東京食肉市場まつり2012 1/2

本日は、桃猫さんが声をかけてくださったので、浜松町で開催される「中国茶交流会」に行く予定を立てた。
そして、桃猫さんにその近辺で「お奨めのランチ」を食べられる場所を聞き、田町のパスターヴォラに行くことにしていた。
また、そこまで行ったのなら、先週のカンブリア宮殿で見た羽村の福島屋というスーパーが経営しているリラックというスーパーが大崎にあるとのことで、どうせなら、大崎まで行ってそこも見て来ようという計画を立てていた。

そうしたら、前日に、在品川のメル友さんから、10月20,21日は、品川駅のすぐそばにある、通常は一般客が入れない食肉市場で年に一度の一般人向けのお祭が開催され、お肉が安いから行った方が良いとアドバイスがあり、どうせなら、そこも行った方が良いだろうと行くことにして、とにかく、今日は盛りだくさん且つ全部楽しい、充実の一日であった。

で、まずは、東京食肉市場まつり2012について。

お茶会の前に行くべきか、終わってから行くべきか、迷ったのだが、遅くなると、良いものが売り切れている可能性が高いだろうと予測し、保冷バッグを持って朝一番で行くことにした。

私はこのお祭に行くのは初めてで、予備知識は、「良いお肉が安くて、量が多い」ということだけ。
量が多過ぎたら、今回は買わないで、来年以降、育ち盛りの男の子がいる友人や親戚を案内できるからと思って、出かけてみた。

9時15分に家を出て、10時前に品川到着。
港南口を出ると、このおまつりへの誘導係がここそこにいるので、食肉市場まで簡単に行くことができた。
本当に品川駅から3分くらいのところ。
すぐに会場が見えて、すぐに入れそうに見えたけれど、甘かった。
入口の左側に行列ができていて、その最後列に並ぶのに、相当歩かされた。
しかし、最後列に並ぶまでも歩いて動いているし、最後列に着いてから入り口までもずっと歩き通しで、「じっと動かないで待っている」状態がなかったので、楽。
d0063149_22585289.jpgd0063149_230376.jpg入口を入ると、会場は二か所に分かれていて、直進するか、左に曲がるかのようであった。
案内図を見ると、左側には、無料試食会の会場があるようで、私の場合、それより、安くて上質のお肉に興味があるので、直進してみた。
直進すると、右の画像のように、右側にテントの売り場が並び、左側は、お肉を生産する工場のようであった。

d0063149_22593819.jpgd0063149_230565.jpg良く見ると、左側の工場内に、お肉を売っているお店が沢山あるようだったので、中に入ってみた。
中の様子は、右の画像の通り。
実際の作業場は完全に封鎖され、周りの細長い廊下にずらっと冷蔵ケースが並べられ、沢山の業者がお肉を売っていた。
このお祭で売られるお肉は量が多いと聞いていたが、確かに、少なくないけれど、ま~、お肉は、冷凍できるから、私でも、買えそうな量で、まずは安心した。

でも、目移りする、どれにしようか選んでいると、他のお店から、「サイコロステーキ、完売しました」みたいな声が聞こえて来た。
全部見てから買いたかったけれど、ぐずぐずしない方が良いと思って、結構気軽に買ってしまった。

<続く>
[PR]

by mw17mw | 2012-10-21 23:11 | 食材・食材のお店 | Comments(0)