コーヒー
(全てパンかライス付き)

この日は、お好みオードブルはなかった。
日替わりオードブルは、
・地鶏とブリのリエットのテリーヌ サラダ添え
・地鶏と帆立貝 イカのガレット 野菜のマリネのオーブン焼き 万願寺唐辛子添え
・真鯛のマリネ 色々な野菜の三つ葉ソース添え焼き トマトとケッパーの焦がしソース(+250円)

魚または肉料理
・真鯛と海老、カニクネルの重ね焼き フュメ・ド・ソース
・ワラサと鮭白子のポワレ トマトとケッパーの焦がしソース
・地鶏と豚肉、真鯛のパート焼き カリフラワークリームソース
・豚肉スモークとカジキマグロ トマトのソテー 柿とキウイのビネグレットソース
・牛肉と平茸とズッキーニのストロガノフ風ソテー
・和牛肉のシチュウ 色々な野菜の三つ葉ソース焼き添え(+450円)
・石垣鯛とパプリカ、ズッキーニのオーブン焼き プロヴァンスソース(+550円)

このメニューの数、すごいでしょう?

11時半開店だと思って、11時50分ちょっと前に扉を開けたら、中で、コックコート姿のシェフと、白いエプロンの女性が珈琲を飲みながら、打ち合わせ中で、「もうちょっとお待ちください」と言われてしまった。
(メニューの割に、従業員数が少なくてびっくり)

ということで、外に出て、営業時間を確認したら、11時50分からであった。

d0063149_228642.jpgその後、11時50分に「どうぞ」と案内され、中に入れたのだが、カウンターだけのお店であった。(2階もあるのかなと思ったけれど、食べログを読むとないみたい)
数えると席は11席のみ、しかし、11席の店で、あんなに沢山のメニューがあるって、すごいと思う。
カウンターの材質は、調理場のようなピカピカに磨かれたステンレスで、縦棒が長いL字型、私は、短い横棒の方に座ったので、初めカウンターの中は良く見えなかった。
また、ガラス張りの厨房が奥に見え、コックコート姿のシェフがいた。

このくらいの規模のお店なら、ランチに、オードブル2つに魚とお肉料理各1種ずつでも、十分なのに、シェフが根から、お料理が好きで、真面目で、色々なお客さんのことを考えると、自然とメニューが増えてしまうタイプなのかな?

カウンターの中を良く見るとはなしに観察すると、流しがあったり、冷蔵庫があったりで、結構厨房の続きであった。

<長くなったので、明日に続く>
[PR]

by mw17mw | 2012-10-28 22:15 | 飲食店・菓子店 | Comments(0)